金曜ドラマ「インビジブル」 ネタバレ あらすじ キャスト/高橋一生

金曜ドラマ「インビジブル」 とは

刑事・高橋一生と犯罪コーディネーター(インビジブル)・柴咲コウがバディを組み凶悪犯に立ち向かう。

TBS 金曜ドラマ 22:00 4月15日~

脚本:いずみ吉紘
『ROOKIES』『南極大陸』『クロコーチ』

「インビジブル 」キャスト

志村しむら 貴文たかふみ … 高橋一生
キリコ(インビジブル) … 柴咲コウ
磯ヶ谷いそがや 潔きよし … 有岡大貴
五十嵐いがらし 夏樹なつき … 堀田 茜
犬飼いぬかい 彰吾しょうご … 原田泰造
猿渡さるわたり 紳一郎しんいちろう … 桐谷健太
近松 延武 … 谷 恭輔
安野 東子 … 大野いと
沢渡 万太郎 … 板垣李光人
岸 幸介 … 西村元貴
朝倉 環 … 結城モエ
芝本 菜穂 … 田中真琴
野間 昇太郎 … 村井良大
塚地 敬一 … 酒向 芳

「インビジブル」 第1話 あらすじ ネタバレ キャスト

渋谷の駅前広場で、多数の負傷者が出る爆発事件が発生した。警視庁刑事部特命捜査対策班の警部補・志村貴文(高橋一生)が応援を待つ中、街頭ビジョンには謎の男からの新たな爆破予告映像が流れると、「私が欲しいのは、志村貴文」と告げ、次の爆破の情報と引き換えに志村の身柄を要求してきた。

志村が指定された場所に行くと、待っていたのは謎の女・キリコ(柴咲コウ)。キリコは、街頭ビジョンをジャックしたのは自分だと告げ、再び爆発事件が起こると予告する。さらに、実行犯は“花火師”と名乗る爆破の専門家で過去に事故として処理されたいくつかの爆発事件も花火師の仕業だと言う。キリコの言葉を信じられない志村だが、さらなる爆破を阻止するために、警察庁監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)や捜査一課課長・犬飼彰吾(原田泰造)の制止を振り切り、キリコと共に行方をくらませる。

キリコの証言を受け捜査一課では、猿渡や犬飼らを中心に、不審者の捜索とキリコが挙げたいくつかの事故の洗い直しを行うことに。するとその事故の一つに、凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”の関与が疑われていたことが判明する。

志村はキリコのアジトで事件の情報を知る。警察が包囲してキリコを捕らえる。

警察は花火師が元記者で募金団体・恵みの会に恨みのある安孫子の依頼でショッピングモールにラジカセ爆弾を仕掛けたと捜査を開始する。

逮捕されたキリコは志村以外には話そうとしない。志村はキリコの助言で、爆破を依頼したのは安孫子でなく恵みの会の小野塚であることが分かる。
志村は花火師を発見し、仕掛けられた爆弾の着火寸前で安孫子を抱きかかえ窓から脱出させる。

逮捕されたキリコを志村が取り調べる。
3年前の通り魔事件で志村が上島を殴った事件はキリコが仕込んだものだった。さらに「未解決事件に関する情報を提供する代わりに手を組もう」と持ち掛けられる。志村の後輩を殺した犯人を教えると言う。

「インビジブル」 第2話 あらすじ ネタバレ キャスト

未解決事件に関する情報を提供する代わりに手を組もう。取引を持ち掛けてきたキリコ(柴咲コウ)の真意を、志村(高橋一生)は測りかねていた。するとキリコは次に起こる事件を示唆し、ある動画チャンネルのライブ配信をチェックするよう伝える。その映像を見た捜査一課課長の犬飼(原田泰造)らは驚く。観光PRを頼まれたという大学生キャンパーたちが掘っていた地中から、大量の人骨が出てきたのだ。

遺体は6人の若い男女。キリコによると、殺したのは少年少女を食い物にする“調教師”と呼ばれるクリミナルズだという。ライブ配信をした大学生たちを署に呼んで事情を聞いていると、人権派の弁護士・智寿子(久本雅美)が駆け付け、彼らの弁護を担当すると申し出る。

志村は犬飼の指示でキリコを留置場からVIP待遇の特別施設“民宿”に移送する。2人の関係を怪しむ監察官の猿渡(桐谷健太)は志村に呼び出しをかけるが、志村は“調教師”に関わる重要な情報をキリコから聞き出していた。

殺された6人は未解決事件の被疑者だった。千寿子の勤める青少年厚生施設で事情を聞く。

施設から出た井波海斗が就職先から消えていた。捜査を止められた志村は独自にアジトを突き止めるが、逃げられてしまう。

民宿に拘束されているキリコは井波は調教師に殺されたと告げ、密かに暗殺の依頼のメールを送る。
アジトの指紋から千寿子の娘が検出される。娘は調教師に殺される。千寿子は「バカだね警察に見つかったあんたが悪いんだよ」と呟く。

調教師の千寿子は集団で民宿のキリコと志村を襲う。志村が追いつめられるとキリコが現れ、手首のインビジブルを見せると千寿子は動揺し乱戦になる。志村は小麦粉をまき散らし爆破する。
千寿子は逮捕される。

キリコのお蔭で事件が解決した。
殴られて意識を失った志村が目覚めると、ナイフを持たされ、傍らに女性が死んでいた。
警察が志村を拘束する。
キリコはほくそ笑む。

「インビジブル」 第3話 あらすじ ネタバレ キャスト

志村貴文(高橋一生)が女性殺害の容疑で逮捕された。間もなく容疑は晴れたが、キリコ(柴咲コウ)によると、女性を殺してショーウィンドウに展示したのは「演出家」と呼ばれるクリミナルズで、遺体をアート作品に仕上げて展示するのが趣味だという。

キリコは「演出家」がすでに次の殺害を請け負っていることを予告し、「演出家」を捕らえる為に志村にある作戦を持ち掛ける。キリコが持ち掛けた危険な作戦に乗り、捜査一課課長の犬飼彰吾(原田泰造)は、志村を殺人罪で逮捕したと嘘の公表をする。

志村とキリコの動向に対して、全てが気になる監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)は、磯ヶ谷潔(有岡大貴)と五十嵐夏樹(堀田茜)の捜査に同行する。

キリコは、知り合いでハッカーのラビアンローズ(DAIGO)に「演出家」の動向を探るように依頼する。ラビアンローズからの情報「銀座、茶色のワゴン車、明日の夜」を元に、磯ヶ谷らが銀座で張り込む。

地下駐車場でナイフで刺された死体が遺棄される。警察は犯人を取り逃がしてしまう。

志村は犯人が高級ドラッグを使用していることが分かり、売人を知っているキリコと訪ねる。顧客リストを宝石と交換する。

志村は顧客をしらみつぶしに探し出し、荒っぽく殴りつけて白状させる。

磯ヶ谷とある邸宅に忍び込むとナイフのコレクションが壁に飾られている。ナイフを持った演出家が現われ、殴り倒される。志村はプールに電流を流し演出家を感電させ逮捕する。

演出家に殺人を依頼していたのは大学病院の大和田院長だった。

「インビジブル」 第4話 あらすじ ネタバレ キャスト

オークションに行く前の準備

捜査三課長の大貫(松下由樹)から捜査一課に捜査協力を求める連絡が入る。同一犯と見られる絵画盗難事件が相次ぎ、真相を探るため志村(高橋一生)を通じて、インビジブルのキリコ(柴咲コウ)の力を借りたいという。

志村から事件の概要を聞いたキリコは、窃盗団モンキーズが関与していると告げ、彼らが次のターゲットに50億円の高額絵画「ナンバーX」を狙っていると予告。キリコは志村に彼らが盗品を出品している闇オークションへの潜入捜査を持ち掛ける。

若い女性が被害者となった通り魔事件で使われた凶器のナイフが発見される。捜査一課長の犬飼(原田泰造)に呼び出されてナイフを見た志村は、3年前に同僚・安野(平埜生成)の命を奪った時、見たのと同じだと確信する。

「公園、OL、ナイフ」と呟いて捜査に行こうとすると、監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)に制止される。

志村にキリコは、絵画盗難事件と3年前の事件には繋がりがあると告げる。

キリコの部屋に届いた絵が「ナンバーX」だった。警視庁の倉庫に「ナンバーX」を移動する。
電気が消えて窃盗団モンキーズが侵入する。志村は非常用電源を入れるが絵を盗んで逃げられる。

キリコが招待されている闇オークションに二人で盛装して行く。警察は突入の準備をする。
「ナンバーX」が出品され90億で落札されると、警察が入りこみ志村が犯人を捕らえる。
「ナンバーX」が持ち逃げされるが、誰かに殺される。キリコは絵に仕組まれていたインビジブルのリストが入ったチップを抜いていた。黒幕はオークションに現れなかった。

通り魔の容疑者が逮捕され、猿渡が取り調べる。3年前の事件も自供する。依頼したのはインビジブルだと言う。

志村はキリコに説明を求める。

「インビジブル」 第5話 あらすじ ネタバレ キャスト

3年前の事件にキリコ(柴咲コウ)は本当に関与しているのか・・・。

腑に落ちない志村(高橋一生)は、「インビジブルに頼まれた」と証言した武入(鈴之助)に再び会い、彼が通り魔事件の犯人ではないという確信を得る。

その武入が検察への護送中に何者かに連れ去られてしまう。

犬飼(原田泰造)は上層部からインビジブルを切るよう指示されていた。ところが、当のキリコは民宿から行方をくらましていた。
やはりキリコと武入はつながっているのか。二人の緊急配備が敷かれる。

志村は、鑑識の近松(谷恭輔)の協力で、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る「逃がし屋」の存在を聞き、武入を連れ去った「逃がし屋」に接近する。

警察の監視下から脱出したキリコが、護送中の武入を連れ去った。
“キリシマ”と呼ばれる謎の人物と接触しようとする武入を、キリコはホテルに匿う。

志村は、キリコと武入が滞在するホテルを突き止めると彼女にキリシマという人物の存在を問いただす。

志村とキリコは、武入とキリシマを追うために再び手を組む。
電波ジャックをして、包帯に覆われた謎の人物が姿を見せる。
謎の人物は、キリコが持っている“クリミナルズのリストが入ったデータチップ”と連れ去った武入の交換を要求する。

武入を奪還したもののデータチップの情報を渡してしまった志村とキリコ。
2人の前に、男が現れ竹入を銃で撃ち「僕が本当のインビジブルですよ」と言い放ち、右手首のタトゥーを見せる。
その男に対してキリコは「キリヒト」と呼びかけ「彼の名前はキリヒト。私の弟」と打ち明ける。

「インビジブル」 第6話 あらすじ ネタバレ キャスト

本当のインビジブルは、キリコ(柴咲コウ)の弟・キリヒト(永山絢斗)だった。

姉を取り戻すために突然姿を現したキリヒトは、安野(平埜生成)が殺害された3年前の事件も自分がコーディネートしたと志村(高橋一生)に告げる。
現在進行中の事件をほのめかし、今回依頼されたターゲットのうちの一人でも救うことができたらキリコを諦めると言い残し、去っていく。

キリヒトを捕まえれば、いくつかの未解決事件の真相が解明され、新たな犯罪を食い止めることもできると緊急配備による捜索を強化する警察。

キリヒトの予告通り新たな犠牲者1人が発見される。その残忍な手口を聞いたキリコは、医師免許を持つ「ドクター」の仕業だと志村に告げる。
磯ヶ谷(有岡大貴)と夏樹(堀田茜)が被害者の身辺を調べると、同様に命を狙われそうな人物2人が浮上する。

経産省の役人がドクターにより毒殺された。
次のターゲットの建設会社社長を保護しようとすると逃げられる。志村は社長を追跡すると、ドクターの病院に入りこんで縛られていた。
社長は手抜き工事の発覚を恐れ、インビジブルに2人の殺人と自分に保険を掛けて殺人を依頼していた。

志村は背後から殴り倒され、ドクターから毒薬を少しづつ注射される。
キリコは民宿を抜け出し、キリヒトと会いデータを交換して、代わりにドクターの家を教えてもらう。病院に駆けつけて注射を打たれている志村を救う。

キリコは志村にキリヒトを更生させたいと伝える。志村は協力することを約束する。

「インビジブル」 第7話 あらすじ ネタバレ キャスト

キリコ(柴咲コウ)は「捜査一課内にインビジブルと繋がっている人間がいる」と言う。
志村(高橋一生)はキリコの言葉を心に留め、キリヒト(永山絢斗)の捜索にあたる。

キリヒトはクリミナルズの「シノビ」を使い、暗殺計画を立てていた。次なるターゲットがIT企業のCEO・早坂(横山めぐみ)と睨んだキリコは、志村に早坂のSPになるよう持ち掛ける。彼女を守りながら、内通者に邪魔されずにクリミナルズを調べるためだ。

監察官の猿渡(桐谷健太)が上層部に掛け合い、志村はSPのチームリーダー・神岡(山田純大)指揮のもと早坂の警護にあたる。

犬飼(原田泰造)は「シノビ」の犯行と類似した過去の毒物事件や関連機関を調べるよう指示を出す。すると、捜査線上に浮かんだ関係者が次々と事故や不審な死を遂げていた。

キリコは内通者として捜査一課長・犬飼(原田泰造)を疑う。
早坂を民宿に異動させてキリコと警護を固める。
早坂が単独で抜け出し料亭で襲われるところを先回りしていた犬飼が救う。
その場で死んだ犯人は「シノビ」ではなかった。

早坂の出席するレセプションが開かれる。キリコは早坂のパートナーに会い、早坂を狙っていると追求するとステージで殺すと白状する。
連絡を受けた志村は会場でシノビと格闘して取り押さえる。

犬飼が路上で襲われ死亡する。

「インビジブル」 第8話 あらすじ ネタバレ キャスト

捜査一課長・犬飼(原田泰造)の死亡が、副総監の牧野(羽場裕一)から発表された。当面の間、捜査の指揮は猿渡(桐谷健太)が執ることに。志村(高橋一生)は、犬飼が内通者を極秘で調べていたためインビジブルに殺されたと猿渡に訴える。キリコ(柴咲コウ)も、犬飼の死に弟のキリヒト(永山絢斗)が関わっていると知り、心を痛めていた。

キリヒトは正体を偽って東子(大野いと)をライブハウスに連れ込み、「興行師」を使った新たな犯罪を画策。「興行師」とは、ターゲットを殺す瞬間をショーにして依頼人に配信するクリミナルズだ。ターゲットは東子を含む3人。そのショーのライブ配信の招待が、キリコと捜査一課にも届く。

「インビジブル」 第9話 あらすじ ネタバレ キャスト
「インビジブル」 第10話 あらすじ ネタバレ キャスト

全体ストーリー

警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪。裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”キリコ(柴咲コウ)。その存在は警察内部でも一部の人間しか知られない。

インビジブルが突如、自身が関わってきた未解決事件や凶悪犯罪者の情報を提供し、犯人逮捕に協力すると警察に申し出る。
条件はたった一つだけ。捜査一課から左遷された刑事・志村貴文(高橋一生)を担当にすることだった。

2022春ドラマ番組表

マイファミリー/二宮和也元彼の遺言状/綾瀬はるか
特捜9(5)/井ノ原快彦未来への10カウント/木村拓哉
TBS
21:00
フジ
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
21:00
金田一少年の事件簿/道枝駿佑恋なんて、本気でやってどうするの?/広瀬アリス持続可能な恋ですか/上野樹里悪女(わる)/今田美桜やんごとなき一族/土屋太鳳インビジブル/高橋一生 柴咲コウパンドラの果実/ディーン・フジオカ
日テレ
22:30
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
ナンバMG5/間宮祥太朗家政夫のミタゾノ-5/松岡昌宏妖怪シェアハウス/小芝風花
テレ東
23:06
フジ
22:00
テレ朝
23:15
テレ朝
23:00