文藝春秋1月号2019 拾い読み

日産会長「年俸20億円」は世界標準か GE、GM…世界の富豪経営医者と徹底比較 大西康之

ゴーン氏が過少記載せず毎年20億円超の年俸を公表していたら。日本では大きな批判を呼んだかもしれないが、欧米では「ルノー・日産のCEOなら、そんなものだろう」と受け止められていたはずだ。
日本は経営者としてのゴーン氏を抹殺してしまった。

文在寅政権は我が韓国の「信用」失った 柳興洙

徴用工判決、慰安婦財団解散・・・元駐日韓国大使の憂国の弁
韓国人の感情を刺激しない方が良い。
日本は、「この問題については解決済みなので韓国が解決策を考えると信じています」くらいの簡潔なコメントを出して、あとは静観するくらいでいいのです。

日本人の性格について 池澤夏樹

古典を読んでわかった日本人の性格
1.日本人は恋愛とセックスが好きである
妻問婚(つまどいこん)が消えた鎌倉中期以降、女性の歌人や作家は姿を消した。
日本書紀の恋愛歌「小林に我を引き入れてせし人の面も知らず家も知らずも」。
江戸期の「一つ家に遊女と寝たり萩と月」

2.日本人はいつも負けた者に心を寄せる
古事記、平家物語、曽根崎心中は、負けた者、追われた者の方に心を寄せる。[amazonjs asin=”B07KLTV97R” locale=”JP” title=”文藝春秋 2019年1月号”]

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください