ドラマ『エルピス』ネタバレ あらすじ キャスト~最終回/長澤まさみ

『エルピス ー希望、あるいは災いー』とは

落ち目のキャスター(長澤まさみ)が、死刑が確定した男の冤罪をテレビスタッフの眞栄田郷敦、鈴木亮平と究明する。

フジ 月10ドラマ 2022年22:00 10月24日~

脚本:渡辺あや 『火の魚』『その街のこども』『カーネーション』『ロング・グッドバイ』

「エルピス」 キャスト

浅川恵那 長澤まさみ
岸本拓朗 眞栄田郷敦
斎藤正一 鈴木亮平
大山さくら 三浦透子
滝川雄大 三浦貴大
名越公平 近藤公園
笹岡まゆみ 池津祥子
海老田天丼 梶原 善
松本良夫 片岡正二郎
大門雄二 山路和弘
村井喬一 岡部たかし
木村 卓 六角精児
岸本陸子 筒井真理子

「エルピス」 第1話 あらすじ ネタバレ キャスト


大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)は、かつてゴールデンタイムのニュース番組でサブキャスターを務め、人気、実力ともに兼ね備えた女子アナだったが、週刊誌に路上キスを撮られて番組を降板。
現在は、社内で“制作者の墓場”とやゆされる深夜の情報番組『フライデーボンボン』でコーナーMCを担当している

番組で芸能ニュースを担当する新米ディレクターの岸本拓朗(眞栄田郷敦)に呼び止められた恵那は、ある連続殺人事件の犯人とされる死刑囚が、実は冤罪かもしれないと相談される。

両親が弁護士という裕福な家庭で育った拓朗は、持ち前のルックスも手伝って、仕事の実力とは裏腹に自己評価が高く、空気が読めない男。
とある理由で報道、ましてや冤罪事件とはもう関わりたくないと思っている恵那の気持ちなどお構いなしに、事件の真相を追うために力を貸してほしいと土下座する。しかし、拓朗がそこまで躍起になるのには、女性問題で脅された保身のためだった。

拓朗によれば、冤罪疑惑はある有力筋から得た情報だという。だが、かつて自分が報道したこともある事件だけに、にわかには信じられない恵那。そのうえ事件が起きたのは10年近くも前で、犯人とされた男の死刑もすでに確定している。恵那は、すでに風化した事件を掘り起こすことは得策ではないと一蹴するが、それでも拓朗は懲りずに、新入社員時代の指導担当で報道局のエース記者・斎藤正一(鈴木亮平)を頼る。
事件当時の話を斎藤に聞きに行こうと無邪気に恵那を誘う。恵那は斎藤と付き合っていた時、路上キスの写真が報道されて下ろされ、その後恵那が斎藤を振っていた。
斎藤は冤罪を晴らす可能性がないと言うが、再審請求しているかを確認する。

拓郎は恵那と冤罪の企画書をプロデューサーの村井(岡部たかし)出す。しかし村井から国家権力に歯向かうことはできないと言われ、自己保身のためだったと恵那に伝え企画を諦める。

拓郎は脅されていたヘアメイクの大山さくら(三浦透子)から死刑囚・松本に世話になっていたことを聞かされる。さくらが義父から虐待を受けた手のひらの傷跡が自分と同じであることを知り呆然とする。

「エルピス」 第2話 あらすじ ネタバレ キャスト

「真犯人は野放しになっている」、拓朗(眞栄田郷敦)の言葉がまるで何かの合図だったかのように、行方不明になっていた中学2年生の女子生徒が遺体で発見される。首には、かつて世間を騒がせた連続殺人事件の被害者と同じく絞められた痕があり、遺体発見現場も同じ神奈川県八頭尾山の山中だった。

当時犯人として逮捕・起訴された、松本良夫死刑囚(片岡正二郎)の冤罪を訴えていた拓朗の言葉に、わずかな可能性を見た恵那(長澤まさみ)は、番組で過去の事件を調査報道したいと考える。しかし、プロデューサーの村井(岡部たかし)に取り合ってもらえるはずもなく、恵那はひとまず、一人で事件を洗い直す。

当時14歳で、逮捕当日に松本の家で保護されたヘアメイクのチェリーこと大山さくら(三浦透子)が書きためた裁判記録をもとに、松本が殺人を犯したとされる日の足取りを確認すると、検察側の行動記録と目撃証言に違和感を覚える。担当弁護士の木村卓(六角精児)は無実を確信している。冤罪はマスコミの誤報道だと言う。

事の重大さに気づき、一度は真相究明から手を引いた拓朗だったが、恵那が本格的に動き出したことを知り、自分も手伝いたいと申し出る。中途半端な覚悟に呆れつつも、とりあえず戦力として拓朗の力を借りることにした恵那。拓郎に当日の行動を再現させると検察の主張に無理があった。

弁護士の木村を通して面会を申し込んでいた松本死刑囚本人から、恵那宛てに手紙が届く。
「警察に連行され、繰り返し脅された末、罪を認めてしまった。」と書かれていた。

斎藤(鈴木亮平)から1本の電話がかかってくる。斎藤は事件を思い出し、目撃証言で被害者が若い男と一緒にいたと伝える。

「エルピス」 第3話 あらすじ ネタバレ キャスト

恵那(長澤まさみ)は、一刻も早く松本良夫死刑囚(片岡正二郎)の冤罪(えんざい)を証明しなければと焦りを募らせる。
弁護士の木村(六角精児)から新聞記者の笹岡まゆみ(池津祥子)を紹介された恵那と拓朗(眞栄田郷敦)は、新聞社が保有する当時の事件資料を手に入れることに成功。まゆみは政治部の記者だが、一連の殺人事件の現場となった八頭尾山に思い入れがあり調べたところ、真犯人による犯行の可能性に行きついたという。

強力な助っ人の登場に勢いづいた恵那は、早速、資料をもとに12年前に事件の捜査に関わった八飛署の刑事・平川勉を訪ねる。しかし平川は、すでに最高裁で判決が下されていることを理由に、「犯人は松本で間違いない」の一点張り。実際に取り調べを行った刑事にも話を聞こうとするが、すでに退職して所在は不明だった。

2週間後、拓朗が電話帳で居場所を突き止め、恵那は松本の自供を引き出したとされる山下守元警部にインタビューを敢行。核心をつく質問に、どこか歯切れの悪い返答をする山下の様子を見て、恵那は当時の取り調べで、犯行を認めていないことに疑念を抱く。

撮影した映像を拓朗と編集していると、斎藤(鈴木亮平)がきて被害者遺族とのインタビューを提案する。
被害者の姉と連絡が取れてインタビューをする。警察が説明した”妹が八頭尾山に入った理由”に不信を抱いていることが分かり、放送の承諾を得る。

VTRを完成させるも局長判断で放送不適切だと却下される。
落胆する恵那のマンションに斎藤が来て慰める。
恵那は独断でVTRを放送する。

「エルピス」 第4話 あらすじ ネタバレ キャスト

恵那(長澤まさみ)の画策により、被害者遺族ら事件関係者にインタビューした映像が『フライデーボンボン』で放送された。拓朗(眞栄田郷敦)すら知らなかった恵那の“奇襲”に、村井(岡部たかし)たちスタッフはぼうぜん。オンエア後、放送不適切と判断されたVTRを独断で流した恵那は、名越(近藤公園)から厳しい叱責を受ける。
一方で、特集への反響は想像以上に大きなものとなっていく。視聴率が急上昇して局長からは第2弾を急ぐように指示される。

恵那たちが次に着目したのは、犯人逮捕の決め手にもなった重大な目撃証言。事件当時、目撃者の西澤正45才は、「男が慌てたように山道から駆け降りてきて、自転車で立ち去る様子を見た」と証言したが、恵那らが申し込んだ取材にはかたくなに応じようとせず、拓朗は西澤の言葉にどこかうさんくささを感じる。

拓郎は証言がうそなら再審もあり得るはずだと息巻くが、そこには“開かずの扉”と呼ばれ年2,3件しかない再審の司法の高い壁が阻む。

第2弾の放送の視聴率も上がり、局長も上機嫌だ。

恵那は弁護士の木村(六角精児)から、松本死刑囚(片岡正二郎)再審請求が棄却さたと聞かされ、放送による影響を懸念し、限界を感じて放送を中断しようとする。
斎藤は恵那に放送を止めさせようとしたことを打ち明ける。その理由は知らない方が良いと言って肉体関係を続ける。

拓郎に被害者の元カレから電話があり、犯人の情報を得る。しかし斎藤はそれがガセだと否定する。

「エルピス」 第5話 あらすじ ネタバレ キャスト

松本死刑囚(片岡正二郎)の再審請求が棄却され、責任を感じたチェリー(三浦透子)が自殺を図る。しばらくすると、拓朗(眞栄田郷敦)たちも特集の続編を制作することを禁じられ、あがらえない大きな力に脅威を感じた恵那(長澤まさみ)は、制作中止の理由も問わぬまま、上層部の決定を静かに受け入れる。報道局長からの圧力があったようだ。

だが、世間の反響が大きく視聴率も良かっただけに、拓朗はどうしても納得できない。
行き場のない正義感をまとった拓朗は、単独で、事件の目撃証言をした西澤(世志男)の身辺を調べ始める。
すると、西澤がかつて、事件のあった八頭尾山のふもとの町に住んでいたことが判明。さらに現地で聞き込みを続けると、西澤がDVだったことが分かる。居酒屋でヤンキーに囲まれ、西澤の息子・健太の親友だという男が現れる。
そこに、いちるの望みをかけた拓朗は、男を介して、西澤の元妻とインタビューする。妻は「西澤の証言は嘘で、酔っぱらって寝ていた。証言後、西澤は架空の会社から毎月30万円ずつ受け取っていた。」と言う。

恵那は、元恋人の斎藤(鈴木亮平)と再び良好な関係を築き始めていた。
同期で報道部の滝川雄大(三浦貴大)から、斎藤が元警察庁長官の副総理大臣の大門と親密な関係であることを聞かされる。

「エルピス」 第6話 あらすじ ネタバレ キャスト

西澤正が「松本死刑囚(片岡正二郎)を見た」というのはうそだった。
逮捕の決め手となった目撃証言が覆されたことで、再審は現実味を帯び、恵那(長澤まさみ)は再び奮い立つ。

拓朗(眞栄田)がつかんだこの事実は、かつて報道局に在籍していた村井(岡部たかし)の魂にも火をつけ、事が事だけに報道部に任せるべきだという恵那や名越(近藤公園)の言葉をよそに、村井は『フライデーボンボン』で大々的に報じると宣言する。

オンエア後、日本の司法を揺るがす新事実に世間の反応はすさまじく、あらゆるメディアが動き出し、情報提供者である西澤の元妻・吉村由美子も不安を隠せない。
さらに、西澤も逃亡し、恵那たちの考えがいかに甘かったかを思い知らされる。

社内では緊急幹部会が行われ、この大事な局面に、恵那が局の看板番組である『ニュース8』に“事件を追っていた記者”として出演することが決まる。
本来なら古巣への凱旋出演を喜ぶところだが、恵那の中には、斎藤(鈴木亮平)が副総理大臣の大門(山路和弘)とつながっていると知ったときから、ある疑念が。斎藤からニュース出演を思いとどまようとするメールが届く。

恵那は意を決してニュースに出て事件を解説する。
斎藤は、恵那との関係を絶ち、テレビ局を退社する。
局の意に従わなかったケジメとして拓朗は経理部へ、村井は子会社に異動する。
恵那は看板アナウンサーとして返り咲く。

「エルピス」 第7話 あらすじ ネタバレ キャスト

副総理大臣の大門(山路和弘)が八飛市出身だと気づいた恵那(長澤まさみ)は、新聞記者のまゆみ(池津祥子)に大門の身辺調査を依頼。かつての斎藤(鈴木亮平)の言動から、警察に対し絶大な力を持っていた大門が、事件に何らかの形で関与しているのではないかと考えたのだ。

経理部へ異動した拓朗(眞栄田郷敦)もまた、引き続き事件を追っていた。しかし、新たな手掛かりは何も得られず、調査は八方ふさがり。このままでは松本死刑囚(片岡正二郎)を救い出すどころか、事件は風化してしまう。

落ち込む拓朗が村井(岡部たかし)に愚痴をこぼしていると、そこへ、松本被告のDNAの再鑑定のニュースが飛び込んでくる。

まゆみの協力により大門に関わる重要人物のリストを手に入れた恵那は、ある仮説を立証すべく、多忙な自分に代わってその人物たちを調べてほしいと拓朗にリストを託す。
局の看板アナウンサーに返り咲き、もはや自分とは違う世界の住人となった恵那の態度に、不満とどこか寂しさを感じる拓朗。DNAの鑑定は不能だった。

拓朗は電話を受け、50万で無実の証言するという元刑事と面談する。真犯人を隠すために署ぐるみで松本をでっち上げていたと言う。

「エルピス」 第8話 あらすじ ネタバレ キャスト

かつて迷い込んだ商店街で、暗がりのなか、えたいの知れない雰囲気と危険をはらんだ瞳で恵那(長澤まさみ)を惑わせた男。その人物こそが、大門副総理(山路和弘)の有力な支援者である「本城建託」社長の長男・本城彰だという。

あの男には何かある。そう直感した恵那に頼まれ、拓朗(眞栄田郷敦)が調べると、彰に対する地元の評判は上々。だが一方で、その存在があまり知られていないことも分かった。八頭尾山で3人目の女子生徒が殺されてから、再び犠牲者が出るまでの12年間、彰は海外を転々としていたという。

彰が八頭尾山少女連続殺人事件の犯人で、事件を隠蔽するため海外に逃げていたのではないかと考えた拓朗は、再び八飛市で聞き込みを行い、最後に殺された中村優香と親しかった高岡ひかるにたどり着く。
ひかるは優香が「自分の好きだった人を取った」と言う。その男性は彰だった。

拓朗は優香の遺品から彰のものと思われるストールを預かりDNA鑑定を行う。ストールに付着していたDNAが、過去の被害者・井川晴美のスカートについていたものと一致した。
さらに、ひかるの携帯電話に残されていた写真に彰があった。
拓郎は刑事の平川(安井順平)から彰の写真を入手する。

事件の真相に近づこうと突き進み、興奮気味に「ニュース8」のスクープを持ち込んだ拓朗に対して、局は後追いとしてなら報道できるとそっけない。
拓郎と村井、恵那は週刊誌に出向き、スクープとして掲載されることになる。

恵那は、週刊誌発売直前に「ニュース8」で中村優香がデリヘルで働いていたニュースを流す。
その結果、週刊誌の記事はボツとなり、風評を恐れたひかる等は証言を拒む。
恵那はこのニュースは警察による事件を隠蔽する印象操作だったと疑う。

拓郎は平川刑事を脅迫したことで局から解雇される。

「エルピス」 第9話 あらすじ ネタバレ キャスト

DNA鑑定の結果をもってしても、本城彰が真犯人である事実は公にすることが許されず、行き場のない憤りを抱えた拓朗(眞栄田郷敦)は、さらに、刑事の平川(安井順平)を脅迫した疑いで会社を解雇されてしまう。
この一件で、背後に真実を闇に葬ろうとする巨大な力を感じた恵那(長澤まさみ)は、無力な自分になすすべもなく、再び心身のバランスを崩していく。

大門副総理(山路和弘)の娘婿で秘書の大門亨に接触を図った村井(岡部たかし)は、拓朗にジャーナリストを名乗らせ、亨と引き合わせる。村井によると、亨は真面目で正義感が強く、決して政治家の秘書に向いているとはいえない男。実際、過去には村井の力を借りて大門の告発を試みたこともあるという。
結局、最後は権力と忖度に屈したという当時の話を聞いた拓朗は、志こそ違えど、村井も今の自分と同じように、目の前にある真実を握りつぶされたことがあると知り、驚く。

拓朗はこのまま終わらせるわけにはいかないと、本城逮捕の最大の壁である大門を排除する作戦に打って出る。
亨もまた、いずれ大門の後継者となるであろう斎藤(鈴木亮平)の名をあげ、ある覚悟を決めていた。

大門亨が死んだ。
大門副総理(山路和弘)の娘である妻と離婚し、事務所も退職し身ひとつになった亨が命を懸けて、大門に対するレイプ事件“もみ消し”疑惑を告発しようとしていたことを知る拓朗(眞栄田郷敦)は、その死の意味を理解し、言葉を失う。

村井(岡部たかし)は、亨の正義を踏みにじり、自らの保身のため、身内の死をもってすべてに終止符を打とうとする大門のやり方、さらに、権力という名の悪から目をそらし、平然と報道を続けるマスコミのあり方に怒りを爆発させる。

「エルピス」 第10話(終)あらすじ ネタバレ キャスト

『ニュース8』のスタジオに殴り込んできた村井のただならぬ様子を見た恵那(長澤まさみ)は、その真意を知りたいと、連絡がとれない拓朗の家を訪ねる。

恵那は頭を下げて村井が暴れた理由を拓郎から聴く。
亨を死に追いやったことに責任を感じ、かつての村井の忠告の意味を嫌というほど思い知らされた拓朗は、恵那の言葉に虚無感といら立ちを覚え、今度こそ、この一件から手を引くと宣言する。
深い失意と恐怖に襲われる拓朗を見た恵那は自分で解決すると決意する。
人を信じるという「希望」を見失わないためだった。

恵那は退社覚悟で大門副総理(山路和弘)スキャンダルのニュースを流そうとする。
放送直前に大門の片腕となっている斎藤(鈴木亮平)が来て、国の混乱を招くと中止を要求する。
恵那は本城彰の逮捕を交換条件とする。斎藤は受け入れ、裏切ると「事故か病気で出れなくなる」と脅す。

恵那はニュースで松本死刑囚の冤罪事件を流し、真犯人は本城彰だと報道する。

1年後、恵那はキャスターを続けている。
拓郎は村井映像企画で仕事をしている。

全体ストーリー


落ち目のテレビキャスター恵那(長澤まさみ)は、芸能ニュースを担当する新米ディレクター拓朗(眞栄田郷敦)から連続殺人事件の犯人とされる死刑囚の冤罪疑惑を持ち掛けられる。
大洋テレビ報道局のエース記者(鈴木亮平)は、恵那と拓朗が追う連続殺人事件の冤罪疑惑について相談に乗る。
パンドラの箱を開けた先は、希望か災いか・・・。

アトムの童/山﨑賢人PICU小児集中治療室/吉沢亮科捜研の女/沢口靖子相棒/水谷豊ザ・トラベルナース/岡田将生祈りのカルテ/玉森裕太
TBS
21:00
フジ
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
21:00
日テレ
22:00 
109914126
霊媒探偵・城塚翡翠/清原果耶エルピス /長澤まさみ君の花になる/本田翼ファーストペンギン!/奈緒silent/川口春奈クロサギ/平野紫耀ボーイフレンド降臨!/髙橋海人
日テレ
22:30
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
フジ
22:00
TBS
22:00
テレ朝
23:00
565787
親愛なる僕へ殺意をこめて/山田涼介最初はパー/ジェシー最高のオバハン 中島ハルコ/大地真央
フジ
22:00
テレ朝
23:15
フジ
23:40
4