パソコンのメモリー増設(Lenovo Ideacentre 510S)

Lenovo Ideacentre 510S のメモリーを増設

今年(2019年)9月に購入したLenovo Ideacentre 510S(39369円)は、値段が安いためメモリーが4Gで標準の8Gよりも小さい。

そのため処理速度が遅く、ブラウザーの立ち上げ、読み込み時間が長い。メモリー8Gを増設を増設して計12Gとし、スピードアップを図ることにした。

メモリーの発注

Lenovo Ideacentre510Sにもいろいろ種類があって適合するメモリーを見つけるのに苦労した。

型番は、PC4-19200 (DDR4-2400)288pin DDR4。

商品名は、CT8G4DFS824A Crucial PC4-19200 (DDR4-2400)288pin DDR4 UDIMM 8GB UDIMM 8GB。アマゾンにはなく楽天で見つかった。ショップは Joshin web 家電とPCの大型専門店(大阪の上新電機株式会社)。価格は3980円。

Crucial社製だったが、世界最大のアメリカのメモリメーカー Micron が設立した会社なので安心した。

20日に注文、23日に25日に入荷予定の連絡があり27日に宅急便で届く。品薄のためか1週間かかった。

スポンサードサーチE/p>

メモリ増設作業

パソコンのメモリー増設(Lenovo Ideacentre 510S)の作業を、気ままにMyRoadさんのブログを見ながら開始する。

2か所のネジを外すのでプラスドライバーが必要になる。

背面のネジ外しから始める

外枠の把手を引っ張って外す

手前のハードデスク+DVDトレイの下にメモリを入れるスロットがある

ハードデスクとDVDトレイは、コード(4か所)を外してから本体から外す。

メモリのスロットの両脇にある白いプラスチックを傾けて、メモリを挿入する。挿入後カッチと音がするまで白のプラスチックを元の位置に戻す。

DVDトレイとハードデスクを元の位置にもどす。

一番苦労したこと

コードを元の位置につなげなければならない。つなぐとき一番小さな差し込みプラグは正しい位置をよく確認して差し込む。間違えて差し込んだため、起動しなくなって何度もやり直した!

余裕の空き容量となった

余裕の空き容量となり、かなり応答スピードが速くなった。

スポンサードサーチE/p>

まとめ

メモリ8Gを増設して12Gにすると、応答はかなり速くなった。

windows10で4Gのメモリはなかったと反省した。

関連サイト:Lenovo Ideacentre 510S のセットアップのまとめ