能の観客は日本で最上の客 林真理子が執筆中の「愉楽にて」




スポンサードサーチ

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

日本経済新聞に連載中の、林真理子の「愉楽にて」で、能「姨捨」について書かれていた。

観世能楽堂の、観客描写は持ち上げすぎかな。

[su_note note_color=”#e8e8ce”]

銀座のデパートの跡地に、商業施設がつくられたのは昨年のことである。そこの地下3階に能楽堂ができたと聞いてもまだ行ったことがなかった。しかし今回、心を動かされたのは、曲目が「姨捨」というめったにかからない大作であったからである。

・・・能という芸能は、日本で最上の客を持っているのではないだろうか。

華やかではないが、綴や唐織の帯を締めた女たちに混じって、品のいい老人たちが座っている。髪をきっちり結い上げ、濃いめの化粧をした年配の女性は、元のアメリカ大使夫人だ。

[/su_note]