Huawei nova lite の電池交換失敗しP20 liteを購入




Huawei nova lite の電池交換失敗

1年半使用していたhuawei nova liteの電池の持ちが悪くなり、電池交換を自分でしようと思い、キットを3500円で購入。しかし、裏カバーを外すのを誤って、表カバーを外す途中で気付く。液晶画面が損傷して、見難くなった。仕方ないので新品を購入することにする。

電池交換器具と取り出した電池

HUAWEI P20 lite購入

nova liteを使用していて、価格、性能に満足していたので、ネットで売れ行きを調べると、P20liteの評判が良いので、決める。simフリー、32GBで、27,800円。ネット購入で2日後に届く。

デザイン

3色のうち、サーモンピンクにしたかったが、3000円高いので、クラインブルーにした。届いた製品の色は、付属のケースに収めると、シックでよかった。
画面の上部に、ノッチがあり、カメラ、受話口、照度センサーが付いている。

携帯性

novaliteよりも本体の幅が小さく、縦が長くなったので、握りやすく画面が広くなり見やすい。

レスポンス

指によるスクロールはnovaliteよりも滑らか。

画面表示

スクリーン上に小さいアイコンが横に5列、縦に6段となり。novaliteよりスクリーンに26個多く表示される。

バッテリー


充電ケーブルが、USB Type-Cになったので、novaliteよりも充電時間は速い。
USB Type-Cのアダプターとケーブルは付属している。上下の区別がないの差し込みが楽。
電池の持ちが、2年以上続くと良いのだが。

カメラ

「ワイドアパチャー」「ボケ味」で、背景をぼやかす機能が増えた。ただし、ポートレートモードではズームができない。

イヤホーンで音楽を聴くが、音質がかなりクリアになった。

認証

  • 顔認証ができる。指紋認証はそのまま。
  • 3週ごとのパスワード確認がPIN(4桁の数字)でもできる。

補足

  • データの移動は、アプリPhoneCloneをnova liteに入れると、簡単にできる。
  • 16ギガから32ギガにしたので、アプリを前よりも多く入れられるようになった。
  • SIMカードIIJは、そのまま使える。
  • カードを取り出すとき穴に差し込むピンが付属している。

注意点

  • SIMカードを挿入するときは、電源をOFFにする。(付属のガイドに書かれている)
  • これまでのmicroUSB ケーブルを使うには、USB Type-C-microUSBの変換コネクタが要る

反省

電池交換は自分でしないで、正規のショップに頼んだ方がよい。そもそもユーザーが交換するのを前提とした設計になっていない。1年半後の電池交換料金(7000円)は、覚悟する。

価格.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください