GoogleにAdSenceの「税務情報」を報告する方法

税務情報を入力しないと税金が引かれる

GoogleはAdSence,YouTubeで収益が発生している人に対して税務報告を義務付けました。

2021年3月10日から利用者に対して「税務情報の提出」を促す通知が来ました。

2021年5月31日までに「税務情報を入力」しないと収益の24%が税金として引かれてしまいます。

税務情報を入力することにより、日本とアメリカの租税条約による優遇措置でアメリカに支払う税金は0%になります。
(注:日本国には、今まで通り税金を支払うことに変わりはありません。)

税務報告の方法

AdSenceのホームページで「お支払い」をクリック

設定の「設定を管理する」をクリック

お支払いプロファイルの「アメリカ合衆国の税務情報」>「税務情報の管理」をクリック

Googleアカウントでログイン

「税務情報の追加」をクリック

「個人」>「いいえ」>「W-8BEN] のボタンを選択

W-8BEN 納税フォームに

①「名前」「Self employed」「日本」「TIN(マイナンバー)」を入力

②住所を入力

③租税条約で「はい」「日本」

特別な料率や条件で、チェックする

④書類のプレビューでチェック

➄納税証明で 英語で名前を記入 「いいえ」選択

送信をクリック

以上で終了です。

「税務情報」の確認

お支払い>設定を管理する>お支払いプロファイルで

「アメリカ合衆国の税務情報」に内容が正しく記載されているか確認します。

まとめ

GoogleのAdSence,Youtubeで収益を受けている人は「税務情報」を5月31日まで入力すると、アメリカに払う税金は0円になります。