PLOT:設計のプロセス展 GA JAPAN 2019

18組の建築家・エンジニア・デザイナーの設計プロセスにフォーカスする「PLOT:設計のプロセス展2019」へ行った。

PLOT:設計のプロセス展2019

【期間】2019年11月2日(土)から2020年2月2日(日)
【場所】東京都渋谷区千駄ヶ谷3-12-14
【交通】東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩2分
【入場料】600円。 paypayで支払える。

今年で8回目という「PLOT 設計のプロセス」展に始めて行く。撮影は禁止。

建築家だけでなくエンジニアやデザイナーなど,幅広いジャンルの18組。建築作品が生まれる筋書き(=PLOT)を,模型やドローイング,動画などを交えて紹介している。

個人的には以下の6作品が気になった。

熊野町東部地域防災センター(仮称) 大西麻貴+百田有希

曲線の平面図のスケッチが何枚も展示されていた。

スポンサードサーチE/p>

i Plaza 隈研吾

階段状の模型の出来栄えがずば抜けていた。

三栄建設 鉄構事業本部新事務所 竹中工務店

ビデオ映像で鉄骨で自由な造形を追求している様子がよく分かった。

スポンサードサーチE/p>

Rizhao Amphitheater + Museum 西沢立衛

入り口正面に置かれた、紙で作られた屋根のバリエーションが面白かった。

寧波華茂国際教育図書館 伊東豊雄

藤森氏が指摘する伊藤豊雄氏特有の「反転のデザイン」を実感できた。

スポンサードサーチE/p>

極細フレーム+極薄膜の実験 佐藤淳

隈さんの最終講義で講演した、虫展の模型を詳しく説明するビデオが流れていた。

まとめ

PLOT展は初めて行ったが楽しめた。

最終日前日に行ったが、学生が多かった。

PLOT展の内容は、書籍「GA JAPAN 161」で見れる。