西洋建築史 古代ギリシア~ロマネスク~ゴシック~ルネッサンス~バロック

古代オリエント

ピラミッド:2000BC頃 エジプト・ギザ 石積の王の墓。

古代ギリシャ

アクロポリス(城山)とアゴラ(広場)を中心に持つポリス(独立都市)が多く発生。

自由な社会で、明るい人間的な文化を築く。

パルテノン神殿。: BC447 — 438 。

野外劇場

スポンサードサーチE/p>

古代ローマ

 

ギリシアを受け継ぐ、自由な市民による人間性あふれる文化。

建築・土木技術の発展。石積のアーチは、後の一般的な構法となる。

コロッセオ(闘技場):80 ローマ

パンテオン:25BC 128再建 ローマ 神殿

ローマのパンテオン

ロマネスク

古代ローマが2つに分裂し、西ヨーロッパで発展した様式。

カルルシュテイン城:1348  チェコ 神聖ローマ皇帝カール4世

ピサ大聖堂と斜塔: 1064‐1118 小さい窓 半円アーチ 重厚な壁

スポンサードサーチE/p>

ビザンティン

分裂した古代ローマの東で発展。

アヤソフィア大聖堂:537 イスタンブール・トルコ ドーム型の屋根 細長い広間

ゴシック

奇怪・暗黒の中世 天上への願望 尖塔アーチ フライング・バットレス

ノートルダム寺院:1182 パリ

アミアン大聖堂:1266 フランス

amian

スポンサードサーチE/p>

ルネサンス

 

「再生」 古代ギリシャの復興 調和 均整 永遠

テンピエット:1502 ローマ 礼拝堂 ブラマンテ 遠近法

シャンポール城:1547 フランス

サンピエトロ寺院:1612 バチカン ローマ ミケランジェロ

バロック

歪んだ真珠 調和・均整を目指すルネサンス様式に対し、劇的な動き、過剰な装飾、円から楕円

カトリック教会の威信回復

サンピエトロ広場:1675 バチカン ローマ ベルリーニ

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂:1646ボロミーニ ローマ

ロココ

フランスから広まる。

十四聖人のバシリカ聖堂 :1772 ドイツ

ロマン主義・新古典主義

大英博物館:1823 ロンドン ギリシャ・リバイバル

ウェストミンスター宮殿:1860 英国議事堂 ゴシック・リバイバル

サグラダファミリア:1883- バロセロナ ガウディ 石造+鉄筋コンクリート

Time Line

紀元前3年、紀元前050年から紀元前900年
古代エジプト
古代エジプトでは、強力な支配者が記念碑的なピラミッド、寺院、神社を建設しました。ギザのピラミッドなどの巨大な構造物は、高度な技術があったことの証です。

紀元前850年から紀元前476年
クラシック
古代ギリシャの興隆からローマ帝国の没落まで、デザインの規則に従った建物が建てられました。柱と梁の比率などのクラシカルオーダーは、現代の建築デザインに影響を与えています。

527〜565 AD
ビザンチン
紀元330年にコンスタンティヌスがローマ帝国の首都をビザンチウム(現在はイスタンブールと呼びます)に移した後、ローマの建築は、石ではなくレンガを使用した優雅でクラシックなスタイルに発展しました。

800〜1200 AD
ロマネスク
ローマがヨーロッパの中心になりました。丸みを帯びたアーチを多用し、重くてずんぐりしたロマネスク様式の建築物が発展しました。
中世初期の教会や城は厚い壁で建設されました。

1100〜1450 AD
ゴシック建築
ゴシック様式は、尖ったアーチ、リブのあるアーチ、フライングバットレスが特徴で、高く、優雅な建築です。
フランスののシャルトルやノートルダムのような壮大な大聖堂が造られました。

1400〜1600 AD
ルネサンス建築
古典的なアイデアへの回帰は、イタリア、フランス、イギリスに「ルネッサンス」をもたらしました。アンドレア・パラディオは古代ギリシャとローマの古典的な秩序を表現しています。

1600〜1830 AD
バロック建築
イタリアでは、バロック様式が不規則な形と豪華な装飾が施された豪華でドラマチックな教会が造られました。
フランスでは、装飾が多いバロック様式がクラシックな様式と組み合わされています。

1650〜1790 AD
ロココ建築
バロック時代の最後の段階で、曲線を描く優雅な白い建物を建設しました。

ロココ様式の建物は、巻物、ブドウの木、貝殻の形、繊細な幾何学模様が特徴です。

1730〜1925 AD
新古典主義
ルネサンスの建築家、アンドレアパラディオのアイデアへの強い関心は、ヨーロッパ、イギリス、アメリカで古典的な様式の復活をしました。

古代ギリシャとローマを参考にした、古典的な秩序に従った比例配分たのデザインです。

1890〜1914 AD
アールヌーボー建築
アールヌーボーは、最初に生地とグラフィックデザインで表現されました。このスタイルは1890年代に建築や家具にまで広がりました。多くの場合、アールヌーボー様式の建物は、非対称の形状、アーチ、装飾された表面を持ち、曲線の植物を模したデザインになっています。

1895〜1925 AD
ボザールの古典主義
学問の古典主義、または古典的な復活とも呼ばれるボザール様式の建築は、秩序、対称性、形式的なデザイン、壮大さ、精巧な装飾が特徴です。

1905〜1930 AD
新ゴシック建築
20世紀初頭、ゴシックアイデアが近代建築に適用されました。
アーチ型の窓、中世のデザインが、そびえる高層ビルに転用されました。

1925〜1937 AD
アールデコ建築
ジグザグパターンと垂直線は、ジャズ時代のアールデコ建築に劇的な効果をもたらします。
多くのアールデコのモチーフは古代エジプトの建築に触発されています。

1900年から現在まで
建築におけるモダニズム様式
20世紀と21世紀は、劇的な変化と驚くべき多様性を見ました。
現代のトレンドには、ウォルターグロピウス、造形主義、形式主義、モダニズム、および構造主義が生み出したアートモデルヌおよびバウハウスの学校が関係しています

1972年から現在まで
建築におけるポスト モダニズムモダニズムのアプローチに対する反発により、歴史的な詳細と馴染みのあるモチーフを再発明した新しい建物が生まれました。

21世紀
ネオモダニズムとパラメトリック主義
コンピューター主導の設計。フランクゲーリーの彫刻が施されたデザイン、またはバイナリラージオブジェクト(BLOBアーキテクチャ)を実験した他の人から始まりました。

日本建築史~竪穴式住居・伊勢神宮から桂離宮まで~和の建築

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください