有馬温泉 くつろぎの宿 ねぎや

古き良き温泉旅館を味わいに、関西の奥座敷、有馬温泉。ねぎや広陵閣へ。

「ねぎ」は、禰宜(神職)が語源で、50年前に天神泉源から移ったそうだ。

この旅館、「自然の豊かさを感じてもらう大衆旅館」がモットー。

雨の中玄関に車で着くと、2人で傘を持ってきて、さしてくれた。車はキーを渡す。バレーパーキング。

下足は係が靴をしまう。外出の時は、部屋を言うと靴を出してくれる。部屋の鍵を預ける。

荷物は、別の係が部屋まで運んでくれる。

 

傾斜地の木造3階建て、増築を重ね、3棟が階段で連結されている。

改装したツインベッドの部屋の窓に楓の新緑が映える。

温泉は2か所で男女入れ替わる。

大きい浴槽は沸かし湯。小さい露天風呂は金の湯。鉄分を含み赤みがかっている。

朝食は、7時半から和室の広間に低めの椅子と机で。食卓の上に部屋名があり、案内してくれる。一膳目のご飯を盛ってくれる。
これに焼き魚、茶わん蒸しが付く。

坂を下りると、有馬温泉街。

坂が多い。

レトロな街並み

売店には、土産用の炭酸せんべいが取り揃えてある。

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください