レッドアイズ監視捜査班/あらすじとネタバレ/亀梨和也

監視カメラで殺人鬼に迫るサスペンス

「レッドアイズ監視捜査班」とは

日テレ 土曜 22時30分 2021年1月23日~

脚本:酒井雅秋 福田哲平 まなべゆきこ

「レッドアイズ監視捜査班」キャスト

伏見響介(ふしみ きょうすけ)亀梨和也
 KSBCの特別捜査官
島原由梨(しまばら ゆり)松下奈緒
 KSBCセンター長
長篠文香(ながしの ふみか) 趣里
 情報分析官
湊川由美子(みなとがわ ゆみこ) シシド・カフカ
 シングルマザーの元自衛隊員
小牧要(こまき かなめ)松村北斗(SixTONES)
 若き天才ハッカー

スポンサードサーチE/p>

「レッドアイズ監視捜査班」第1話

伏見響介(亀梨和也)は、かつて神奈川県警の捜査一課で働いていた元敏腕刑事。
彼は、婚約者の美保(小野ゆり子)が何者かに殺害されたことで、警察を辞めてしまう。その後は浮気調査専門の探偵事務所を開業し暮らしていた。

伏見が警察を離れてから3年。神奈川県警に、監視カメラや防犯カメラの映像データをリアルタイムで解析し、事件解決に役立てる組織「神奈川県警捜査分析センター=KSBC」が発足した。組織の統括責任者に任命されたのは、かつて捜査一課に所属していた伏見の元上司・島原(松下奈緒)。島原は伏見に、分析結果を元に捜査にあたる「特別捜査官」としてKSBCに加わってほしいとオファーする。

伏見は、自身が営む探偵事務所の仲間もKSBCの捜査官として受け入れることを条件として提示。しかし伏見が連れてきたのは、元自衛官で夫を殺害した湊川(シシド・カフカ)をはじめ、詐欺罪で逮捕された元大学教授・山崎(木村祐一)、天才ハッカーの小牧(松村北斗)ら”元犯罪者”ばかりだった。

元犯罪者である伏見たちの参加に、KSBCの情報分析官・長篠(趣里)らが戸惑う中、公園の駐車場で女性が襲われ、男に連れ去られる事件が発生。鋭い観察眼を持つ伏見と“元犯罪者”の仲間たちは、その能力を駆使して捜査を開始する。