NHKスペシャル AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン 第3回▽健康寿命

内容

AIが、マツコ・デラックスと有働由美子とともに、「健康寿命が平均寿命より10年短い」問題に挑む。健康寿命は寝たきりや介護状態にならずに暮らせる期間の長さ。AIに日本の65歳以上の41万人の10年間の生活データを学習させ、分析。

導かれたのは、運動よりも食事よりも「読書」、「一人暮らし」の方が同居よりも良い、地域の治安が大切といった提言。

読書

山梨県は図書館率が高く、健康寿命が長い。本や雑誌を読むと、行動範囲が広がるのが良いそうだ。
愛知県も健康寿命が長いが説明なし。

一人暮らし

一人暮らしの方が、子供と同居しているよりもポイントが高い。子供の手を借りずに自律的に生活しているのが良いようだ。マツコは保留にした。

治安

埼玉県は自警団により治安が良くなり、健康寿命が長くなった。安心して外出できるからだそうだ。

まとめ

3つの要因は、活動範囲を広げる点で共通している。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください