「カンパニー」あらすじとネタバレ/井ノ原快彦

NHKプレミアムドラマ「カンパニー」とは

存亡の危機に瀕したバレエ団の再生をめざす!

 

NHK BSプレミアム 土曜 22時 2021年1月10日~
原作:伊吹有喜『カンパニー』
脚本:梅田みか
バレエ監修:熊川哲也

 

「カンパニー」キャスト

青柳誠一 (井ノ原快彦)
瀬川由衣 (倉科カナ)
高野悠 (宮尾俊太郎)
高崎美波 (織田梨沙)
水上那由多 (古川雄大)
有明紗良 (小林美奈)
桐ケ谷リョウ (松尾龍 (Jr.SP/ジャニーズJr.))
清水りさ子 (尾花貴絵)
原田優希 (大谷玲凪)
井上真帆 (藤谷理子)
長谷山蒼太 (栗山廉)
青柳佳奈 (田畑志真)
有明清治郎 (岩松了)
田中乃亜 (坂井真紀)
青柳悦子 (小西真奈美)
脇坂英一 (西村まさ彦)
敷島瑞穂 (黒木瞳)

スポンサードサーチE/p>

「カンパニー」第1話 人生最悪の日

青柳誠一(井ノ原快彦)が一人でバレエの公演を見ながら回想:妻と娘に公演のチケットを見せて誘うが断られる。

バレエをみた翌日、呼び出され後援するバレエの公演を成功させるように命じられれる。会社でチャンスとして与えられたミッションは、「有明製薬が資金援助しているバレエ団の年末公演『白鳥の湖』の興行を成功させること」。

敷島バレエ団のスタジオに行く。バレエ団の首某は敷島瑞穂 (黒木瞳)。

瀬川由衣 (倉科カナ)が担当するアスリートが妊娠しメダルを諦め引退する。

瑞穂は青柳に白鳥の湖を予定していると告げる。「有明製薬はチケットを買い上げなくなり協賛を打ち切り、見捨てられた」と嘆く。

上司に会社の合併を機に、リストラ候補として戦力外と通告される。世界的に有名なダンサー高野悠 (宮尾俊太郎)を連れてくれば奇跡を起こせると助言される。

家に帰ると誰もいない。妻と娘に突如、家を出てしまった。

由衣は担当アスリートに引退され会社に損害を与えため、リストラされ青柳のところに配属される。

二人は高野のホテルに押しかけガードマンを振り切り出演交渉する。

バレエ団に二人で行き、「なんでもする」と言い、荷物運び、マッサージなど雑用をさせられる。

家に戻ると妻の青柳悦子 (小西真奈美)が離婚届を持って待っていた。人生をやり直したいと言う悦子。引きとどめるが、自分が腐っていくと言い棄て出ていく。

由衣はバレエ団員から受け入れてもらえない。

青柳は娘からママは新しい男はいないと励まされる。

高野に呼び出され「白鳥の湖」のゲスト出演を依頼する。客寄せパンダかと問いただされ、本気度が試される。青柳は率直に男性ダンサーは「縁の下の力持ち」と述べるが、無能だと言われ断られる。

由衣から「青柳さんは言われたことだけやるだけ」と言われ自分のこれまでの人生を振り返る。

青柳は、妻の残した『バレエ日記』を読み、バレエの醍醐味を想像する。高野の稽古場に行き、リハーサルの演技に目を見張り「背中に翼がある」と呟く。高野を追いかけ「私のことなど分かる訳ない」といい自分の置かれている境遇の悲惨さを訴え、「人生であなたのように跳んでみたい」と伝える。しかし、高野は2度と会いたくないと言って去る。

取締役に呼び出され、高野の出演が決まったと知らされる。更に会社のイメージキャラクターにするように命令される。

青柳は瑞穂に高野の出演を報告するが断られる。

「カンパニー」第2話 招かれざる客演

苦心の末、ようやく高野(宮尾俊太郎)の客演同意を取り付けた青柳(井ノ原快彦)と由衣(倉科カナ)。ところが、瑞穂(黒木瞳)の頑なな反対で、客演は白紙撤回されてしまい、高野の信頼も失ってしまう。

青柳たちは社長(岩松了)や上司の脇坂(西村まさ彦)から激怒され窮地に追い込まれる。落ち込みながらも奮起してバレエへの理解を深めようと努める青柳だったが、偶然、ある物を見つけて高野のもとへ走る。

NHK国内ドラマ ~番組表・日程表・最新情報~