「ちむどんどん」あらすじ ネタバレ キャスト/黒島結菜

ドラマ「ちむどんどん」とは

沖縄の料理に夢をかけた黒島結菜とその家族の物語

NHK総合 連続テレビ小説 8時 4月11日~ 

脚本:羽原大介
  『とんび』『ダブルフェイス』『マッサン』

ドラマ「ちむどんどん」キャスト 

比嘉暢子(ひが のぶこ) 黒島結菜(幼少期:稲垣来泉)
主人公。沖縄本島の農家に生まれる。
比嘉優子(ひが ゆうこ) 仲間由紀恵
暢子の母。サトウキビ農家。
比嘉賢三(ひが けんぞう) 大森南朋
暢子の父。。
比嘉賢秀(ひが けんしゅう) 竜星涼
暢子の兄。四兄妹の長男。
比嘉良子(ひが りょうこ) 川口春奈
暢子の姉。四兄妹の長女。小学校教師。
比嘉歌子(ひが うたこ) 上白石萌歌
暢子の妹。四兄妹の三女。
青柳和彦(あおやぎ かずひこ) 宮沢氷魚 幼少期:田中奏生
  暢子の幼馴染。新聞記者。
石川博夫(いしかわ ひろお) 山田裕貴
  良子の友人。小学校教員。
砂川智(すながわ さとる) 前田公輝
  豆腐店の息子。四兄妹の幼馴染。
前田善一(まえだ ぜんいち) 山路和弘
  村唯一の商店である「共同売店」の店主。地域の役員。
前田早苗(まえだ さなえ) 高田夏帆
  善一の娘。暢子の友人。
下地響子(しもじ きょうこ) 片桐はいり
     暢子たちが通う高校の音楽教師。
比嘉賢吉(ひが けんきち) 石丸謙二郎
  暢子たちの親戚(大叔父)。サトウキビ農家。
喜納金吾(きな きんご) 渡辺大知
  製糖工場の息子。
新垣のおばぁ きゃんひとみ
  村のおばぁ。
安室のおばぁ あめくみちこ
  村のおばぁ。
マスター 川田広樹
  町のハンバーガー店「サンセットバーガー」のマスター。
青柳史彦(あおやぎ ふみひこ) 戸次重幸
  和彦の父。民俗学者。東京の大学教授
大野愛(おおの あい) 飯豊まりえ
  和彦の同僚で恋人。
猪野清恵(いの きよえ) 佐津川愛美
  兄・賢秀が出会う女性。
田良島甚内(たらしま じんない) 山中崇
  和彦たちの上司。
猪野寛大(いの ともひろ)  中原丈雄
  清恵の父。養豚場の経営者。
大城房子(おおしろ ふさこ)  原田美枝子
  暢子が働くイタリアンレストランのオーナー。
二ツ橋光二(ふたつばし こうじ)  高嶋政伸
  暢子が働くイタリアンレストランの料理長。
平良三郎(たいら さぶろう) 片岡鶴太郎
       鶴見での沖縄県人会会長。
平良多江(たいら たえ) 長野里美
金城順次(かねしろ じゅんじ)  志ぃさー(藤木勇人)
       暢子の下宿先の大家。

ドラマ「ちむどんどん」第1話 あらすじ ネタバレ キャスト

1964年、沖縄本島北部やんばる地域。小学生の比嘉暢子(稲垣来泉)はおいしいものが大好きなおてんば娘。仲が良い4人兄妹の3番目だ。
ある日、転校生・青柳和彦(田中奏生)がやってくる。暢子にとって、初めて見る東京の人だった。

ドラマ「ちむどんどん」第2話 あらすじ ネタバレ キャスト

母・優子(仲間由紀恵)と父・賢三(大森南朋)もともに、和彦の父・史彦(戸次重幸)と家族どうしの付き合いが始まる。東京から来た史彦は民俗学の研究者。息子の和彦はやんばるでの暮らしが楽しくなさそう。

優子は戦争のつらい思い出がある。賢三は借金を背負っている。
二人はお人好しで周りに困っている人がいると助けてしまう。

ドラマ「ちむどんどん」第3話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子は何とか和彦の心を開かせようと交換ノートを始める。
和彦は賢秀と砂浜で沖縄相撲を取る。
飼い豚のアババが食卓に並ぶ。

ドラマ「ちむどんどん」第4話 あらすじ ネタバレ キャスト

「命をいただく」と言う両親の説明を聞いて、ショックを受けた子供たちは、切り替えて楽しく食事をする。

兄弟と和彦は文通で交流を深める。
和彦は高校はアメリカに留学するつもりだと伝える。

史彦は那覇市内のアメリカンレストランに比嘉家を招待する。

ドラマ「ちむどんどん」第5話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子は始めて体験する西洋料理に感動する。
和彦は3か月後に東京にもどる。暢子は東京のレストランに行きたいと言う。兄弟は新しい靴や運動着が欲しいと言う。

家や畑を買うために借金を背負っている賢三は、出稼ぎにいく準備をする。

ドラマ「ちむどんどん」第6話 あらすじ ネタバレ キャスト

父・賢三が畑で倒れる。学校にいた子供たちが家に駆け付けるも、賢三は息を引き取る。一人一人に声をかける中、暢子には頷くだけだった。良子は、「そのままで良い」と伝えたかったのだと説明する。

優子(仲間由紀恵)は家と畑を維持して工事現場の賄い婦として働く。子供たちは家事を分担し、暢子は料理を担当する。

ドラマ「ちむどんどん」第7話 あらすじ ネタバレ キャスト

運動会のための新しい運動着や靴に不自由する。
優子は土木工事を買って出て運動着と靴を調達する。
豚小屋に置き忘れた運動着と靴が汚れてしまう。

徒競走で足が速い暢子は1等賞を目指すが、靴が破れて転倒する。

ドラマ「ちむどんどん」第8話 あらすじ ネタバレ キャスト

アクシデントが生じて暢子は最下位となる。
兄弟たちは全力で走りきる。

仕事で疲労が溜まっている優子(仲間由紀恵)は、暢子に料理を教えている最中に倒れる。

ドラマ「ちむどんどん」第9話 あらすじ ネタバレ キャスト

母・優子ひとりだけでは一家の経済は先細い。暢子たちが母の体調を心配するなか、遠い親戚から一通の手紙が届く。

親戚からの申し出は、「四人の子のうち、ひとり預かってもいい」と書かれていた。
比嘉家が背負っている借金の保証人となっている親戚が集まり、誰か一人行かせるように迫る。

子供たちは誰も家族と離れたくない。優子は誰を行かせるべきか迷っていると、暢子が「東京に行きたい!」と決意する。

ドラマ「ちむどんどん」第10話 あらすじ ネタバレ キャスト

やんばるを去る史彦(戸次重幸)、和彦(田中奏生)とともに、暢子(稲垣来泉)が家族と離れる日がやってきた。
名護行きのバスは別れのあいさつをした暢子を乗せて発車する。そのあとを和彦がバスを止めようと追いかける。暢子は運転手にバスを止めさせる。
和彦は自分が代わりに東京に行くと言い出す。
優子は一緒に見送りに来ていた保証人の叔父・賢吉(石丸謙二郎)に頭を下げ、暢子の東京行きをやめさせる。
「ここでみんなで幸せになろう」と子供らを抱き寄せて誓う。

7年後、暢子は高校3年生になる。

ドラマ「ちむどんどん」第11話 あらすじ ネタバレ キャスト

本土復帰も近づく1971年。
暢子(黒島結菜)は、やんばるの高校3年生で卒業後の進路を決める時期。
母・優子(仲間由紀恵)は共同売店で働く。
姉・良子(川口春奈)は、那覇の短大を出て地元の小学校の教員。
妹・歌子(上白石萌歌)は歌が好きだ。
兄・賢秀(竜星涼)は定職がなく、家でゴロゴロしている。

ドラマ「ちむどんどん」第12話 あらすじ ネタバレ キャスト

素行がよくないことで地域で有名な長男・賢秀(竜星涼)の起こしたいざこざから波紋が広がり、母・優子(仲間由紀恵)の頭を悩ます。賢秀が喧嘩したのは暢子(黒島結菜)の就職希望先の関係者だった。

姉・良子(川口春奈)妹・歌子(上白石萌歌)もそれぞれに家族に言えない想いを抱える。

ドラマ「ちむどんどん」第13話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は、兄・賢秀(竜星涼)が喧嘩したのは就職希望先の社長の息子だった。一人で謝罪に行くと仕事の内容は雑用とお茶くみだと言われしょげる。
さらに、賢秀の謝罪を求める会社側と、非は無いと思っている本人との板挟みになる。

母・優子(仲間由紀恵)を助けるためには仕事をしたい姉・良子(川口春奈)は、大学時代の知人の石川(山田裕貴)への想いを抱えていた。

歌が好きな妹・歌子(上白石萌歌)は、家の経済事情から歌の道を諦めようとしている。

ドラマ「ちむどんどん」第14話 あらすじ ネタバレ キャスト

姉の良子(川口春奈)は村の製糖工場の息子・金吾(渡辺大知)から相変わらず熱烈な求愛を受けて困る。良子はつぎはぎのブラウスを買い替えられない。

豆腐屋の正男は名護でハンバーショップを開き、ゆくゆくは食品仲介業を目指す。歌子は密かに正男を慕っている。

賢秀(竜星涼)は土木工事現場で働くようになる。

暢子は就職先が自分が本当に行きたいところかについて疑問を抱く。

ドラマ「ちむどんどん」第15話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は気晴らしにハンバーガーショップに行き、そこで社長小野の息子と出会う。侮辱された受けた暢子は、怒って突っかかろうとする。商社への就職の見直しを本気で考える。
会社から暢子が暴力を奮ったという電話が入る。

良子(川口春奈)は、勉強会と言って大学時代の友人とフォークダンスパーティーに参加する。家に帰った良子は嘘をついて出かけたことを母(仲間由紀恵)に詫びる。

歌子(上白石萌歌)は音楽教師(片桐はいり)から歌の才能を見出される。

ドラマ「ちむどんどん」第16話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は決まりかけていた就職を断り、気塞ぎな日々を過ごしていた。だが、料理の腕を見込まれて、料理部に助っ人を頼まれることに。

賢秀(竜星涼)は、家族のために一攫千金を夢見ていてチャンスを探していた。
良子(川口春奈)は友人・石川(山田裕貴)への想いがなかなかうまくいかない。
歌子(上白石萌歌)は音楽教師・下地(片桐はいり)から逃げ回る毎日だった。

ドラマ「ちむどんどん」第17話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は就職活動で気塞ぎな日々から心機一転、料理部の助っ人として、大会に参加することになる。
同級生や幼馴染の男に想いを寄せられていることを周りは気が付くが、本人は気が付かない。

良子(川口春奈)は村の製糖工場の息子・金吾(渡辺大知)から相変わらず熱烈な求愛を受けて困る。
石川(山田裕貴)から本の感想を聞きたいと手紙がきて喜ぶ。

一攫千金を狙う賢秀(竜星涼)は実業家を名乗る男から声をかけられる。

歌子(上白石萌歌)は、音楽教師・下地(片桐はいり)に付きまとわれた挙句、ある日、とうとう下地が比嘉家に乗り込んでくる。

ドラマ「ちむどんどん」第18話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は、妹の歌子(上白石萌歌)の歌の才能を見込んで乗り込んできた音楽教師・下地(片桐はいり)と対決。母・優子(仲間由紀恵)とともに必死に歌子を隠す。
下地は産業祭で歌子に歌わせたいと言い去る。

兄の賢秀(竜星涼)は一獲千金の話をもちかけられ、のめりこんでいく。

暢子は料理部の助っ人として大会に出ることになり、仲間たちと試作に没頭する。
優勝候補であるライバル校の料理部員が大会の下見に、暢子たちのもとを訪れる。

ドラマ「ちむどんどん」第19話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)たち料理部の参加する大会が始まる。暢子のアイディアの沖縄そばで、ライバル校の料理部としのぎを削る。
賢秀(竜星涼)の呼び込みもあって客足が絶えない。
しかし大会の途中、そばのつゆの鍋をひっくり返してしまう。

ピンチを迎えた暢子は、シークワーサーを食べるとカバンからレシピ帳を取りだし、ナポリタンのレシピを読みだす。

良子(川口春奈)は、思いを寄せる友人・石川(山田裕貴)の結婚話に動揺する。

賢秀(竜星涼)は一獲千金を夢見た投資話に、母・優子(仲間由紀恵)から960ドルを親戚から借りさせ、だまし取られる。

ドラマ「ちむどんどん」第20話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は料理部の大会で大きなピンチを迎えるが、沖縄そばをナポリタンに変更すると大当たりになる。
「やんばるナポリタン」は1等賞を取る。
代表としてあいさつすることになった暢子は歓声と拍手を浴び、「東京に行き、料理人になりたい」と爆弾発言をする。

良子は思いを寄せる友人の石川(山田裕貴)が祭に来て結婚を申し込もうとするが、言葉を吞み込んで「勉強会をしよう」と言う。良子は喜び、安心する。

歌子も秘めた片思いの相手・智(前田公輝)に会場で会い、将来店を持つと打ち明けられる。

賢秀(竜星涼)は自分がのめりこんだ投資話は詐欺だったと知る。

ドラマ「ちむどんどん」第21話 あらすじ ネタバレ キャスト

賢秀(竜星涼)が投資話だと思ったものは、実は騙(だま)されていただけと分かる。絶望した賢秀はハンバーガーショップで荒れ備品を壊して損害賠償を要求される。

その場に居あわせた音楽教師・下地(片桐はいり)は訴訟すると言い出す。教師の良子(川口春奈)は職を失いかねない窮地に立たされる。

下地が賢秀に会いに比嘉家に来ると母・優子(仲間由紀恵)は必死に隠す。

ドラマ「ちむどんどん」第22話 あらすじ ネタバレ キャスト

警官と賢秀を探しに来た下地(片桐はいり)は、歌子(上白石萌歌)を見て
心を込めて歌えば許すという。歌子は「椰子の実」を独唱し、下地は満足する。

暢子(黒島結菜)は高校卒業後、上京して料理人になることを夢見ていたが、賢秀の起こした借金からそれどころではなくなってしまう。

金を貸した叔父は賢秀に東京に行って働いて返せと進言する。
賢秀はマグネットオーロラスーパーバンドを携えてやんばるを離れる。

ドラマ「ちむどんどん」第23話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は卒業後に上京する夢をあきらめざるを得なかった。

賢秀(竜星涼)は責任を感じてどこへかともなく家を出た。
暢子は地元での就職が決まる。

良子(川口春奈)は、口では厳しいことを言いながらも、実は暢子を東京に行かせてやりたいと思っていた。
暢子がフーチャンプルーを作ったある夜、母・優子(仲間由紀恵)が暢子の上京を再び提案し、長い長い家族の夜が始まる。

ドラマ「ちむどんどん」第24話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)がフーチャンプルーを作った夜、暢子の卒業後の東京行きを巡り、母・優子(仲間由紀恵)が始めた議論は、思いもよらぬ展開を見せていく。

姉の良子(川口春奈)も実は暢子の上京のためにお金を作って来ていて、言い出す機会を探っていた。
家を出て行った兄の賢秀(竜星涼)から、現金が届く。賢秀は東京に行き、ボクサーとなってデビュー戦に勝ち、大金を手にしていた。

叔父に借りた借金を返しても、残る程で暢子の東京行きが決まる。

ドラマ「ちむどんどん」第25話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は、兄・賢秀(竜星涼)のおかげで無事に卒業後に上京できることになった。
別れの春、妹の歌子(上白石萌歌)は転勤が決まった音楽教師・下地(片桐はいり)から、芭蕉布のレッスンを受ける。

 「海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉は情に 手を招く 常夏の国 わした島うちな―」

1972年5月15日、沖縄が本土復帰の日に、暢子は故郷を離れて東京へ向かう。
暢子は母・優子(仲間由紀恵)から父の包丁を渡される。良子(川口春奈)、歌子に見送られ、夢に向かって出発する。

ドラマ「ちむどんどん」第26話 あらすじ ネタバレ キャスト

1972年5月。高校を卒業した比嘉暢子(黒島結菜)は、復帰した沖縄から東京に、料理人になるためにやってきた。
大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受ける。
銀座のレストランの西洋料理にびっくりしてオーナー(原田美枝子)の失笑を買う。

上京していた賢秀(竜星涼)がいるボクシングジムを訪問すると、デビュー戦で棄権し、失踪していない。ジムには借金を残していた。

ドラマ「ちむどんどん」第27話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は東京で身を寄せるはずだった兄が、失踪してしまったことを知って呆然自失。

多額の借金を背負った、実家の優子(仲間由紀恵)、良子(川口春奈)、歌子(上白石萌歌)は経済的困窮が続く。

暢子は兄の立ち回り先を探して横浜市の鶴見に行く。夜、雨宿りをしていると三線の音に惹かれて家に入る。
そこは鶴見の沖縄県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)の家で、暢子を泊めさせる。

レストラン「アッラ・フォンターナ」への紹介状を暢子に渡す。オーナー(原田美枝子)は暢子に採用テストを受けさせる。

ドラマ「ちむどんどん」第28話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は鶴見で沖縄県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)に救われ、紹介を受けて銀座のレストランへ。大城房子(原田美枝子)がオーナーを務める「アッラ・フォンターナ」だ。

沖縄やんばるの実家では、姉・良子(川口春奈)に想いを寄せる製糖工場の息子・喜納金吾(渡辺大知)から、衝撃の申し出がくる。

ドラマ「ちむどんどん」第29話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は大城房子(原田美枝子)がオーナーを務めるレストラン「アッラ・フォンターナ」の就職試験で1回目のサラダは合格するが、2回目のナポリタンは麺にコシがなく不合格となる。しかし、シェフの二ツ橋(高島政伸)の口添えのおかげでなんとか再試験の機会を得る。
得意料理が課題となり、母・優子(仲間由紀恵)に電話で相談すると父から習った「そば」だと言われ決断する。

ドラマ「ちむどんどん」第30話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)はレストランのテストで父から習った「そば」を作り、合格する。
オーナーの房子(原田美枝子)は、暢子の父が出稼ぎにきたときに知り合っていた。

三郎(片岡鶴太郎)のおかげで鶴見の沖縄居酒屋の二階に下宿も決まる。
三郎は暢子が店を手伝うことで家賃を安くして貰っていた。
居酒屋に逃げこんできた兄・賢秀(竜星涼)と再会する。

沖縄の実家では、姉の良子(川口春奈)が、村で一番のお金持ちの御曹司・金吾(渡辺大知)から求婚され、友人・石川(山田裕貴)への想いの中で心乱れていた。

ドラマ「ちむどんどん」第31話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)が目を醒ますと隣で寝ていた賢秀(竜星涼)が消えていた。
賢秀は暢子の財布から金を抜き取り競馬に賭けて負ける。

沖縄では、姉・良子(川口春奈)が、友人の石川(山田裕貴)へ縁談があったことを伝えるがそっけなく返される。

歌子(上白石萌歌)は、砂川智(前田公輝)から鶴見に仕事へ行くと伝えられる。

暢子はレストランでの勤務初日、オーナーの房子(原田美枝子)から10日間の連続勤務を言い渡される。
シェフの二ツ橋(高島政伸)に心配されながら、暢子は絶対にくじけないと誓い働き始める。

ドラマ「ちむどんどん」第32話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)はレストランでの10日間の連続勤務を乗り越えた。
シェフの二ツ橋(高島政伸)は厳しい処遇をオーナーの房子(原田美枝子)に問いただすと、「因縁がある」と言う。
故郷から鶴見に仕事に来た幼馴染・砂川智(前田公輝)と再会する。

沖縄では良子(川口春奈)が求婚する金吾(渡辺大知)に好きな人がいると伝える。金吾はショックを受ける。

ドラマ「ちむどんどん」第33話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)はオーナーの房子(原田美枝子)に対して不満を貯める。
賄い当番とクビをかけて房子に挑戦を申し込む。二人で「ペペロンチーノ対決」することになり、試作を重ねる。

店を手伝っている暢子が、房子に冷たくあしらわれたことを「あまゆ」の客たちに愚痴っていると、房子について「鼻っ柱の強い金の亡者って評判さ」「嫌な女らしいな」「沖縄二世だのに、成功したら県人会やめて助け合いの精神も忘れた人でなしさ」といった悪い評判が続出。

房子と知り合いで、暢子をフォンターナに紹介した鶴見に住む沖縄県人会会長、平良三郎(片岡鶴太郎)も、彼らの会話を聞きながら困惑の表情を浮かべた。

房子の素性については、暢子の小学生時代を描いた会話の中だけに登場した東京にいる賢三の叔母ではないかと予想する視聴者が多い。
賢三が亡くなったことを知ったその叔母から、比嘉家の子供を1人預かってもいいと書かれた手紙が届き、暢子の大叔父、賢吉(石丸謙二郎)が、この叔母について「気難しくて、金の亡者といううわささぁ」と話すくだりがあった。

沖縄では、姉・良子(川口春奈)が、友人の石川(山田裕貴)に、「別の人から求婚されている」と告げると、突き放される。バスの中で泣きながら帰る良子。飲み潰れる石川。賢秀(竜星涼)がやんばるの実家に突然戻って来る。

良子(川口春奈)は金吾(渡辺大知)との結婚を決める。
良子の様子を心配した歌子(上白石萌歌)は石川(山田裕貴)を訪ね、結婚を止めるよう進言する。
賢秀(竜星涼)は良子に付きまとう男の手切れ金と偽って金吾の父から10万円貰う。

ドラマ「ちむどんどん」第34話 あらすじ ネタバレ キャスト

両家の顔合わせが行われる。
金吾(渡辺大知)が良子(川口春奈)に結婚指輪を通そうとしたとき、石川(山田裕貴)が現れる。賢秀(竜星涼)は追い返そうとするが、必死に抵抗して結婚を申し込む。

良子は「遅すぎる」と言いながらも、石川との結婚を認めさせる。

賢秀は、再び実家を去る。

暢子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)とのペペロンチーノ勝負を始める。

ドラマ「ちむどんどん」第35話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)とのペペロンチーノ勝負に挑む。「負けたらクビ」の背水の陣。先の順番で作ることになった暢子は研究の成果をぶつける。暢子が作ったペペロンチーノは、シェフの二ツ橋(高島政伸)らに好評だった。
房子もペペロンチーノを作ると暢子のよりも優れていてクビを言い渡す。
暢子は謝ると、これからは絶対に従うと約束され、賄い当番が許される。

半年後、良子(川口春奈)と石川(山田裕貴)の披露宴が行われ暢子も参加する。
再び実家を去った賢秀(竜星涼)は、千葉の養豚場で働く。

沖縄から帰った暢子に砂川智(前田公輝)がプロポーズしようとすると平良三郎(片岡鶴太郎)がきて雪が降っていると伝える。
暢子ははじめての雪を見て喜ぶ。

ドラマ「ちむどんどん」第36話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)が沖縄を出てから1年が経ち。右も左も分からない新人だった暢子も、ある程度仕事ができるようなっていた。
オーナーの房子(原田美枝子)から突然衝撃の通告を受ける。

沖縄の実家では良子(川口春奈)が妊娠して間もなく出産を迎える。
母・優子(仲間由紀恵)と暮らす歌子(上白石萌歌)は、誰にも言えないある秘密の想いを抱えていた。

ドラマ「ちむどんどん」第37話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は勤め先のイタリア料理店で、オーナーの房子(原田美枝子)から突然クビの宣告を受ける。そして、「それがいやだったら、ある場所で働いて評価を得てくること」と言われる。

新しい職場に挑んだ暢子は、そこで子供の頃に沖縄で交流した青柳和彦(宮沢氷魚)と再会する。

沖縄の実家では、歌子(上白石萌歌)は新人歌手発掘のオーディションを受けたがっている。

ドラマ「ちむどんどん」第38話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)に送り込まれた新聞社のアルバイト仕事で、新聞記者になっている和彦(宮沢氷魚)と再会する。和彦は暢子と同じ下宿に引っ越してくる。
新聞社の上司・田良島(山中崇)、和彦の同僚で恋人の愛(飯豊まりえ)と出会う。
暢子は和彦の料理絡みの取材を手伝う。

