安藤忠雄展に行く。光の教会。小中学生無料。12月18日まで。

国立新美術館で開催されている安藤忠雄展が12月18日までと迫ってきたので行く。日本を代表する建築家で表参道ヒルズなどを設計している。会場は平日になのに、予想以上に混んでいた。外国人も多い。

「ガラスを嵌める嵌めない」で、施主と対立したという「光の教会」が実物大で屋外に建設されている。

直島を有名にした、複数の美術館の模型と映像が同時に見れて、直島に行った気になれた。

東京都内の安藤作品を巡るスタンプラリーの台紙が配られている。

入場料一般1500円。小中学生無料なのも、うれしい。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください