「弱法師」「巻絹」銕仙会定期公演

宝生能楽堂

目次

弱法師

シテは、人間国宝の野村四郎。

満席で期待がふくらむ。寂しげな少年が登場。しっかりとした台詞回し。

盲目之舞は見ごたえがあった。地頭、片山九朗右衛門の名補佐。

巻絹

シテは小早川修。スラリとした巫女の神楽に酔いしれた。桜井均の太鼓が入り、舞台がいっそう引き締まり、舞と楽が一体となる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください