再生可能エネルギーが原子力をコスト逆転 エネルギー基本計画2018

政府が発表した、2018年のエネルギー基本計画は、

「2030年に原子力を20~22%にする」

という従来の方針を変えなかった。

日本経済新聞は「思考停止」と手厳しく批判している。

特に、政府が

「原子力発電所の発電コストは、16円/kwhに対し、再生可能エネルギーは、15.7円/kwhとなり、逆転している」

ことを、無視していることだ。

経団連も、今回のエネルギー基本計画に対し

エネルギーコスト を考える視点が欠けている。

と、批判的だ。

現在、日本では、再生可能エネルギーが増加し、主電力になる勢いである。

大局から観た政策で、電気料金を減らして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください