休業要請解除の都道府県対応,埼玉県接待を解除

休業要請解除の都府県別対応

政府は緊急事態宣言を5月25日に全面解除しました。

政府は社会活動の緩和の目安を示しています。

緊急事態宣言解除を受けて、各都道府県はこれまで企業に対して休業要請していたのを、順次緩和していく予定です。

各都道府県の要請解除の対応

今回解除された首都圏と北海道の緩和日程を比較してみました。

  劇場・映画館 図書館・博物館 接待飲食店 スポーツクラブ カラオケ パチンコ
政府目安     6月19日 6月1日    
千葉県 5月26日 5月22日 6月19日 6月1日 6月1日 6月1日
神奈川県 5月27日 5月27日 5月27日 5月27日 5月27日 5月27日
埼玉県 5月25日 5月26日 6月16日 5月25日 6月4日 5月25日
東京都 5月30日 5月26日 6月1日 6月12日
北海道 5月25日 5月26日 6月1日 6月1日 6月1日 6月1日

神奈川県は、全業種を27日に解除

 

神奈川県(黒岩知事)は、小規模なイベント(屋内100人以下、屋外200人以下)は自粛要請が解除される。中規模以上のイベントの可否は、おおむね3週間後に判断する。

東京都のロードマップ

東京都は緩和に向けて、独自のロードマップを公表しています。

5月25日作成

東京都のパチンコは、5月28日から営業しています。パチンコ団体が店の自由に任せたためです。

スポーツクラブはステップ2

東京都はスポーツクラブを要請緩和のステップ2で調整しています。カラオケはステップ3にする予定です。日程は未定です。

スポンサードサーチE/p>

まとめ

千葉県は26日から劇場や映画館などに限り休業要請を解除しました。

神奈川県は27日から、接待を伴う飲食店も含め全業種で休業要請を緩和します。

東京都は休業要請緩和の遅れが目立っており、首都圏でも自治体によって差が見られます。