「緊急取調室」ネタバレとあらすじ 考察/天海祐希

「緊急取調室」とは

可視化設備の整った「緊急事案対応取調班」が凶悪犯を密室から追う、第4シーズン。

テレ朝 木曜ドラマ 21:00 7月8日~

脚本:井上 由美子

「緊急取調室」キャスト

真壁 有希子(まかべ・ゆきこ) 天海 祐希
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。女性初の捜査一課特殊班(SIT)の長。

梶山 勝利(かじやま・かつとし) 田中 哲司警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の管理官。

渡辺 鉄次(わたなべ・てつじ) 速水 もこみち
警視庁捜査一課一係、殺人捜査第一係の刑事。

監物 大二郎(けんもつ・だいじろう) 鈴木 浩介
警視庁捜査一課の殺人捜査第一係長。

玉垣 松夫(たまがき・まつお) 塚地 武雅
警視庁「サイバー犯罪対策室」の刑事。

菱本 進(ひしもと・すすむ) でんでん
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。

小石川 春夫(こいしかわ・はるお) 小日向 文世
警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。

「緊急取調室」第1話 あらすじ

北海道警察へ出張することになった「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は羽田空港へ。保安検査場で、提示しなければならない持病の薬の処方箋が見つからず、オロオロしている白髪の老女と出会う。とっさに手助けをした有希子は、同じ便に乗るという老女と共に搭乗口へ。別れ際、老女が発した「いい旅を」という言葉に、何とも言えない引っかかりを覚えながらも、自分の座席へと向かう。ところが出発時刻になっても、飛行機は一向に離陸しない。


安全確認のため離陸が遅れる旨を告げるCAの機内アナウンスを聞いた有希子は、その声から異変を察知。様子を探るため、CAたちがいるギャレーに駆けつけると、CAのひとりが「ハイジャック」と走り書きしたメモを見せる。
有希子はすぐさまキントリに連絡を入れ、そのままギャレーへ突入。すると、そこにはCAにインスリンポンプを突き付ける、先ほどの老女の姿があった。
老女は人が変わったかのような殺気をはらみながら、「私は国民青年派の大國塔子(桃井かおり)だ」と名乗り、ハイジャックを宣言。駆け込んできた警乗警察官・山上善春(工藤阿須加)が人質解放と投降を促すも、塔子は一切ひるむことなく、爆弾を機内に持ち込んでいることを明かし、同じ便に乗っている国土交通副大臣・宮越肇を呼ぶよう要求! 宮越の汚職疑惑の真相を本人に語らせ、現政権の責任を問うと息巻く。

塔子は50年前に国会議事堂前で“7分間の演説”を行い、活動家集団である国民青年派と機動隊の衝突を止めた活動家。黒い鉢巻をしていたことから、「黒い女神」と呼ばれたカリスマだった。しかし、その後は潜伏を続け、今やその存在を知る人間も少ない。そんな塔子がなぜ、50年の沈黙を破り、ハイジャック事件を起こしたのか。謎が謎を呼ぶ中、有希子は事態を収束させるため、自分が人質になると申し出る。だが、塔子はこれを拒否。一方、宮越も塔子の要求を拒絶する。

“あってはならない事態”が発生してしまう。宮越の代わりに塔子のもとへやって来た第一秘書・東修ニ(今井朋彦)が、揉み合いになった挙げ句、命を落としてしまった。その結果、現場にいた有希子に、世間から非難の声が浴びせられる。

警視庁は爆弾は処理中に爆発したと発表する。
真壁は爆弾は偽物であることを確信し、報告するが受け入れられない。

緊取が3か月後に解散することが決まった。

緊取の仲間は真壁に共感して、解散するまで事件に当たることにする。

西多摩の塔子のアパートを調べる。小暮しのぶと名乗って住んでいた。白髪の長いお下げを切っていた。

真壁は逮捕時の行動で懲戒審査を受けることになる。真壁は辞表を書くように迫られる。

奥多摩で小暮しのぶの遺体が見つかる。

緊急取調室の解散まであと82日。

「緊急取調室」第2話 あらすじ

 「小暮しのぶ」として潜伏すること50年…。突如、国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)の汚職疑惑の真相を明らかにすると宣言し、宮越が乗った飛行機でハイジャック事件を起こした活動家・大國塔子(桃井かおり)。

塔子が宮越の第一秘書・東修ニ(今井朋彦)のアタッシェケースに忍ばせ、機内に持ち込んだという爆弾を確かめた「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は、爆弾が偽物だと確信。

塔子の身柄を拘束した警視庁が「爆弾は処理中に爆発した」と発表したことに疑念を覚え、本物の爆弾は“汚職の証拠”だったのでは…とにらんでいた。


 このハイジャック事件には間違いなく裏がある。そう考えた有希子は、自ら塔子を取り調べようと奮起。だが、すでに取り調べは公安が担当することになっていた。しかも、警察の上層部が“爆弾”の隠蔽に一枚噛んでいるとするならば、有希子は間違いなく邪魔な目撃者だ。案の定、刑事部長・北斗偉(池田成志)は有希子に辞表を書かせることを交換条件に渋々、キントリによる取り調べを1時間だけ許可した。

本物の小暮しのぶ(円城寺あや)が遺体で見つかった。しかも遺体の傍らには、塔子がハイジャック決行前に切ったおさげ髪の束があった。
しのぶ殺害の容疑で塔子の逮捕状を別途請求し、取り調べ時間を延ばそうと画策する有希子。だが、北斗は頑として許可しない。

ハイジャック事件で命を落とした東の息子・奨太(石田星空)がキントリを訪れ、父が飛行機に乗る直前に郵送してきたという筆箱を差し出す。中には、誰も想像すらしなかった“事件の骨組み”を示唆する重要な証拠品が入っていた。しかもこの証拠品、捜査を進展させるどころか、逆に有希子らの頭を混乱させた。

時間は待ってはくれない。1時間という、あまりにも短い制限時間内に、“塔子の真の目的”と“事件の全体像”を明らかにすべく、不退転の覚悟で立ち向かっていく有希子。しかし、相手は50年前に7分間の名演説で名を馳せた、口の立つ女だ。当然のごとく、取り調べは壮絶を極める。

「緊急取調室」第3話 あらすじ
「緊急取調室」第4話 あらすじ
「緊急取調室」第5話 あらすじ

2021年7月スタートの夏ドラマ特集ーネタバレ・あらすじ・考察ー