年賀状の印刷が不調のため、Canon プリンター MG3630を買い直す




スポンサードサーチ

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

エプソンのプリンターを使用していたが、2016年9月Canon インクジェットプリンター複合機 PIXUS MG3630 WH ホワイトを、amazonから購入した。

購入してから半年後、PCから文書を連続印刷する時、A4用紙を同時に複数枚巻き込むようになり、紙つまりを起こした。
内部に残った破れた用紙を取り出そうと、「透明フィルム」に触れてしまったのが原因。

・PCからの印刷時に、「ムラ、2重文字」が出るようになった。
・コピーで、一枚ずつ使用するときは問題が少なかったので使い続けた。
・年賀状をPCから印刷しようとしたら、宛名、画像印刷共に問題があった。

マニュアルを見ると、「透明フィルム」に触れないように書かれていた。故障は自己責任的なので、このプリンターは、安くて無線接続ができて便利だったので、再購入を決めた。

「ヨドバシ.comd」が安く、すぐに届きそうなので、同じ機種でブラックを発注し、翌日の午前に届いた。

セットアップCD-ROMが同梱されていたが、PCには読み取り装置がないので、キャノンのサイトからドライバーをインストールした。
PCとは、wifi接続を、推奨されていたが、面倒そうだった。
これまでPCと直接ブルートゥース接続をしていたので、それを選んだら簡単に繋がった。

年賀状の印刷の注意点

  • 上下の向きを間違えない。気づいてストップボタンを押すと、PCの接続が切れて、エラーとなる。
  • 復旧できないとき、キャノンのサイトに戻り、ドライバーを再インストールすると繋がる。

写真の印刷の注意点

  • 印刷紙を光沢に変更する。普通紙ではインクが過剰に出て、色彩も異なる。
  • 印刷紙のサイズをL版に変更する。A4だと一部しか印刷されない。
  • 横長の写真でも、トレーには縦長にしていれる。横に入れると紙が詰まる。

総合評価
良い点:値段が安い。無線で印刷できる。
悪い点:PCとの接続に手間がかかる。付属のアプリは、登録しないと使えないが、登録が難しすぎる。

マニュアルには、ストップボタンを押し続けて、手入れする方法を4種類書かれており、それを遵守すればこれまでの故障を防げるような気がした。

[amazonjs asin=”B014D6L15Y” locale=”JP” title=”Canon インクジェットプリンター複合機 PIXUS MG3630 WH ホワイト”]