マイナンバーカード利用者にマイナポイント最大2万円支給!

マイナポイントを2022年春まで最大2万円支給

政府はマイナンバーカード利用者の「マイナポイント」での最大2万円支給を2022年春までに実施します。

支給する条件は、
1.新規にカードを取得すると5000円分支給
2.すでにマイナンバーカードを持っている人が、健康保険証として手続すると、7500円支給。
3.すでにマイナンバーカードを持っている人が、預貯金口座とひもづけると7500円支給

新規にマイナンバーカードを作成して、2,3の手続きをすると2万円支給されます。
すでにマイナンバーカードを持っている人が2,3の手続きをすると1万5千円支給されます。

マイナポイントで支給を得る方法

マイナポイントはマイナンバーカードの普及を目的としたポイント還元制度です。

マイナンバーカードを取得する方法

マイナポイントを得るためにはマイナンバーカードが必要です。
まだ持っていない人は申請して取得します。

マイナポイントの利用方法

子供でもポイントが貰える
マイナンバーカードは0才から作れます。
マイナンバーカードを持っている子供もマイキーIDを使ってマイナポイントを利用できます。
両親と子ども2人の4人家族の場合、最大80,000円の給付を受けられます。

ひとつの決済サービスで、ひも付けられるマイキーIDはひとつだけ
家族4人の場合、それぞれがマイキーIDをひも付けるための4つの決済手段を準備します。

「買い物での支払い」か「チャージ」を決める
マイキーIDをひも付ける決済サービスをひとつ選択する必要がありますが、一度ひも付けると変更はできません。
利用方法は「買い物での支払い」か「決済サービスへのチャージ」どちらかひとつです。
自分がどちらのケースで使うのか決めておきましょう。

決済サービスの決定

サービス事業者は変更ができないので実施まで時間があるので、あわてず慎重に決めましょう。

キャッシュレス決済サービス詳細一覧(総務省)

決済事業者の「お得度ランキング」

決済事業者はユーザー取り込みのために、前回のマイナポイント向けのキャンペーンではボーナスを付加しました。

2021年のマイナポイントキャンペーンでの「お得度ランキング」
【1位】WAON(2,000円お得)
【2位】ゆうちょPay(1,500~2,000円お得)
【3位】Suica(1,000円お得)
【4位】auPAY(1,000円お得)
【5位】LINE Pay(1,500円以上お得か?)
【6位】メルペイ(最大1,000円お得)
【7位】d払い(500円お得)
【8位】FamiPay(500円お得)
【9位】PayPay(抽選で最大100万円当たる)

注)今回の最大2万円支給に関するボーナスは未定です。

PCでマイナポイントの決済サービスを登録する方法

手持ちのスマホ(Huawei)が非対応のときはPCで予約

スマホでアプリを使って簡単で便利そうですが、Huaweiのスマホなどはマイナンバーカードに対応していないので、自宅で登録するにはPCによるしかありません。

すでにマイナンバーカードの登録を完了した人が決済サービスを自宅のPCを使って登録する方法を説明します。

1.対応ICカードリーダライタにマイナンバーカードをセットします。

2.ブラウザーを、MicrosoftEdgeまたはGoogleChromeにしてマイナポイントのサイトを開きます。

 

「マイナンバーカードでログイン」をクリック。

パスワードを入力

決済サービスを検索、選択

PASMOで登録しようとしましたが、最後にエラーで止まってしまいました。

マイナポイントのアプリ対応スマホ
シャープ、富士通、ソニー、サムスン、アップル、グーグル、京セラ、トリニティ製のスマホは対応しています。

PCでマイナポイントをICカードリーダACR39-NTTComを使って予約する方法

マイナポイントの決済サービスをPCでICカードリーダー(ACR39-NTTCom)で登録する方法を説明します。

PCでマイナポイントを予約するのにはICカードリーダーライタが必要ですが、うまくいかない人が続出しているので、ていねいに説明しましょう。

10万円の現金給付のときオンラインで申請するために購入したICカードリーダ「ACR39-NTTCom」の場合を説明します。

PCでマイキーIDを予約する手順

マイナポイントのホーム画面から「予約方法はこちら」をクリックします。

STEP1の下にある、パソコンの場合 >インストール をクリックします。

発効には、「マイキーID作成・登録準備ソフト」が必要なのでクリックします。

ソフトの指示に従ってパソコンに「・・準備ソフト」をインストールします。

ICカードリーダーの読み込み

ICカードリーダーをUSBコネクタにPCに接続します。

緑色に点滅し自動的に使用可能な状態なります。
マイナンバーカードを、ICチップを上向きにして、奥までしっかり差込みます。

装置がカードを認識すると、緑色ランプが点滅が一時速くなり、通常の点滅に変わります。

 

 

マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)をクリックします。

パスワード(数字4桁)を打ち込んでログインします。

マイナンバーカードでログインすると、マイキーIDが取得できます。

マイキーIDの取得画面

マイキーIDをコピーまたは画面を印刷しておきましょう。

マイナンバーカードを持っている人が現在できるのはこの予約までです。

このマイキーIDを使い、7月1日から決済サービスを選択します。

ICカードリーダー読み込みエラーの場合

ICカードリーダーから読み込まれない場合、次のようなエラーが出ます。接続を確認して、ICチップを正しく上にして入れなおしましょう。

 

 

マイナポイントの安全性

マイナポイントを利用する際、マイナンバーカードのICチップ内の電子証明書を本人確認に利用します。

電子証明書には「マイナンバー」は含まれていないので、マイナポイントの決済事業者に「マイナンバー」は通知されません

ポイントは、利用額に応じて決済事業者が付与し、国が買い物の履歴を把握することはできない仕組みです。

総務省HP

まとめ

現金給付で脚光を浴びたマイナンバーカードは、2022年春からはマイナポイントで最大2万円給付されます。

マイナンバーカードをまだ持っていない人は申請しましょう。無料で取得できます。