中国ドラマ「上陽賦 運命の王妃」あらすじ ネタバレ キャスト 最終回まで

中国ドラマ「上陽賦 運命の王妃」とは

王妃・チャン・ツィイーは、帝位を巡る陰謀と策略のなかで、気高く生きる。

NHK BSプレミアム 日曜 22時 2022年8月28日~ <連続42回>

原題:上阳赋

制作:2021年 中国

ドラマ「上陽賦」相関図 キャスト 

ドラマ「上陽賦」第14話 あらすじ ネタバレ キャスト

皇帝は第2皇子とともに、王氏一族への反撃を開始する。

皇帝の心の病が偽装だと知った第2皇子の馬子律(ばしりつ)は体の弱った皇帝を助け、共に王藺(おうりん)ら王氏一族を倒すと約束する。

王儇は自分を守って重傷を負った侍女、玉秀(ぎょくしゅう)の看病を続ける。
玉秀は回復に向かい、侍女から王儇の妹にする。

王藺は、皇后が投獄された温宗慎(おんしゅうしん)に会ったことをとがめる。
王蘭は牢獄の温宗慎を訪ね、皇帝を貶して味方になるように乾杯しようとすると妹の皇后が現われ中止させる。

戦場の簫キ(しょうき)は食料を支援した桓公(かんこう)が本当に味方か警戒する。
桓公が勧める地に陣を張って皇帝の弟・謇寧(けんねい)王の軍に包囲された簫キは内通者がいると確信する。

子律は桓宓と密会し、王家を滅ぼし正妻すると伝える。子律の桓公からの親書を王氏の間者が盗む。

ドラマ「上陽賦」第15話 あらすじ ネタバレ キャスト

王儇(おうけん)は馬子律(ばしりつ)が皇帝の座を奪おうとしていると知る。

第2皇子の馬子律(ばしりつ)は王藺(おうりん)や皇后、皇太子の馬子隆(ばしりゅう)ら王氏一族を反逆罪で投獄。

王儇(おうけん)の屋敷にも兵が押し寄せ、ただならぬ状況を察知した王儇は抵抗せずに命じられるまま宮殿に閉じ込められる。
王儇にも危険が迫っていると知った第3皇子の馬子澹(ばしたん)は…。

戦地で桓公(かんこう)が勧める地に陣を張って皇帝の弟・謇寧(けんねい)王の軍に包囲された簫キ(しょうき)は内通者がいると確信していたが・・・

ドラマ「上陽賦」第16話 あらすじ ネタバレ キャスト

子律は、虎符のない皇帝を欺き、皇位を奪おうとする。
子律は実の父は謇寧王だと知り、皇帝は孤立する。
皇帝は王儇に、自らの過ちを認め、謝罪する。

何とか謇寧王の攻撃から持ちこたえていた簫キ。
そこに、胡瑶からの知らせが入る。

ドラマ「上陽賦」第17話 あらすじ ネタバレ キャスト
ドラマ「上陽賦」第18話 あらすじ ネタバレ キャスト

ドラマ「上陽賦」第1~11話 あらすじ ネタバレ キャスト

ドラマ「上陽賦」第1話 あらすじ ネタバレ キャスト

皇帝のめい、王儇(おうけん)は皇太子ではなく、第3皇子との結婚を望む。

皇帝のめいで「上陽郡主(じょうようぐんしゅ)」の称号を持つ王儇。幼名は阿嫵(あぶ)。何不自由なく育った王儇の遊び相手は3人の皇子だ。やがて成人の儀を迎えた王儇に皇太子との婚姻話が持ち上がる。だが、王儇は側室の子である第3皇子の馬子澹(ばしたん)以外の人と結婚する気はなかった。

国境の地で国を守り戦う将軍、簫綦(しょうき)。皇帝は戦に勝利したら王爵を与えると約束していた。

ドラマ「上陽賦」第2話 あらすじ ネタバレ キャスト

慕い合う人との婚姻を望む王儇が、権力闘争に巻き込まれていく。

王儇の叔母の皇后は、王氏一族の娘として皇太子・馬子溜と婚姻すべきだと王儇に告げる。
だが、王儇は慕っている第3皇子、馬子澹(ばしたん)と婚姻したいと譲らず、皇后を激怒させる。
皇帝は馬子澹が刺客に襲われたことを側室の謝(しゃ)貴妃から聞き、皇后の仕業だと疑う。
皇帝は王氏一族をけん制するため、謝貴妃の兄に娘の謝宛如(しゃえんじょ)を、兵力を持つ将軍、蕭キ(しょうき)に嫁がせるよう指示する。

ドラマ「上陽賦」第3話 あらすじ ネタバレ キャスト

王儇との婚姻を望む皇太子が汚い手段を使い、皇帝が激怒する。

将軍、蕭キ(しょうき)は、皇帝より「豫章(よしょう)王」の位を授かる。その祝いの宴(うたげ)が続くなか、皇太子の馬子隆(ばしりゅう)はその場を抜け出す。王儇との婚姻を望む皇太子は、彼女をだまして寝所に入れようとたくらんでいた。
そうとは知らず、皇太子の宮殿の扉を開けた王儇は…。皇太子の浅はかな行いに皇帝は激怒。
王儇の父、王藺(おうりん)も、娘を軽んじた皇太子に怒りをあらわにする。

ドラマ「上陽賦」第4話 あらすじ ネタバレ キャスト

王儇の思い人、馬子澹(ばしたん)の一族が皇帝毒殺未遂で投獄!

皇帝が倒れ、すぐに毒が盛られたとわかる。王儇の父、王藺(おうりん)の計略だった。
王藺は主治医を脅し側室の謝(しゃ)貴妃が用意した酒に毒が入っていたと嘘の証言させる。謝貴妃と息子の馬子澹(ばしたん)、謝氏一族全員を投獄する。

皇后は皇太子を皇帝の代理とし王藺を摂政にすると宣言。皇后は獄中の謝貴妃に、息子を救いたければ罪を認める自白文を書けと迫る。そして王儇にも馬子澹を救う方法を告げる。

ドラマ「上陽賦」第5話 あらすじ ネタバレ キャスト

王儇の母が娘と馬子澹(ばしたん)の駆け落ちを計画するが…。

第3皇子、馬子澹(ばしたん)を守るために将軍、蕭キ(しょうき)と婚姻すると決めた王儇。

王氏一族が兵力を得るのを阻みたい第2皇子の馬子律(ばしりつ)は、その婚姻を妨害しようとたくらむ。

王儇の母は、馬子澹(ばしたん)に娘の真の思いを知らせ、2人で遠くに逃げるよう告げる。王儇にも計画を告げ、ひそかに脱出させる。王儇は約束の船着き場で馬子澹を待つが、なかなか来ない。そのとき馬子澹は…。

ドラマ「上陽賦」第6話 あらすじ ネタバレ キャスト

王儇を誘拐したのは、戦で簫キ(しょうき)を恨む男だった。

豫章(よしょう)王になった将軍、蕭キ(しょうき)と結婚した王儇が、何者かにさらわれてしまった。
遠い寧朔(ねいさく)で知らせを受けた蕭キは、犯人の狙いは自分だとにらむ。

皇帝陵にいる第3皇子の馬子澹(ばしたん)は、罰せられるのを覚悟でその場を離れて王儇の救出に向かう。
王儇を誘拐したのは、戦で蕭キに滅ぼされたという六盤(ろくばん)出身の男、賀蘭箴(がらんしん)だった。

ドラマ「上陽賦」第7話 あらすじ ネタバレ キャスト

閲兵式の日、賀蘭箴(がらんしん)はおとりを使い簫帰(しょうき)の命を狙う。

逃亡しようとした王儇を自ら見張ることにした賀蘭箴(がらんしん)は、自分の生い立ちを語り始める。賀蘭箴は、現在の忽蘭(くらん)王が王子だったときに、六盤(ろくばん)の王女だった母を無理やり奪い生まれた息子だった。

寧朔(ねいさく)での閲兵式の日、簫キ(しょうき)は敵のワナを警戒する。賀蘭箴は、王儇に爆薬を仕込んだ帯を着けさせる一方、王儇を装った手下の女性をおとりにして蕭キの命を狙う。

ドラマ「上陽賦」第8話 あらすじ ネタバレ キャスト

王儇は、蕭キ(しょうき)との政略結婚は父が仕組んだと知る。

傷の癒えた王儇は、都とは異なる寧朔(ねいさく)の暮らしを知る。王儇は蕭キ(しょうき)から、賀蘭箴(がらんしん)を助けたこと、そして六盤(ろくばん)を滅ぼしたのが簫キではなかったことを聞く。さらに、2人の政略結婚は、父の王リン(おうりん)が仕組んだと知り衝撃を受ける。

都では、皇帝の弟で、かつて帝位を争った謇寧(けんねい)王が、15万の兵を率いて都に向かっているとの知らせが入る。

ドラマ「上陽賦」第9話 あらすじ ネタバレ キャスト

母、危篤の知らせを受けた王儇は、簫キ(しょうき)と別れ都へ。

寧朔(ねいさく)の草原で刺客に襲われた王儇と簫キ(しょうき)。なんとか刺客から逃れ、草原で一夜を明かす。翌日、2人を襲った刺客の頭を突き止める。

王儇は出陣する簫キに同行するつもりだったが、父の王リン(おうりん)から母の危篤を知らせる文が届く。戸惑いつつも蕭キと離れ、都へと旅立つ。

都では王儇の兄、王夙(おうしゅく)の正室、桓ヒツ(かんひつ)が、第2皇子の馬子律(ばしりつ)と密会を。

ドラマ「上陽賦」第10話 あらすじ ネタバレ キャスト

王儇に迫る危機。第2皇子、馬子律(ばしりつ)に衝撃の事実が!

暉州(きしゅう)で王儇は、父の王リン(おうりん)に恨みを抱く呉謙(ごけん)に捕らえられてしまう。

都へ兵を進める皇帝の弟、謇寧(けんねい)王との戦で簫キ(しょうき)に勝ち目はないと呉謙は言ったが、王儇は気丈にふるまう。
謝淵(しゃえん)は王儇を始末するよう呉謙に命じるが、それを聞いていた呉謙の妻は…。

第2皇子の馬子律(ばしりつ)は、桓公(かんこう)から驚きの事実を告げられる。

ドラマ「上陽賦」第11話 あらすじ ネタバレ キャスト

簫キ(しょうき)の援軍を待つ王儇の前に馬子澹(ばしたん)が。

王儇のいる暉州(きしゅう)に、謇寧(けんねい)王の反乱軍が迫る。簫キ(しょうき)の援軍の到着には数日かかるため、宋懐恩(そうかいおん)は王儇に避難するよう説得するが、王儇は兵士たちと共にとどまると告げる。

王儇の前に第3皇子の馬子澹(ばしたん)が現れ、なにもかも捨てて2人で逃げようと迫る。

都では王藺(おうりん)が配下の者に命じ、皇帝の薬に入れている毒の量を増やす。

ドラマ「上陽賦」第12話 あらすじ ネタバレ キャスト

妹のような侍女が王儇の命を狙う。病のふりを続ける皇帝だが…。

暉州(きしゅう)から反乱軍を撤退させた王儇と蕭キ(しょうき)。しかし、すぐに反乱軍を倒しに出発する蕭キは、王儇に自分の短剣を渡し、宋懐恩(そうかいおん)を護衛に残す。

王儇は侍女の蘇錦児(そきんじ)と久しぶりの再会を喜ぶ。蘇錦児は皇太子妃、謝宛如(しゃえんじょ)の命令どおり、王儇のお茶に毒を入れる。

病のふりを続ける皇帝は、皇后が指示する薬を飲まないようにしていた。

ドラマ「上陽賦」第13話 あらすじ ネタバレ キャスト

王儇(阿嫵)は、父の皇族への恨みの理由と兄の婚姻の経緯を知る。

王儇は母、馬瑾若(ばきんじゃく)がいる寺を訪ね再会する。そこで父、王藺(おうりん)が過去のある出来事以来、皇族を恨んでいることを聞かされる。さらに兄、王夙(おうしゅく)と桓ヒツ(かんひつ)の婚姻の経緯も知ることに。

王藺は、皇帝の側近の温宗慎(おんしゅうしん)を逆賊として告発し投獄。

皇后に宮殿から追い出された皇帝の侍従、薛道安(せつどうあん)は、なんとか皇帝を守ろうとする。

王儇は皇后に会いに行くと、薛道安が襲い掛かり、侍女・玉秀が刺される。王儇は皇后を身を挺して庇う。薛道安はその場で警護兵に殺される。

全体ストーリ

中国の架空の国を舞台に、帝位を巡る陰謀と策略のなかで、王妃・チャン・ツィイーが帝位を巡る陰謀と策略のなかで、気高く生きる。

 月~金月~木 土   日
朝ドラ
NHK 総合 8:00~,12:45~
BSプ 7:30~
夜ドラ
NHK 総合 22:45~23:00 
ドラマ10
NHK総合 22:00
土曜ドラマ
NHK 総合 22:00 
NHK 総合

BSプレミアム

舞いあがれ!/福原遥作りたい女と食べたい女/比嘉愛未(10)11/29~拾われた男/仲野太賀(10)
20:00
大河ドラマ 鎌倉殿の13人/小栗旬(39)
21:00
上陽賦 運命の王妃(42) 
らんまん/神木隆之介
2023春~
ワタシってサバサバしてるから/丸山礼(20)1/9~大奥
2023.1月~
ひきこもり先生シーズン2/佐藤二朗(2)12/17~ 23:00
DOC(ドック)あすへのカルテ(16)
22:00
八日目の蝉/壇れい(6)

NHK連続ドラマ一覧 ネタバレ キャスト あらすじ