『今日からヒットマン』 ネタバレ あらすじ キャスト 相関図 最終話







ドラマ「今日からヒットマン」とは

平凡なサラリーマン・相葉雅紀が、ある日突然、殺し屋に。

テレビ朝日 金曜ナイトドラマ 23:15 2023年10月 日~ 

原 作:むとうひろし
脚 本:オークラ 山浦雅大

ドラマ「今日からヒットマン」 キャスト 相関図

ドラマ「今日からヒットマン」第1話 ネタバレ あらすじ キャスト 

食品メーカーの敏腕営業マン・稲葉十吉(相葉雅紀)は、妻・美沙子(本仮屋ユイカ)、息子・百太(木村優来)と、幸せな生活を送っていた。

ある休日、部下である山本照久(深澤辰哉)の失敗の尻拭いを上司の遠藤保(勝村政信)から押し付けられ、しぶしぶ怒っている相手先に向かう。営業部のエースらしく、無事にピンチを切り抜けた十吉だが、帰り道に、突然目の前に飛び出してきた人を車で轢いてしまう。
それは、非合法組織《コンビニ》所属の殺し屋・二丁と銃撃戦を繰り広げた悪しき組織の構成員だった。二丁自身も深手を負っていたが、彼はもう1人の構成員にとどめを刺す。やがて二丁は、十吉の車の助手席に乗り込み、彼に真の標的の所在を伝え、その標的の殺害と、監禁されている恋人・ちなつ(山本舞香)の救出を命令。抵抗する十吉だったが、二丁は《コンビニ》に電話し「今日中に標的が死なず、自分の女が助からなかった時は、稲葉十吉とその家族を皆殺しにしてくれ」と依頼する。
二丁は、拳銃を十吉に託し、助手席で殺し屋としての心得をうわごとのように唱えて…。十吉は警察へ行くことも考えるが、家族を巻き込みたくない一心で、標的のもとへと向かう。

ドラマ「今日からヒットマン」第2話 ネタバレ あらすじ キャスト 

他界した伝説のヒットマン・二丁(滝藤賢一)に弟・鷹男を殺され、復讐に燃える殺し屋・鷲男は、稲葉十吉(相葉雅紀)を二丁と勘違いし、執拗に決闘するよう迫る。拒むようならば、妻の美沙子(本仮屋ユイカ)と息子・百太(木村優来)の命はないと脅された十吉は、営業で培った話術で誤解を解こうとするが、鷲男に銃口を向けられた丸メガネ(筧利夫)とキノコ頭(本多力)のせいで交渉は決裂。落ち込む十吉をちなつ(山本舞香)は、鷲男と戦って殺すしかないと諭す。

その後、平穏な日々は数日続くも、ある時突然、十吉の会社にちなつが現われる。彼女の虜となる後輩の山本照久(深澤辰哉)、上司の遠藤保(勝村政信)を制して、ちなつの話を聞く十吉だったが、鷲男と戦う際に使ってと、謎のロッカーキーを渡される。

鷲男がガス業者を装い、美沙子と百太に接したことが判明。愛する家族を守るべく、十吉は深夜にロッカールームへと向かい、ちなつから預かったカギで開けると、そこには二丁が使用していた銃やサングラス、革ジャンがあって…。ちなつから「今日からヒットマンよ」と告げられた十吉は、銃を手に、オールバックにサングラス姿で単身、鷲男のもとへと向かう。

ドラマ「今日からヒットマン」第3話 ネタバレ あらすじ キャスト 

存命だったころの伝説のヒットマン・二丁(滝藤賢一)の活躍で、闇の組織《コンビニ》の中でもトップクラスの成績を収めている習志野支部。支部長の丸メガネ(筧利夫)とキノコ頭(本多力)は、引き続き稲葉十吉(相葉雅紀)に二丁を演じさせ続けて、ライバル支部と差をつけようと画策する。多くの裏社会の連中から命を狙われ続けるも、警察に行くわけにもいかず、後戻りができない状態になり元気のない十吉。

そんな彼を心配した妻の美沙子(本仮屋ユイカ)は十吉を元気づけるべく、息子・百太(木村優来)と3人で遊園地に出向く。しかし、そこにも二丁と勘違いし、十吉と家族の命を狙うカトウ(矢作マサル)らの姿があった。十吉に迫りくる強面の男たちを不審に思う美沙子だったが、十吉は取引先の社長だと嘘をついて切り抜け、カトウらと対峙することに。そして、なぜか遊園地にいたちなつ(山本舞香)からは「十吉なら楽勝」と言われて…。実際に十吉はまたもや、営業で培ったトークスキルと洞察力で、ピンチを切り抜ける。

その状況をちなつから伝え聞いた丸メガネは、改めて十吉のヒットマンとしての実力を評価し、ある重大な案件を十吉に任せることに決める。しかしそのことで、十吉はさらに大きなうねりに飲み込まれていく…。

ドラマ「今日からヒットマン」第4話 ネタバレ あらすじ キャスト 

闇の組織《コンビニ》の習志野支部支部長・丸メガネ(筧利夫)と、船橋支部支部長・アゴ(岩永ひひお)は、《コンビニ》本部長・将軍(小沢仁志)のもと、各支部の統合問題に揺れていた。凄腕のヒットマン・カトウ(矢作マサル)からの報告を受けた将軍は、二丁こと稲葉十吉(相葉雅紀)の殺しの腕と特性を気に入って…。

一方、そんなことを知らない十吉は、妻の美沙子(本仮屋ユイカ)、息子・百太(木村優来)と、家族団らんを楽しんでいたが、美沙子は最近の十吉の怪しい動きに不安を募らせていた。そんな中、出社した十吉は、部下である山本照久(深澤辰哉)から、ひと目惚れしたちなつ(山本舞香)とのデートのセッティングを迫られる。ダメもとでちなつにこのことを伝える十吉だったが、山本が予約したレストランが、2年間は予約の取れない人気イタリアンであったことから、なんとデートはOKに! 十吉は、ちなつが山本に自分のヒットマンとしての行動を語るのではないかと心配になり、変装し彼らを尾行する。

そんな時、謎の男たちが、ちなつと山本を拉致。丸メガネは、彼らを襲った連中に察しがついている様子だが、「救えるのは二丁さん以外いない」と語る。十吉は、二丁の遺品を身にまとい、ちなつの持つGPSを頼りに監禁現場へと向かう。

ドラマ「今日からヒットマン」第5話 ネタバレ あらすじ キャスト 

習志野支部と船橋支部の統合問題に揺れる闇の組織《コンビニ》。統合した際に少しでも優位に立ちたい各支部の支部長である丸メガネ(筧利夫)とアゴ(岩永ひひお)は、かつて《コンビニ》の金を横領し、将軍(小沢仁志)から軟禁状態にされ、5年で50憶円を稼ぐことを命令された男・カンウ(飯田基祐)から金を回収する計画をそれぞれ企てる。
アゴが白羽の矢を立てたヒットマン・スナフキン(栗原類)がカンウのもとに訪れると、そこに丸メガネの指令を受けた二丁こと稲葉十吉(相葉雅紀)、ちなつ(山本舞香)、キノコ頭(本多力)がやってくる。すでに金で買収され、カンウ側に寝返っていたスナフキンは、カンウの指示で二丁を生け捕りにして連れて行くことを多額の追加報酬と引き換えに約束。自ら石で顔を殴打して、船橋支部の人間に裏切られて殴られたことにし、十吉たちに仲間にしてほしいと懇願する。

スナフキンを仲間として受け入れた十吉たちは彼の案内で、十吉とちなつ、キノコ頭とスナフキンの二手に分かれてカンウのアジトへ向かうが、十吉とちなつがカンウのもとに着いた時には、すでにキノコ頭が人質に捕らわれていた。十吉は、カンウの心を動かすべく、またもや営業で鍛えたトーク力を発揮するが…。

一方、十吉が自分に内緒で有休を取って会社を休んでいたことを知った妻の美沙子(本仮屋ユイカ)は、夫の不審な行動にますます疑心暗鬼となる。

ドラマ「今日からヒットマン」第6話 ネタバレ あらすじ キャスト 

闇の組織《コンビニ》支部長・将軍(小沢仁志)の命により、組織を裏切った《影》と呼ばれる超エリートヒットマン・ナズ(河内大和)の討伐隊に選ばれた二丁こと稲葉十吉(相葉雅紀)。十吉は、全国の支部から選抜された凄腕ヒットマンたちと、同じく《影》のカトウ(矢作マサル)と行動をともにするが、ナズが巧みに使うナイフによって討伐隊はピンチに陥り、取り逃がしてしまう。十吉は、カトウの「お前、今のままだと死ぬぞ」というセリフが頭から離れないようになり、その日を境に、自身と家族を守るために激しい体幹トレーニングに励む。

十吉は、イージーフードの同僚である部長・遠藤保(勝村政信)と部下・山本照久(深澤辰哉)との食事中に、ひょんなことからキンパツ(駒木根葵汰)に因縁をつけられる羽目に。しかし、これまで強敵と戦ってきた十吉にとって、いつの間にかキンパツ程度の街の不良なら相手にならなくなっていて…? 

またもや神出鬼没にちなつ(山本舞香)が、二丁の遺品が入ったバッグを手に現われて、十吉に新たな仕事を告げる。それは、簡単な金の受け渡しだったが、十吉が《コンビニ》に出向くと、先ほどのキンパツは、なんと《コンビニ》のバイトで!? 
さらには、キンパツとの小競り合いでケガをした山本に変わり、十吉は遠藤から遅刻は許さない、時間にうるさい取引先とのゴルフに招へいされる。はたして十吉は、この絶体絶命のダブルヘッダーを無事にこなすことができるのか――? 
そして、二丁と勘違いし、十吉の命を狙うナズの脅威が、再び十吉に迫る!

ドラマ「今日からヒットマン」第7話 ネタバレ あらすじ キャスト 

闇の組織《コンビニ》のヒットマンであるカトウ(矢作マサル)をはじめ、関係者が次々と何者かに襲撃されることに。本部長・将軍(小沢仁志)も、この事態に苛立ちを隠せない。

稲葉十吉(相葉雅紀)とちなつ(山本舞香)、《コンビニ》アルバイトのキンパツ(駒木根葵汰)は、ある組織に集金に出向くも、簡単だと思われていた取引は難航。十吉は相手のボスと、一発だけ弾の入った銃をこめかみに当てて順番に自ら撃ち合う《ロシアンルーレット》をやるハメになるのだった…。また十吉は、イージーフードの部長・遠藤保(勝村政信)から、ある重要なプロジェクトを任される。

十吉は妻の美沙子(本仮屋ユイカ)ら家族を喜ばせるべく、サラリーマンとして仕事にまい進することを誓うのだが、そんな矢先に、丸メガネ(筧利夫)、キノコ頭(本多力)から連絡が。現在、《コンビニ》を襲っているのは《100均》と呼ばれる新興勢力で、創設者はなんとあのアゴ(岩永ひひお)だった! しかも、強力な殺し屋であるマンモス(武蔵)とタッグを組んでいて…。

やがて、十吉に「いつ何時、あなたに火の粉が降りかかるか」と心配していた丸メガネが《100均》に拉致される。同時に、会社の重要プロジェクトのプレゼン日も前倒しになって!? 十吉はまたもや、ヒットマンとサラリーマンとの二重生活の狭間で、大ピンチとなる。
《コンビニ》vs《100均》の全面戦争の行方は――? 
そして、ヒットマンとしての才能をさらに開花させた十吉に、マンモスの影が忍び寄って…。

ドラマ「今日からヒットマン」第8話(終) ネタバレ あらすじ キャスト 

闇の組織《コンビニ》の丸メガネ(筧利夫)との出世争いに負けた挙句、伝説のヒットマン・二丁に扮した稲葉十吉(相葉雅紀)の活躍で《コンビニ》を追われたアゴ(岩永ひひお)。彼が創設したライバル組織《100均》に雇われた殺し屋・マンモス(武蔵)は、十吉の妻である美沙子(本仮屋ユイカ)と息子・百太(木村優来)を人質に取る。アゴは、《コンビニ》を壊滅させた後で、二丁こと十吉を抹殺する計画を立てていた。

一方のマンモスは現在、二丁を名乗っている十吉を、今は亡き本物の二丁(滝藤賢一)だと勘違いしており、積年の恨みを早く晴らしたいと主張するのだった。家族をさらわれた十吉は頭を抱えるが、なんと《コンビニ》アルバイトのキンパツ(駒木根葵汰)が《100均》にスパイとして潜入していて…!? 
次に彼らが襲う《コンビニ》の支部の情報がキンパツから寄せられるが、その支部の支部長は本部長・将軍(小沢仁志)の実弟だった! アゴとマンモスが向かう先が分かった十吉は、家族を救うべくちなつ(山本舞香)とともに彼らを追うが、道中でひょんなことからマンモスに出会うことに! 十吉はマンモスの圧倒的な強さを目の当たりにし、今のままでは勝ち目がないことを悟り絶望する。

翌日、十吉はやつれながらもイージーフードに出社すると、部長・遠藤保(勝村政信)から会社始まって以来となる大きな仕事の話が。部下の山本照久(深澤辰哉)と3人で、急いで先方に向かおうとした矢先に、ちなつから美沙子たちの居場所が分かったことが告げられて…。
十吉が下した決断とは――? 
そして、十吉はマンモスら《100均》を倒し、無事に家族を取り戻すことができるのだろうか…!?

今日からヒットマン

平凡なサラリーマン・相葉雅紀が、ある日突然、殺し屋に。
妻に頭の上がらない、平凡なサラリーマン・稲葉十吉(相葉雅紀)。
彼はある日、偶然にも《二丁》と呼ばれる凄腕ヒットマンと出会う。《二丁》は突然、自分の標的を殺して自分の女を助けろと命令し、助からなかった時は、十吉と家族を皆殺しにすると言い出す。

2023 民放 秋ドラマ 週間番組表
下剋上球児/鈴木亮平ONE DAY/二宮和也マイ・セカンド・アオハル/広瀬アリスコタツがない家/小池栄子ゆりあ先生の赤い糸/菅野美穂うちの弁護士は手がかかる/ムロツヨシゼイチョー/ 菊池風磨
TBS
21:00
フジ
21:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
テレ朝
21:00
フジ
21:00
日テレ
22:00
1055667 ★6
セクシー田中さん/木南晴夏トクメイ!警視庁特別会計係/橋本環奈時をかけるな、恋人たち/吉岡里帆パリピ孔明/向井理いちばんすきな花 /多部未華子 松下洸平
フェルマーの料理/高橋文哉&志尊淳
単身花日/重岡大毅/
日テレ
22:30
フジ
22:00
フジ 
23:00
フジ
22:00
フジ
22:00
TBS
22:00
テレ朝
23:00
6 ★5555