Call the Midwife コール・ザ・ミッドワイフのレビュ

英国のテレビドラマ、「コール・ザ・ミッドワイフ」は修道女の助産婦の自伝です(シーズン1~3)。

1950年代のロンドンの貧しい地域が舞台。

出産シーンがリアルにえがかれています。

ドラマのエンディングは、当時の懐メロが毎回流れてハマります。

シーズン1

ロンドンのイースト・エンドでは、避妊など知らず、欲望のまま妊娠してしまう貧しい人々が暮らしていた。そんな妊婦たちの強い味方は、看護師や助産婦の資格を持つ、“ノンナートゥス・ハウス”の修道女 (シスター) とそこで働くナースたち。

ある日、その“ノンナートゥス・ハウス”にひとり看護師が着任する。彼女の名はジェニー。

着任早々、街の劣悪な環境に強いショックを受けるが、新しい生命誕生の感動や、貧しくともたくましく、そして楽しく生きる人々との温かな交流から、“助産婦”という仕事へ生きがいを見つけていく。

コール・ザ・ミッドワイフ、シーズン2

クリスマスにハウスの前に捨てられた赤ん坊・・・。

赤ん坊の母親は少女、里子に出されてしまいそうになる・・・。

スポンサードサーチE/p>

コール・ザ・ミッドワイフ、シーズン3

クリスマスに、不発弾が見つかり避難生活を強いられる・・・。

ジェニーの恋の行方は・・・。

コール・ザ・ミッドワイフ、シーズン4~11

英国では「シーズン4」から78のエピソード が放送され、2020年に「シーズン9」までが終了しました。

シーズン8
開始日:2019年3月31日
1964年にノンナトゥス邸に戻ります。ポプラと世界中の変化する時代になりました。

修道女と看護師は、人種間の養子縁組、口蓋裂、鎌状赤血球などの問題に直面します。

ロマンスが生まれるかもしれません。

製作しているBBCはさらに2022年まで2つのシーズンを追加企画しています。

新シーズン10~11の時代設定はこれまで1960年代中頃だったのを1960年後半に移動する予定です。

スポンサードサーチE/p>

まとめ

イギリスの人気テレビドラマ、「コール・ザ・ミッドワイフ」は、笑いを誘うコメディ的な要素もたっぷりです。

助産婦たちが赤ちゃんを無事取り上げるたびに、ついにっこりとさせられてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください