今日はあそぶぞ!富士見パノラマスキー 2020

富士見パノラマスキー場は晴天率ナンバー1今日もいい天気

3㎞のゴンドラコース開通

2020年1月 20日、晴天率を誇る富士見パノラマスキー場へ行く。

12月28日から3kmのゴンドレコースが開通している。暖冬で雪不足のためか、第5リフトのラーチゲレンデはまだクローズだった。

アイスクライミング

アイスクライミングの氷壁はゴンドラ山頂駅にある。去年よりも氷がついて完璧だった。信濃放送のテレビが撮影していた。

スポンサードサーチE/p>

山頂レストラン

山頂レストランは新メニューで、酢豚定食、サバの梅肉、チーズダッカルビを試したが、韓国料理のチーズダッカルビが良かった。石焼ビビンバも健在。

デザートはケーキセットがバニラアイス付きになった。

会計は入り口になり混雑時の渋滞が緩和された。

ゴンドラ内の会話

男性

甲府から。先週志賀高原でスキーをしてゲレンデを回った(熊の湯と横手山以外)。志賀高原は例年よりも1m雪が少ない。パノラマの人口ゲレンデと自然の雪と違うこと。山梨県メープル山岳会の人。八ヶ岳の山梨側からの登山ルートについて語ってくれた。

女性

山梨県忍村から。リフトの下に雪があれば滑るそうだ。バックカントリー好きの人で自宅近くの富士山の新雪を滑るそうだ。広々として気持ちいいらしい。カナダでもバックカントリースキーをガイド付きでやったらっしいッス。

男性

ピンクゴンドラで一緒。今年ピンクゴンドラに当たることが多いらしい。コブを滑るというので上級者。それでも最近プルークの練習を30分するらしい。昔のボーゲンと、カービングは、体重の載せ方が反対という。
彼のスキーのエッジは93度で、自分で研ぐそうだ。通常のスキー板のエッジ95度、スノボーの94度よりも小さい。
富士見パノラマは、今日も戸田市からのスキー教室。団体客は大きな収益源らしいッス。

男性

川崎から日帰りバスで来た40代男性。前日4,400円でバス代とリフト券付を予約。午前10時にゲレンデについて15時に発つ、スキー場滞在時間は5時間という。
リフト券だけで4300円なのでバス代は100円? 新宿、横浜からも出ているらしいッス。

男性60代

甲府在住、シーズン券で遊んでいる。

「富士パラは、富士見町の第3セクターで開始したが、赤字が続き2006年に東急が経営を変わり黒字に転換した。」

「東急は早朝ゴンドラ中止、MOBの廃止、ゴンドラの速度を下げによる電力の節約など経費を節減した。若者にアピールする広告を出しイメージを上げた。」

「午前券でゴンドラで10回滑れたが今はできない」

男性50代2人組

町田からオリオンのツアー。バスはコロナウィルスの影響もなく満員。一人は学生時代競技スキーをしているとき毎シーズン板を3本(回転、大回転、スーパー大回転)、バイトをして買っていたそうだ。

修学旅行のスキースクールで教えていたが、女子は転ぶと、「もう嫌だと」と言って教えずらかった。どのインストラクターは女子を敬遠していた。

スポンサードサーチE/p>

富士見パノラマスキー2019

富士見パノラマスキー2018