Huawei nova lite 3に買い替え ASUS ZENFONE GOから

格安スマホの買い替えとデータ引継ぎのはじめから終わりまでの手順がわかる

ASUS ZENFONE GOの充電に異常発生

2016年7月に購入し、2019年1月バッテリーの寿命がきたので交換したばかりのASUS ZENFONE GO。

9月7日、充電中に充電のオンオフを繰り返し、充電しなくなった。

2、3日前から、充電中、頻繁に電源が切れ、充電ランプが消えバイブが鳴りディスプレイが点いていた。電源をオフにすると少し落ち着くが、充電は50%以上にならない。それでも、使用はできていたた。

この現象?バッテリーは替えたばかりなのに・・・。

原因はコネクター部分の接触不良か・・・。

Huawei nova lite 3を購入

そういえば、スマホは10年前のiPhoneから利用しているが、3年以上もった事ははなかった。(そういう風に作られていると言われている)

ASUS ZENFONE GOは、3年経過しているので、 寿命が来たと判断した。

こういう時にメーカーに修理を依頼しても、ロクなことにならないことも知っている。

そこで、ASUS ZENFONE GOを諦めて、人気のHUAWEI nova lite 3 (32G、andoroid 9、18000円)をamazonで購入することにした。

Huawei nova lite 3は、昨年購入したHuawei P20 lite とほぼ同じスペックで価格が62%で、安い。

Huawei nova lite 3の方が、Huawei P20 liteよりも画面も広く、CPUが速い。
ただし、RAMとカメラ画素、スローモーション撮影、重量の軽さ、ジャイロで、Huawei P20 lite が nova lite 3よりもまさる。

[amazonjs asin=”B07NGNZG67″ locale=”JP” title=”HUAWEI nova lite 3 SIMフリー オーロラブルー”]

翌日、Huawei nova lite 3 が届く。が、SIMカードが入らない!

SIMカードのサイズ変更ーイオンモバイル

ASUS ZENFONE GOとHuawei nova lite 3は、通信のSIMカードはのサイズが異なっていた。

ASUS ZENFONE GOのSIMカードはマイクロSIMカード、Huawei nova lite 3はナノSIMカード。サイズが一周り小さいのでスロットに入らない。

イオンモバイルと格安スマホのSIMカードを、電話通信可能で月額1200円で契約している。

そこでイオンモバイルのサービスセンターに電話し、ナノSIMカードを注文する。ナノSIMカードは4日後に届くと言われる。

ナノSIMカードの交換費用は3,000円で、通信料金のクレジットカードから引き落とされる。

IIJのナノSIMカード交換費用は、2,000円だった。

ASUS ZENFONE GOが完全に落ちる

ナノSIMカードの到着を待っているあいだ、ASUS ZENFONE GOは、末期的な症状を加速させる。

遂に、いくら充電しようとしても起動しなくなった。

これではデータの引継ぎができない!

ASUS ZENFONE GOの息を吹き返させるには、バッテリーの交換しかないことが判明。バッテリーは半年前に変えたばかりなのに。

ASUS ZENFONE GOのバッテリーを再購入

今年の1月に替えたばかりのバッテリーだが、新しいスマホ、Huawei nova lite3にデータを引き継ぐには、ASUS ZENFONE GOの電源が入らなければならない。

仕方ないので、9月12日、アマゾンで2000円のバッテリーを再購入する。
翌日届き、ASUS ZEN FONEGOに入れる。バッテリーはすでに充電してあるのですぐに電源が入った。

最初は充電してあったので50%だった。ところがACアダプターから充電を始めると、なんと充電量が低下していく⁈

バッテリーの電力が20パーセントに低下したので、電池を外す。

新しいSIMはまだ到着していない。

Huawei nova lite3用のナノSIMカードが届く

翌日、予定より1日早く、SIMが宅急便で届けられた。Huawei nova lite3に挿入する。

ASUS ZEN FONE GOの(新しい)バッテリーは電力が10%残っていたので、電源が入った!

スマホデータの引継ぎーPhone Clone

ASUS ZEN FONE GOにアプリPhone Cloneをインストール。

これはHuawei社のデータ引継ぎアプリで、他社製品からでも利用できるすぐれモノ。

Huawei nova lite3には、Phone Cloneはプリインストールされているので、最初の設定で自動的に起動する。

Phone Clone

ASUS ZEN FONEGOの住所録、アプリ(LINE,Yahoo以外)、データがHuaweiに引き継がれた。

LINEデータの引継ぎ

ASUS ZEN FONEGOですること

LINEの設定>アカウント引継ぎをオンにする。

LINEの設定>トーク>トーク履歴のバックアップ。

Huawei nova lite 3ですること

LINEアプリのインストール

LINEアカウントの設定

LINE トークの復元

まとめ

新しいバッテリーでも落ちてしまう旧スマホから、新しいスマホにデータを無事引き継ぐことができた。

ASUSスマホからWuaweiスマホに乗り替えるケースはこれから多発すると思われるので、このケースが参考になれば幸いだ。

参考:機器ラインアップ

蛇足:ASUSのスマホはどこへ?

ASUSのスマホは、自分で電池を替えられるのが良かったが、今を時めく、Huaweiに道を譲ってしまった。

最初に購入した格安スマホがASUS ZEN FONEだったので愛着があり、今後が気がかりだ。

ASUSは赤字のスマホ事業から撤退せずに、ゲーミングスマホと呼ばれる高性能機で競っている。

ASUSゲーミングスマホ

[amazonjs asin=”B07DN7F771″ locale=”JP” title=”ASUS ZenFone 5Z (ZS620KL) 6GB/64GB 6.2インチLTEデュアルSIM工場ロック解除 並行輸入品 (ミッドナイトブルー)”]

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください