観世会能楽講座「阿古屋松」




観世能楽堂での能楽講座、2020年初回は復曲能「阿古屋松」

令和2年1月31日18:30-20:45@観世能楽堂

宗家 観世清和のあいさつ

「翁」を演ずる機会が最近多い。

「阿古屋松」のお話

渡辺保、松岡心平の対談

老人モノの作品で、能は最近まで演じられなかったが謡はあった。

W:老人(塩釜天神)が若者(実方)に勝つ構図。

M:実方は美男子でナルシスト。加茂神社で舞うとき、水鏡に自分の姿を見て舞うのをやめた。

M:塩釜明神は、言い合いをするも、実方が好き。美貌に憧れている。

塩釜明神(縄文)と実方(弥生)との対決の構図もある。

巨木伝承、永遠の生命力もテーマの一つ。

スポンサードサーチE/p>

ワークショップ

観世清和が、「阿古屋松」の一部を地謡付きで舞う。

本公演は3月1日@観世能楽堂

鼎談

K:萬松寺(ばんしょうじ)の阿古耶松を見に行ったことがある。寺で歓待されそばをご馳走になり新幹線に乗り遅れた。

阿古屋松

K:6月21日に独演5番能を舞う。観世太夫の習わしで、今回復活する。梅若玄祥は2日がかりで10番舞ったこともある。

5番能@観世能楽堂

スポンサードサーチE/p>

阿古屋松

「阿古屋松」は、観世流宗家に伝わる世阿弥の自筆脚本11作品の中で唯一上演記録がない。1427年(応永34)作とされる自筆脚本を基に復曲し、2012年国立能楽堂で約580年ぶりに上演した。

山形市千歳山萬松寺

あらすじ

平安中期の歌人・藤原実方(ワキ)は陸奥に左遷される。道すがら老いた木こり(前シテ)に、出羽の歌枕でもある「阿古屋松」のありかを尋ねる。木こりは尊大な物言いをする実方に素直に答えず、売り言葉に買い言葉のやりとりをする。

木こりの正体は、近くに住む塩竈明神(後シテ)で、ついには実方と交歓し、阿古屋松のめでたさを讃(たた)えて舞い興ずる。

阿古屋松は、山形市千歳山にある萬松寺(ばんしょうじ)の阿古耶松が題材とされている。

前回の事前講座「鸚鵡小町」

能 「鸚鵡小町」 観世会講座 ゲスト馬場あき子