現代日本人は弥生人より中国人に近い NHKサイエンスZERO




弥生人のDNA分析から意外な事実が判明

NKKサイエンスZERO。遺伝子学や考古学、言語学などさまざまな研究分野の専門家がチームを結成し、40体に及ぶ弥生人の人骨をDNA分析をした。

弥生人のDNA分析

鳥取県の青谷上寺地弥生遺跡で発掘された人骨のDNA分析によると、9割が渡来人のDNAだった。

渡来人は2世紀から、縄文人にはない鉄製の器具、ガラスの装飾品を持って来て、じょじょに同化したと思われてきた。

しかし、青谷上寺地遺跡では、2世紀後半に渡来人がまとまって来て、縄文人と入れ替わった形跡がある。そこで発掘された人骨には、矢じりによる殺傷傷があり、戦闘があった。

弥生人はどこにルーツをもつ、どんな集団だったのか?

弥生人DNAの、より詳細分析から、渡来人は中国大陸の各地から渡来してきたことがわかった。これは、都市にみられる現象で、山陰地方は、国際都市であったことを想像させる。

渡来人のDNAは、シベリアから東南アジアまで範囲が広い。

縄文人からどのようにして、現代日本人になったのか?

現代日本人のDNAは、弥生人よりも中国・韓国人に近い。弥生時代のあと、古墳時代も中国からの流入が続いて、交わったと思われる。

現代日本人は、予想していたよりも大陸系に近い。
古墳時代は、渡来人との相互理解の交流が盛んだったようだ。