トップが語るZEH事業の将来展望ー都市・住宅イノベーション展 講演 2017

住宅・都市イノベーション総合展 特別講演

ZEHの最新技術と今後の展望
積水ハウス:近田智也

・ZEHは高断熱と太陽光発電により、温室効果ガスを50%削減。
・新築物件の7割超がZEH
・顧客は環境に関心はあるが、それを売りにしていない。
・ZEHの伸びが鈍化
・普及率が低い賃貸住宅、既存住宅(5000万戸)は、ハードルが高い。

シャープのZEHソリューションとスマートホーム戦略 佐々岡浩

・ZEH化は、断熱性能+太陽光発電パネルによりコストが、1500万の住宅で250万増加
・ZEH登録ビルダーの70%は、未施工。
・大都市は小規模3階建てが多く、ZEH実施率は1%と低い。

高断熱型ゼロエネ住宅の普及に向けた当社の取り組み
旭ファイバーグラス 小林覚

・ZEHは注文住宅の11%。分譲住宅は0.6%。
・ZEHビルダーは全体の2割
・都心、日照の少ない地域は普及率が低い

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください