能楽パリ公演 Japonismes 2018




能楽パリ公演2019年2月6日(水)~ 10日(日)@シテ・ド・ラ・ミュージックJaponismes2018 の演劇フィナーレ

フランス文化勲章授与


浅見真州     梅若実 野村萬     

パリ能楽公演スケジュール

2月6日

翁  葵上 浅見真州


おきな
役者が神に変身し、治まる御代を祝福して舞を舞う。「能にして能にあらず」と言われ神聖視される、祈りの儀式。


パリの能舞台(葵上、2月6日)(C)KOS―CREA

2月7日

木六駄 野村萬
清経 梅若実

清経きよつね
亡霊となった清経が妻の夢に現れる。

2月8日

二人袴 野村萬
砧 浅見真州

(きぬた)
帰国した夫が、砧を打ち待っていた妻の亡霊に会う。

2月9日

翁 葵上 浅見真州

木六駄 野村萬
清経 梅若実

2月10日

二人袴 野村萬
砧 浅見真州

スポンサードサーチE/p>

能舞台持ち込み

日本から屋根・柱つきの能舞台を持ち込む。

JAPONISMES 2018

LA CITÉ DE LA MUSIQUE

スポンサードサーチE/p>

まとめ

パリで5日間の能楽公演が成功した。
日本から本格的な能舞台を運び、パリで日本で行われるような能の実演を再現した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください