ブリテンのオーボエ四重奏曲のリハーサルを見に行く

ヴィオラの大山平一郎さん、オーボエの橋爪恵梨香さん、ヴァイオリンの矢野玲子さん、チェロの伊東裕さんの公開リハーサルが自由が丘の旧園田高弘邸で開かれた。イギリスの作曲家のブリテンの幻想曲(オーボエ四重奏曲)。
演奏の速度、フォルテ、ピアノ、クレッシェンドの確認しながらの曲つくり。弦の指使いやピッチカートの説明もあった。オーボエの音色は弦と調和して心地よかった。
初対面が二人と思えない、メンバーのフランクなやり取りを1時間半見た。音楽家が楽譜を通じて、いとも簡単に曲作りをしている様子は、羨ましかった。

12月7日、南麻布セントレホールでモーツァルトのオーボエ四重奏曲も加えたコンサートが開催される。

自由が丘駅の中央口の前では幼稚園児がクリスマスキャロルを合唱していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください