文芸春秋2月号(2018) 注目記事





目次

立花隆:日本再生

・・・ミッチー・ブームとともに、日本社会全体が天皇制に相当のシンパシーを持つことになった・・・

塩野七生:進次郎は総理になれるか

(小泉)進次郎という大器が未完に終わってしまうか、それとも真の大器にになれるかは、われわれにもかかっているのである。

羽生善治:永世七冠に辿り着くまで

 現代将棋はAIの進化によって、必然性が見えなくなった。私としては、(AIにより建設されている方向性が見えない)高速道路を走り続けたいという気持ちがあります。

小錦八十吉:貴乃花と白鵬 ねじれた横綱像

貴乃花も白鵬も角界にとって大事な宝なんだから、上手く関係を修復してほしいね。

御厨貴、後藤謙次:~竹下から安倍まで~ 総理17人のベスト3

一位、竹下昇。90年代を仕切り得た。中国外交、消費税導入などの功績。

特集:健康長寿を実践する

  1. 食事(トマト、海藻、ナッツ、コーヒーなど)
  2. 睡眠
  3. 運動
  4. 入浴(40度、全身浴、10分)
  5. 上を向く。