沖縄では歌子(上白石萌歌)が、暢子の励ましも受けて歌手のオーディションに応募する。

ドラマ「ちむどんどん」第39話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は和彦(宮沢氷魚)の仕事、とあるイタリア人シェフのインタビューを手伝う。だがその結果、和彦の書いた記事は大きな問題を起こしてしまう。

沖縄では良子(川口春奈)が間もなく出産を迎えることになる。
歌子(上白石萌歌)が母・優子(仲間由紀恵)に黙って歌手のオーディションを受ける。病気がちで内気な歌子は、オーディションで必死の思いで歌い上げる。

ドラマ「ちむどんどん」第40話 あらすじ ネタバレ キャスト

暢子(黒島結菜)は、和彦(宮沢氷魚)の仕事を手伝い、再びイタリア人シェフの追加インタビューに臨み、シェフがこれまでインタビューでは語っていなかった、とある秘密を突き止める。

沖縄では歌子(上白石萌歌)が、体調を崩して歌手のオーディションは落選してしまう。歌子は健康に恵まれない悔しい想いを吐露する。そんなときに、良子(川口春奈)が産気づく。良子は手を握る歌子に「歌って」と頼む。

ドラマ「ちむどんどん」第41話 あらすじ ネタバレ キャスト
ドラマ「ちむどんどん」第42話 あらすじ ネタバレ キャスト
ドラマ「ちむどんどん」第39話 あらすじ ネタバレ キャスト
ドラマ「ちむどんどん」第40話 あらすじ ネタバレ キャスト
ドラマ「ちむどんどん」第41話 あらすじ ネタバレ キャスト
ドラマ「ちむどんどん」第42話 あらすじ ネタバレ キャスト

全体ストーリ
沖縄の本土復帰50年を記念し、沖縄本島北部のやんばるが舞台。
沖縄料理に夢を懸けるヒロインと強い絆で結ばれた4人の兄妹愛がテーマ。

ドラマ「ちむどんどん」は、沖縄方言で「胸がわくわくする気持ち」。

いくらどん底になっても、大逆転が待っている。涙腺注意!

 日 月~木 火 土
大河ドラマ
NHK 総合 20:00
夜ドラ
NHK 総合 22:45~23:00
ドラマ10 
NHK 総合 22:00 
土曜ドラマ
NHK 総合 22:00 
鎌倉殿の13人/小栗旬カナカナ/眞栄田郷敦(28)正直不動産/山下智久(10)17才の帝国/神尾楓珠(5)
プレミアムドラマ
NHK BSプ 22:00 
夜ドラ
NHK 総合 22:45~23:00 
ドラマ10 
NHK 総合 22:00 
土曜ドラマ
NHK 総合 22:00 
今度生まれたら/松坂慶子(7)あなたのブツが、ここに(24)/仁村紗和
8/22~
空白を満たしなさい(5)/柄本佑6/25~
拾われた男/仲野太賀(10)6/26~
 日 月~木 火 土
大河ドラマ
NHK 総合 20:00
夜ドラ
NHK 総合 22:45~23:00
ドラマ10 
NHK 総合 22:00 
土曜ドラマ
NHK 総合 22:00 
鎌倉殿の13人/小栗旬カナカナ/眞栄田郷敦(28)正直不動産/山下智久(10)17才の帝国/神尾楓珠(5)
プレミアムドラマ
NHK BSプ 22:00 
夜ドラ
NHK 総合 22:45~23:00 
ドラマ10 
NHK 総合 22:00 
土曜ドラマ
NHK 総合 22:00 
今度生まれたら/松坂慶子(7)あなたのブツが、ここに(24)/仁村紗和
8/22~
空白を満たしなさい(5)/柄本佑6/25~
拾われた男/仲野太賀(10)6/26~

NHKドラマ総合掲示板

NHK連続ドラマ一覧 ネタバレ キャスト あらすじ