パソコンの脆弱性が見つかる・インテルなどのCPU

スペクター、メルトダウンと呼ばれる、パソコン・スマホに内在する脆弱性がインテル社から公表された。

まだ被害例はないが、パソコンのデータ、パスワードが読み取られる危険がある。インテル、AMD、アームなどCPUメーカー、マイクロソフト、グーグル、アップルなど業界全体で対策を実施している。

CPUの高速化技術に起因する脆弱性で、対策を施すことにより計算速度が低下する。

ユーザーとしてできることは、改善された、オペレーションシステム、アプリケーションにアップデートすることしかない。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください