住宅産業のトップが語る将来展望&ZEHの最新技術

住宅・都市イノベーション総合展
2016年12/14-15@東京ビッグサイト

住宅産業のトップが語る将来展望

住宅のストックリフォームをめぐるわが国の住宅政策 国交省伊藤明子

  • 少子高齢化で住宅は新築からストック活用へ

  • 既存住宅再利用を促進 若い世代が取得しやすくする

  • 中古住宅を既存住宅と呼び変えイメージを良くする

  • 空き家をマーケットに出るようにする

  • 熊本地震では新耐震、等級3の住宅は被害が少なかった

  • インスペクターの活用促進

積水ハウスのCSV(共有価値の創造)戦略〜ZEH、ストックを中心に〜内山和哉

  • 売上高2兆円 1/3住宅,1/3開発,1/3ストック対応

  • 戸建ては、省エネ基準適合のZEHが売れている

  • 賃貸はZEHに無関心

パナソニックの住宅事業の将来展望について 岩井良行

・LEDによる省エネ

・消費者の価値観「モノ」→「コト」への対応

 

ZEHの最新技術

住宅・建築物の省エネ化に向けた政府の取り組みと展望 経済産業省吉田健一郎

・日本はエネルギー効率は世界2位

・パリ協定で2030までに35%減らす 1位は英国

・2020までに新築過半数をZEH(ゼッチ)に

・ZEHに現在125万円を補助継続中

 

 

セキスイハイムのZEHに向けた取り組み 積水化学 上脇太

・太陽光発電は昼間余剰

・発電14kw、蓄電12Kw

・11年後補助(FIT)が切れる

 

急拡大するZEH市場と工務店のZEH事例〜パリ協定が業界にもたらす衝撃〜JBN小山貴史

・世界のCO2排出現在1兆トン。将来の2兆トンを阻止する。

・埋蔵燃料の2/3を燃やさないで死蔵させる

・カーボンプライシング(炭素税)日本1000円/t、独仏2000円/t、スェーデン1500円/t

・外皮性能のレベルを現在のH20から10年後にG1、20年後にG2へ引き上げる。

・東西北面ガラスをトリプル(3層)へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください