『となりのチカラ』あらすじ ネタバレ キャスト/松本潤

『となりのチカラ』とは

妻と二児を持つライター・松本潤が、同じマンションに住む住人たちの悩みを解決!

テレビ朝日 木曜 21:00 1月20日~

脚本:遊川和彦
『家政婦のミタ』『はじめまして、愛しています。』『過保護のカホコ』

『となりのチカラ』キャスト

中越チカラ(なかごし・ちから) 松本 潤
 妻と二人の子を持つ父親。自称小説家。 
中越 灯(なかごし・あかり) 上戸 彩
 チカラの妻で12歳の娘・愛理と10歳の息子・高太郎の母親
木次 学(きつぎ・まなぶ) 小澤征悦
 中越チカラ一家のお隣に住む、エリート会社員。
木次達代(きつぎ・たつよ) 映美くらら
 木次学の妻。
マリア(まりあ) ソニン
 チカラ一家の真下に住む。
上条知樹(かみじょう・ともき) 清水尋也
 「少年A」という噂のある青年。
柏木託也(かしわぎ・たくや) 長尾謙杜
 祖母の清江と暮らす高校3年生。
本間奏人(ほんま・かなと) 勝地 涼
 チカラが代筆を手掛ける著名人のエッセイなどの担当編集者。
マスター 夙川アトム
 カフェ「Mukaino Cafe」の店主。
星 譲(ほし・ゆずる) 浅野和之
 マンションの管理人。
柏木清江(かしわぎ・きよえ) 風吹ジュン
 高校3年生の孫と2人で暮らす。
道尾頼子(みちお・よりこ) 松嶋菜々子
 お隣に住む女性。

『となりのチカラ』第1話 あらすじ ネタバレ

東京のとある郊外に建つマンション。そこに、小説家・中越チカラ(松本潤)と妻の灯(上戸彩)、そして娘の愛理(鎌田英怜奈)と息子の高太郎(大平洋介)という1組の家族が移り住んでくる。

優柔不断で困っている人を放っておけない性格の夫とテキパキしっかり者の妻に、ちょっぴり大人びた姉と無邪気な弟。そんな一家がやってきたマンションには、とても個性豊かな住人たちが暮らしていた。

さっそくチカラが遭遇したのは、全身を「今日のラッキーカラー」でまとめた隣人・道尾頼子(松嶋菜々子)。階下には複数の男性が出入りする謎の女性(ソニン)の部屋がある。

ワケありそうな管理人の星譲(浅野和之)から「601には連続幼児殺人事件の犯人・少年Aが住んでいる」と聞かされる。
いろいろと思いを巡らすチカラに、灯は「ご近所のことに首を突っ込まないように」と諭す。

引っ越しから数日経ったある日、隣の部屋から悲鳴が。灯の忠告を思い出し、やや躊躇するチカラだったが、”引っ越しのご挨拶”を口実に、意を決して部屋を訪れてみる。
風呂場に大きな蜘蛛が出て悲鳴をあげたのだったので、代わりに駆除する。

そこは、エリート会社員の木次学(小澤征悦)と妻・達代(映美くらら)、娘・好美(古川凛)が仲良く暮らす家だった。
チカラは帰宅した木次に見覚えがあるが思い出せない。

マンションの前のカフェで仕事を始めると、ベランダ越しに隣人たちの様子が見えてつい観察してしまう。

ブランコで絵を描いている好美に声をかけると、管理人から近所から「ブラブラしていて怪しい」と噂されていると注意される。

隣で大声がする。虐待を心配するチカラに灯が「これ持って行って」と夕食に作った唐揚げを差し出す。

学が玄関に出て唐揚げを差し出すと受け取る。ゲームで大声を出していたというが手が濡れていた。怪しんで中に入ると好美が着物を着て浴槽の水の中にいた。
チカラはおもちゃ売り場でぬいぐるみを買っていたを目撃していたのを思い出す。「その時に子供思いのパパの様子に感動した」と学に伝え部屋に戻る。

虐待を確信した辰代チカラはブランコで絵を描いている好美に手旗を渡し、困ったことがあったら「助けて」のサインを送れと話す。
部屋に戻った好美は「ありがとう」の信号を送る。

上階から物音がして駆けつけると、「強盗がいる」と言われ中に入ると若い男がいる。

『となりのチカラ』第2話 あらすじ ネタバレ

ある朝、のんびり朝食をとっていた中越チカラ(松本 潤)一家は、上の部屋から「助けて!」という声を聞く。

「様子を見に行こうかどうしようか」とチカラが中腰になって悩んでいたところ、「どうせ行くんでしょ」と灯(上戸彩)に背中を押され、チカラは上の階へ駆けつける。

廊下に出てきた503号室の柏木清江(風吹ジュン)が「うちに知らない男がいるの。きっと強盗よ」と訴えてくる。恐る恐る部屋に入ったチカラだったが、そこにいたのは清江の孫の託也(長尾謙杜)だった。

チカラがその状況に戸惑っていると、託也は突然強盗のフリをし始め、そのまま部屋を出ていってしまう。
高校生の託也は両親を亡くし祖母と暮らしていた。最近、清江の認知症が進んだと説明し、このことは内緒にしてくれと頼まれる。

娘はゴーストライターの父親の仕事に懐疑的だ。

清江は託也が避けているとチカラに相談する。清江は小学校の教師をしていた。託也は小学校の教師になるのが夢だ。
カフェで住民を観察する。大声で電話をしている男がいた。女性が注意する。好美が手旗信号を送る。

住民たちのためにホームパーティーを企画するが、灯は反対する。灯はエレベーターで出会った清江が唐揚げの材料を買い忘れたのに同情し、託也と家に呼び唐揚げをごちそうする。

強盗と間違えたことを話すと機嫌を損ねて帰る。
娘の愛理(鎌田英怜奈)はチカラが人にかまうのは自分の問題を避けようとしているからだと指摘する。

清江の家の台所から火が出て、チカラが駆けつけて消化する。託也は大学受験を諦めるという。清江がいなくなり灯と辺りを辺りを探す。灯はチカラが他人をかまう習性は、両親を亡くしたとき話をよく聞かなかったのを後悔しているからだと理解している。

橋から飛び降りて自殺しようとしている清江を発見する。チカラは過去に足をくじいた清江を背負ったことを思い出す。思いとどまった清江を背負って家まで届ける。

託也は日頃の不満を爆発させる。チカラは託也に寄り添う。

根本的な問題は解決しない。付箋に行事を書いて届ける。託也はチカラと同じようにメモを書き出して壁に貼っていた。そこには「困ったらチカラに連絡する」というメモを見せられ、チカラは受け入れる。

参観日で駆けつけると、愛理が他人の世話をして悩む父を称える作文を読んでいる。

女性が「助けてください」と部屋に飛び込んでくる。

『となりのチカラ』第3話 あらすじ ネタバレ

ある夜、突然中越家にやってきた303号室のマリア(ソニン)。「アブない男におそわれたので、かくまってほしい」という彼女を中越チカラ(松本潤)と灯(上戸彩)が部屋に招き入れたところに、「マリアの客だ」と名乗る男が乗り込んでくる! どうやらマリアは303号室でベトナム式のエステ店を営んでいるようで、男はそこを“いやらしいサービスをする店”と勘違いしてやってきた上、何もサービスされないことに逆上した様子だ。

灯の機転でどうにか男を追い払い、マリアの話を聞いたチカラは、彼女が外国人技能実習生として介護関係の会社に勤めていたものの、妊娠を理由に解雇されたことを知る。マリアから、「お腹の子どもの父親でもあるその会社の課長は、子どもが出来た途端会ってもくれなくなった」と聞き、灯は怒り心頭。「日本と日本の男性はいつからこんなに冷たくなったの?」という問いに、やっぱり《中腰》になってしまったチカラに、マリアは愛想を尽かし出ていってしまう。

どうにかマリアの力になってあげたいチカラだったが、あの夜以来“日本の男性代表”としてすっかりマリアには嫌われてしまったよう。 そんな中、マリアが部屋の退去を命じられる。

お腹の子どものことも誰にも相談できず、部屋まで追い出されそうなマリアのために、子どもの父親・芝田(渡辺大)に会ったチカラは、その最低とも言える物言いを目の当たりにしてしまう。「子どもは堕ろす」と宣言するマリアに、チカラはどう声をかけてあげればいいかわからない。

『となりのチカラ』第4話 あらすじ ネタバレ
『となりのチカラ』第5話 あらすじ ネタバレ
『となりのチカラ』第6話 あらすじ ネタバレ
『となりのチカラ』第7話 あらすじ ネタバレ
『となりのチカラ』第8話 あらすじ ネタバレ

全体ストーリー

「大丈夫ですか? 何かありました?」と、隣人につい声をかけてしまう小説家・中越チカラ(松本潤)。

チカラが発する些細な一言をきっかけに、人と人が繋がり始め、世界はほんの少しずつ優しさを取り戻していく。

 

DCU/阿部寛ミステリと言う勿れ/菅田将暉相棒20/水谷豊科捜研の女21/沢口靖子駐在刑事3/寺島進逃亡医F/成田凌
TBS
21:00
フジ
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
20:00
テレ東
20:00
日テレ
22:00
真犯人フラグ/西島秀俊ドクターホワイト/ 浜辺美波ファイトソング/清原果耶ムチャブリ!/高畑充希となりのチカラ/松本潤妻、小学生になる /堤真一
鹿楓堂よついろ日和/小瀧望
日テレ
22:30
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
テレ朝
21:00
TBS
22:00
テレ朝
23:30
ユーチューバーに娘はやらん!/佐々木希ゴシップ/黒木華愛しい嘘/波瑠おいハンサム!!/吉田鋼太郎
テレ東
23:06
フジ
22:00
テレ朝
23:15
フジ
23:40