福岡市でコロナ3回目ワクチン接種をインターネット予約する方法

福岡市のワクチン接種状況

福岡市では、3回目接種を開始しました。

接種券(3回目)
2回目接種から7~8か月経過した人に発送しました
接種券が届き次第予約ができます。

18歳以上は2回目接種から6か月経過した後に接種できます。

集団接種
接種券で予約できます。
予約サイト

個別接種
市内のクリニックに直接電話予約します。

国の大規模接種センター、3回目(東京、大阪)
18歳以上。モデルナ。
予約日:東京、1月28日~
    大阪、2月4日~
接種日:東京、1月31日~7月31日
    大阪、2月7日~7月31日
会場:大手町合同庁舎3号館(東京都千代田区大手町1-3-3)
   堺筋八木ビル(大阪府大阪市中央区久太郎町 2-2-8 )

福岡市でワクチンをインターネット予約する方法

福岡市のホームページにアクセス

福岡市のワクチン接種予約サイトのホームページにアクセスします。
インターネットでの予約>「接種予約サイト」をクリックします。

ログイン情報を入力します

ID(10桁の接種券番号)とパスワード(生年月日)を入力します。

2021年4月28日生まれの人のパスワードは、20210428となります。

ワクチン接種場所と日程を選択します

回線が混みあっているときは、「接種会場を選択」の状態を保持してブラウザーの更新をします。

検索画面でワクチンを接種する会場名と予約日を検索/選択します。

希望するワクチン接種会場を選択します

選択した会場の中から希望する時間を選択します。

ワクチン接種予約を確定/確認します。

2回目のワクチン接種予約に進みます。

2日目の予約に進みます。
2回目の予約日は1回目の3週間以後からとなり、それ以前は指定できません。

福岡市でワクチン接種に関する広報

接種時期 (3回目)

2回目接種から下表の期間が経過した後に接種できます。それぞれの接種時期に合わせて接種券を発送するため、接種券が届き次第予約ができます。

対象者 2回目からの接種間隔
医療従事者 6か月
高齢者施設等従事者 6か月
入院患者 6か月
高齢者(65歳以上) 6か月
60~64歳 6か月
基礎疾患がある方 〈詳細〉 6か月
市の独自優先接種者 〈詳細〉 6か月
上記以外の59歳以下 7か月

福岡市HP

ワクチン接種の受け方

福岡市から封書が届きます。

封書には、新型コロナワクチン接種券(クーポン券)、予診票、説明書が入っています。

説明書を読みワクチン接種するか否かを判断します

ワクチン接種は強制ではありません。

熱が37.5℃以上あるとワクチン接種は受けられません。
説明書の「受けられない人」に該当すると、会場に行っても医師の診断で接種できません。
説明書はこちら

予診票を記入します

予診票を記入しておきます。

2回目の予診票は1回目の接種のとき手渡されます。

接種場所と日時を予約します。

インターネット・電話で2回分の会場と時間を予約します。
自治体によって予約日は異なります。

1回目のワクチン接種会場に行きます

予約した指定時間に接種会場に行きます。

並んでいる場合は間隔をあけて待ちます。

接種券(クーポン券)を提出し接種します

検温して、受付に、接種券(クーポン券)、予診票、本人確認書類(健康保険、免許証など)を提出します。

医師の診断を受けます。

接種します。

経過観察のため15~30分、座って休みます。

接種済のシールが発行されるので、接種済み証(臨時)に貼ります。

2回目のワクチン接種会場に行きます

1回目と同じ流れで接種します。

すべて終了です。

まとめ

福岡市では、3回目接種を開始しました。

接種券
2回目接種から8か月経過した人に発送しました

集団接種
接種券で予約できます。
予約サイト

個別接種
市内のクリニックに直接電話予約します。

国の大規模接種センター、3回目(東京、大阪)
18歳以上。モデルナ。
予約日:東京、1月28日~
    大阪、2月4日~
接種日:東京、1月31日~7月31日
    大阪、2月7日~7月31日
会場:大手町合同庁舎3号館(東京都千代田区大手町1-3-3)
   堺筋八木ビル(大阪府大阪市中央区久太郎町 2-2-8 )