ケーブルテレビのイッツコムをひかり回線に変えたら速く、安くなった

ネットフィリックスが途中で止まり見直す

イッツコムを東急ケーブルテレビ時代から利用している。

最近はネットフィリックスやアマゾンプライムビデオで映画、ドラマを見ることが多くなった。amazonfirestickを使ってwifiで接続しているのだが、途中で切れることが多くなり憂鬱になっていた。

ケーブルをひかり回線に改善することでwifiの環境が安定することがわかった。

イッツコムは東急沿線94万所帯が利用するケーブルテレビのプロバイダー。前身は東急ケーブルテレビでブローバンドネットワークを展開している。契約者は東急沿線の東京都世田谷区、渋谷区、横浜市青葉区などが多い。

イッツコムの光回線に変えたら速くて安くなった

イッツコムのインターネット接続は今では光ファイバーを使った光回線が主力になっている。別名FTTHと呼ばれる。

スピードはCATV(ケーブルテレビ)で30Mbps(4600円/月)だったのを光回線300Mbps(6500円/月)に変えた。

工事費は1万3千円

ひかり回線にするには、新たに電柱から光回線を引く必要がある。工事費は通常20000円だが、半額キャンペーンを適用して10000円になった。

キャンペーンは、電話の窓口で教えられたもので、工事の下見に来た時に出す見積もりのとき、こちらから言い出さないと適用されないので注意が必要だ。別途契約の変更料として3000円かかり、合計13000円。税込みで14300円。

毎月の請求は1400円安くなる

これまでの回線の10倍速くなり、衛星放送が2台以上のテレビで視聴できるようになった。

さらに料金は毎月6,200円で1,400円安くなった。

ただし、この料金は、テレビ、インターネット、電話の3年契約。

スポンサードサーチE/p>

wifiのルーター機能付きのONUが付いてくる

光回線を接続、「ONU(Optical Netowork Unit:光回線の終端装置)」は、wifiルーターの機能付きで無料レンタルされる。

HuaweiのONUで、HG8045Qでwifiルータの機能付き。

ONUとは自宅などに引き込んだ光回線(壁に設置された光コンセント)とパソコンの間に設置して光回線とパソコンを接続し、光信号とデジタル信号間の変換を行う装置です。

セットボックスSTBは回収

ケーブルテレビ会社と契約していながら、ケーブルテレビが提供するチャンネルは見ていないのでSTBは不要になった。

この場合のテレビの契約コースは、施設利用サービスとなり、料金は最低の800円/月となる次に安いミニコースは2800円/月と比べかなり差がある。

ブルーレーレコーダーHITPOTも回収

毎月4000円でレンタルしていたpanasonicのブルーレイレコーダーも回収した。代わりにSONYのレコーダーを購入する。

SONY(ソニー)のブルーレイディスクレコーダーをスマホで見る方法

衛星放送がすべてのテレビで見れる

これまではセットボックスとつなげていたテレビしか衛星放送は受信できなかった。施設利用サービスにするとすべてのテレビで衛星放送(BS4K,8K含む)が見れるようになった。

施設利用サービスは戸建て住宅のみ利用できる。料金は800円/月。

3年契約でインターネット・電話・テレビのセット割

イッツコムはインフラビジネス事業者としてテレビ、インターネットだけでなく電話、電気、ガスなども扱っている。

ひかり回線のインターネット、テレビ(地上波、衛星放送)、電話の3つを3年契約した。割り引した料金は5,600円/月(税別)となった。

まとめ

イッツコムは現在はひかり回線が主力で従来のケーブル回線は契約を更新する方向だ。

旧来のCATV回線を光回線に変えると、速く、安く(-1400円/月)なるのでおすすめだ。

wifiのストリーミングによるNETFLIX,AMAZONビデオも中断しないで視聴できるようになった。

高速無線通信時代にケーブルテレビ会社はどこまで生き残れるのか