「藤戸」「国栖」銕仙会定期公演

「藤戸」「国栖」銕仙会定期公演@宝生能楽堂

藤戸と国栖 銕仙会定期公演 宝生能楽堂 4月13日

藤戸

シテは注目の若手、片山九朗右衛門。地謡の地頭に野村四郎さん。

『藤戸』は、平安時代末期の源平・藤戸の合戦の悲話。シテの漁師と母がシテ。武士に協力しながら殺された漁師が、武士が改心して弔ったので成仏する

国栖

天武天皇役は、かわいい少女。シテ馬野正基の子、桃さん。史実ではこの時、天武天皇は30歳を超している。能では、天皇をあえて可憐な娘が演じることで、天皇のこうごうしさを演出する。

国栖

『国栖』は、飛鳥時代、敵に追われ、逃亡している天武天皇が、聖地・吉野にたどり着き、老夫婦にかくまわれ助かる。老夫婦は天女、蔵王権現に変身し、天武天皇の世となることを祝福して舞う。

銕仙会定期公演

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください