文藝春秋 3月号(2018)主要記事の要約

  • 松浦理映子:長い間セクシュアリティを小説の題材にしてきた・・欲求とその欲求を実現した時に得られる快感は、それぞれ脳内の別の領域、別の回路で生じる。・・
  • 三砂ちづる:女子大(津田塾大学)学生の流行の定点観測・・2004年、スカートが短く、ヒールが細く・・2006年、リストカット・・摂食障害・・(現在は精神的な問題を)専門家の助けを受けていることを口にする・・
  • 牧野愛博:・・弱体化した米韓関係を肩代わりすることは容易ではない。・・
  • 明石順平:アベノミクスで株価は上がったが、・・賃金上昇を伴わない悪性インフレを招き、民間の需要を冷え込ませている・・
  • 平野勲:教育は手間と時間がかかるものです。種を蒔いてから花を咲かせるまでの植物の育て方に似ています。
  • 芥川賞受賞作は、共に女性で、1954,1963年生まれ。自己の体験である、インドの日本語教師、夫との死別を題材としている。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください