1分でわかる「35歳の少女」柴咲コウ,坂口健太郎~遊川和彦

35歳の少女。主演:柴咲コウ

日テレ「土曜ドラマ」10時 2020年10月10日~

不慮の事故で長い眠りについた少女が25年の時を経て目覚め、全てが変わった世界を生きていく成長物語

脚本 遊川 和彦

主な作品
テレビドラマ
『真昼の月』『GTO』『魔女の条件』『女王の教室』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』『同期のサクラ』
映画
『恋妻家宮本』

出演者

時岡 望美  柴咲 コウ
時岡 愛美  橋本 愛
時岡 多恵  鈴⽊ 保奈美

広瀬 結⼈  坂⼝ 健太郎

今村 進次  ⽥中 哲司
今村 達也  ⻯星 涼
今村 加奈  富⽥ 靖⼦

相沢 秀男  細⽥ 善彦
林⽥ 藤⼦  ⼤友 花恋

主題歌 King Gnu「三文小説」

主題歌はKing Gnuの書下ろし曲「三文小説」

スポンサードサーチE/p>

スポンサードサーチE/p>

第2話

25年前の事故に関して家族はそれぞれ負い目を感じていた.
望美(柴咲コウ)は25年前のようにおねしょをしてしまったと思ったが生理だった.
母(鈴木保奈美)は学習書を買い込む。デパートに着物を買いに行くが子供のようの服を好む。ママがパパと妹が別居している理由を聞く。望美が迷子になり母が探す。子供の遊具で遊びたがる。母から携帯電話を渡される。愛美の相手は新しい恋人ができた。パパ(田中哲司)は息子の家庭内暴力に悩む。 母(富田靖子)は息子をかばう。
望美はパパとレストランで食事する。パパは望美の介護に疲れてママと別れたと説明する。ブレーキを修理していなかったことについて謝る。
望美は愛美のオフィスに電話する。母の介護を見ていて別居したと説明し、事故の日について詫びる。
結人は恋人代行を頼まれる。3時間2万円相手は愛美だった。
CM
愛美は高級レストランで偶然恋人に会う。愛美は婚約者がいるふりをする。結人は愛美に説教する。
母は事故は買い物を頼んだ自分のせいだと言う。
回想:25年前悠斗と公園で遊んでいる。
望美は図書館で結人(坂口健太郎)に偶然会う。
CM
結人は女の同級生二人を呼び寄せる 。望美は25年間のギャップに戸惑う。帰り道望みを杖を見ながら悠斗と帰る。結人は現実を直視するように促す。望美は家から自転車を乗り出す 。結人は追いかける。
CM
事故を起こした坂道を下る。ミュートは途中で転ぶ。ー。ぶつかる寸前ブレーキをかけて泊まる。25年前に戻ろうとしていた。結人は好きなようにすればいいと慰める。子供であることを許容した結人と望美はデパートで買い物をする。デパートの遊具で楽しそうに遊ぶ。 結人に好きだと告白する。
望美がスマホで家族を招集する。頼まれていた豆腐を買い、事故について家族は悪くなかったと説明する。スピードを出した 自分のせいだと全員に謝る。
4人で買ってきた豆腐を食べる。望美は3人の前で「私成長するね」と言う。

第3話

望美(柴咲コウ)は、成長宣言したがうまくいかない。結人(坂口健太郎)に勉強を見て欲しいと思う。娘が結人と近づくことをよく思わないママ(鈴木保奈美)は、学習塾に通わせようとするが、望美はついていけない。
パパ(田中哲司)は部屋に引きこもる義理の息子・達也(竜星涼)との関係を修復しようと、加奈(富田靖子)の制止を振り切って部屋に行く。しかし達也は、100万円を要求する。
愛美(橋本愛)は、相沢(細田善彦)と藤子(大友花恋)の恋を前にして絶不調。結人に愚痴聞き代行を頼むが、酔った勢いで失態をおかす。

望美は自分を巡って家族が衝突し、溝が深まっていることを悲しむ。世の中を知るために結人の代行業を手伝う。

 

スポンサードサーチE/p>

SNSリンク

第1話 25年ぶりに目覚めた心が10歳のオトナ

十歳の望美は、母・多恵(鈴木保奈美)に頼まれ自転車で買い物をする。来年のアトランタオリンピックの金メダルを目指すと言いながら坂を下る。自転車のブレーキが効かなくなって猛スピードでガードレールに衝突。

望美(柴咲コウ)は、病室で目を覚ます。傍らに年老いた母。事故後25年間眠り続け今は35歳。

父親(田中哲司)と妹(橋本愛)が病室に駆けつける。望美は脳に電気を送って覚醒したのだった。

望美は声が出ない。妹は広告の代理店に勤める。

父親は再婚し25歳になる連れ子(⻯星 涼)がいる。息子は暴力を振るので、部屋にくると妻(富田靖子)と避難する。

回想:25年前の家族団欒。四人で暮らす幸せな生活。

翌朝、母(鈴木保奈美)が桃(モモ)を買ってくる。母はリハビリをしている望美を残して仕事に行く。

母は望美の退院祝いをするため、家族を緊急招集する。4人が昔のように一緒に暮らしているふりをして望美を安心させようとする。

望美は退院する。自分の部屋にモモの本を見つけ回想する。

小学生の時幼馴染だった広瀬結人・ひろせゆうと(坂口健太郎)が結婚式でスピーチをしている。戻った席に多恵が待っている。

父と妹が退院祝いのために家に戻ってくる。 母が用意した食事は事故の日に食べる予定だったすき焼きだった。

結人が訪ねてくる。母は望美に結人から借りていた「モモ」を返すように促す。

望美はまだ喋れない。結人は望美が小学校の時に書いた作文を覚えている。結人は小学校の教師を止めて。代行業をしている。

結人は大声で現実社会を望美に話して去ろうとする。突然望美は大きな声で泣き出す。母は結人を二度と来るなと言う。

妹・愛美(橋本愛)は別居していることを話す。父は5年後に離婚し連れ子のいる女と結婚していると話す。母は泣いている望美を抱き続ける。

愛美は同僚の男を訪ねるがそこには女がいた。家に帰った父は暴力的な息子に無視される。

望美は昔の家族と録音した テープを再生する。結人への思いがが録音されていた。

翌朝、望美がいなくなる。結人は通っていた小学校の前で望美を見つける。二人で昔の図書館に入る。

望美が初めて話す。
「長いこと眠っていた。もう誰もいない。全ては過ぎ去った。・・・目が覚めなければよかった。」

結人は、望美が好きだったことを告白する。

結人は望美を励ます。望美は昔の結人と現実が重なり喜ぶ。

回想:25年間望美に付き添い介護する母。諦めようとする時、望美が目を覚ました。

スポンサードサーチE/p>

スポンサードサーチE/p>

第2話

望美は結人の励ましを受け、現実を受け入れようと決意。
家族はそれぞれに人生の行き詰まりを感じている。

望美は小学生のときアナウンサーになることを夢見ていた。録りためていたカセットテープを聞き、あることを思いつき、結人に連絡する。

高視聴率ドラマ週間番組表