金曜ドラマ「最愛」 あらすじ ネタバレ キャスト/吉高由里子

金曜ドラマ「最愛」 とは

「真田ウェルネス」の社長・真田梨央(吉高由里子)は、“世界を変える100人の30代”に選ばれる気鋭の実業家。その彼女が、かつて心を通わせた宮崎大輝(松下洸平)と15年ぶりに再会した時、大輝は刑事、梨央は殺人事件の重要参考人だった。

TBS 金曜ドラマ 22:00 10月15日~

脚本:奥寺佐渡子  清水友佳子
   『リバース』

「最愛 」キャスト

真田さなだ 梨央りお … 吉高由里子
 新薬の開発を行う「真田ウェルネス」の代表取締役社長
宮崎みやざき 大輝だいき … 松下洸平
 梨央を追う刑事
橘たちばな しおり … 田中みな実
 フリーライター
真田さなだ 梓あずさ … 薬師丸ひろ子
 梨央の母
朝宮あさみや 達雄たつお … 光石 研
 梨央の父
後藤ごとう 信介しんすけ … 及川光博
 梨央の会社の専務
加瀬かせ 賢一郎けんいちろう … 井浦 新
 弁護士
桑田仁美 … 佐久間由衣
 刑事
真田政信 … 奥野瑛太
 社長
渡辺昭 … 酒向芳
 康介の父

「最愛」 第1話 あらすじ ネタバレ

15年前の2006年、岐阜県白川郷。真田梨央(吉高由里子)は東京の大学の薬学部に進学を希望する高校3年生だった。
梨央は白山大学陸上部男子寮の寮夫として忙しく働く父・朝宮達雄(光石研)に代わり、弟・優(柊木陽太)の面倒をよく見る、寮の看板娘だった。

その梨央が恋心を抱いていたのが、白山大学陸上部のエースである大輝(松下洸平)。
彼が出場する駅伝の地区選考会に駆けつけ、精一杯声援を送る梨央。大輝はトップでテープを切り優勝する。
大輝もまた梨央に思いを寄せており、彼女の推薦入試が終わったら告白しようと決めていた。

弟の優は興奮すると記憶がなくなる病気だ。喧嘩で友達にけがを負わせても思い出せない。

ある日の夜、達雄が留守にしていた寮で顔見知りの薬学部の男・渡辺康介が入り込む。
梨央が明け方起きると隣に男が寝ていた。
その間の記憶がない。
洗濯機には血のついた衣類があった。
父は寮でトラブルがあったと言う。

梨央は東京に薬学部の入試を受けに行く。

優が家に戻ると父がソファーに座ったまま亡くなっていた。
渡辺康介の父・昭(酒向芳)が、息子が失踪したと探しに来る。
梨央はゴミ袋から血痕のついたあの夜着ていた自分のシャツを見つけ、焼却する。
父が言い残した「トラブル」が気になる。

父の葬儀に母・真田梓(薬師丸ひろ子)から大金の香典が届く。
落ち込んだ梨央は大学進学を断念する。そして大輝を避けるようになる。

優は祖母と二人で暮らせるといい、姉に大学進学を勧める。
大輝は梨央に好きだと告白し抱き寄せると泣きだされてしまう。
心配しつつ全国大学駅伝大会に参加する。
梨央が東京の大学に行く日、母・梓は、弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)を迎えに行かせる。

梨央は大輝が走る姿を見つけ車外に出て応援する。
走り終えた大輝は梨央を追いかけるが姿はなかった。

梨央は母が経営する高層オフィスの会社へ行く。
母からこれで真田ファミリーの一員になったと言われる。

15年後、渡辺康介の白骨遺体が派遣される。
さらに世田谷区の池で父・渡辺昭の遺体が発見される。
担当する刑事は大輝。
捜査線上に昭が訪ねていた真田ウェルネスが浮かび上がる。
更に現場近くの防犯カメラに理央が発見される。

梨央と対面すると、「はじめまして」と見知らぬふりをされる。
大輝は「御社を訪問した男の遺体が見つかった」と伝える。

「最愛」 第2話 あらすじ ネタバレ

思わぬ形で15年ぶりに再会した梨央(吉高由里子)と大輝(松下洸平)。大輝は梨央に任意同行を求め、遺体で発見された昭(酒向芳)との関係や、昭の息子・康介(朝井大智)の遺留品についてきく。

会社に戻った梨央に、専務の後藤(及川光博)はフリー記者・しおり(田中みな実)から入手した写真を見せ、昭との関係を追及する。
梨央を心配する弁護士の加瀬(井浦新)は、今後は一人で警察と会わないよう約束させる。

捜査資料から、梨央が今も変わらずに新薬開発の夢を追いかけていることを知る大輝。
刑事として今回の殺人事件と15年前の事件のつながりを調べる。

14年前の2007年。
真田家での生活になじめずにいた梨央は、兄・政信(奥野瑛太)との対立や弟の優(柊木陽太)と自由に連絡が取れないなど、慣れない生活を送っていた。
そのような中でも加瀬の支えによって何とか大学には通っていた梨央だが、久しぶりに再会した優から衝撃的な真実が明かされる。

「最愛」 第3話 あらすじ ネタバレ

大輝(松下洸平)から「友達として話をしたい」と言われた梨央(吉高由里子)は、近所の馴染みの鉄板焼き店へ行く。
ぎこちないながらも昔のような空気が2人の間に流れ、梨央は事件当夜柴池公園で昭に会ったことを話す。

署に戻った大輝は、梨央の足取りを付近の防犯カメラで確認する。彼女の話に矛盾はなく、相棒の桑田(佐久間由衣)も梨央は犯人ではないと感じるが、同時にどこか煮え切らない大輝の態度がひっかかる。

「真田ウェルネス」に一通の脅迫メールが届く。
後藤(及川光博)は事業説明会の中止を進言するが、新薬開発をなんとしても成功させたい梨央は「中止はしない」と断言し開催する。

優は殺人を犯したことを思い出し、失踪する。

梨央には説明会がアナリストやメディアに評価されて新薬が承認されれば、自分の前から突然姿を消した弟の優が戻ってきてくれるかもしれないという思いもあった。物々しい警備体制のなか、事業説明会が始まる。

ガードマンに変装した男がナイフを持って梨央を襲う。加瀬は犯人と揉み合い腕を刺され救急車で搬送される。大樹は犯人を取り押さえる。

犯人はウェルネスと競合するの製薬会社の経営者だった。
ウェルネスの株価は下がりだす。

昭に500万円渡した若い男の映像を見た大樹はある人物と重ねる。

「最愛」 第4話 あらすじ ネタバレ

事業説明会での騒動に加え、真田ウェルネスの疑惑を追及する記事のゲラが出回る。
後藤(及川光博)は梨央(吉高由里子)に社長としての資質がないといって責任を追及する。

後藤は会社の裏事情を嗅ぎ回るフリーライター・しおり(田中みな実)に不信感を抱き、彼女について調べるよう情報屋(高橋文哉)に指示を出す。しおりは後藤の不正経理を掴んでいた。

警察は殺人事件の被害者である昭(酒向芳)に500万円を渡した男の足取りを追っていた。大輝(松下洸平)は桑田(佐久間由衣)と共に真田ウェルネスを訪ね、梨央と加瀬(井浦新)に男の心当たりがないか、さらに事件当夜の加瀬の行動について聞く。

1本のネットニュースが梨央をさらなる窮地へと追い込む。「疑惑だらけの治験薬」という新薬の中傷記事が出る。親会社長の母(薬師丸ひろ子)は記事を見てほくそ笑む。
不安を感じた被験者が治験の中断を申し出る事態になる。
社内にも動揺が広がり、真田グループの株価にまで影響が出始める。

居酒屋で梨央と大輝は昔話をして懐かしむ。
理央は社長を辞めさせられかもしれないと愚痴る。
が・・すべてを打ち明けることができない。
帰り際「渡辺昭さん殺しとらんよ」とだけ告げ、胸の中に飛び込み涙を流す。

真田ホールディングスの役員会で中傷記事のゲラは公表されないことが確認される。
後藤は梨央の責任を追及する。創薬に24億円を投入した結果、資金が枯渇したと説明する。
梨央は弟のために創薬をしていると反論し、1年以内に成功させると反論する。

大輝は聞き込み中イヤホン男・誠を発見し追いかけるが、踏切で逃げられてしまう。
誠は大樹に携帯に捜査の手掛かりとなる動画をおくる。

優(=誠)はビルの屋上に梨央を呼び出す。「やったのはおれなんや」と告げる。

「最愛」 第5話 あらすじ ネタバレ

ついに再会を果たした梨央(吉高由里子)と弟の優(高橋文哉)。
優は9年間自分がどのような人生を歩んできたか、そして携帯電話の記録動画から自らの罪を打ち明ける。

高校生になって真田家で暮らしていた優。削除された画像を復元し自分が殺人したことが分かり家を出ていた。
優は姉の一番の敵は後藤だと知る。
梨央は優に記憶がないというが、記録は残っている。
梨央は優をホテルに警察から匿う。高校時代に面倒を見ていた加瀬(井浦新)は優と会う。

イヤホン男の住居を割り出した警察は、誠と真田ウェルネスとの関わりや、誠と優が同一人物であることも突き止めていた。さらに、大輝(松下洸平)は15年前に大麻事件を起こした元陸上部員の長嶋(金井成大)のもとを訪ね、事件当夜「外で叫び声が聞こえ、翌朝、達雄がしょんぼりしていた」と聴取する。

優は自首する前に梨央と白川郷に帰りたいという。

真田グループの情報を嗅ぎ回るしおり(田中みな実)について調査する加瀬(井浦新)は、後藤(及川光博)との接点を突き止める。

後藤は渡辺昭と接触していた。後藤は昭の息子は死んでいるか疑っている。

梨央は飛騨高山行きのバスに乗る。途中で優が乗車する。警察は尾行して泳がせる。
梨央と優は祖母と父墓参りをする。

加瀬はしおりにゴシップ記事を取り下げるように電話するが取り合ってもらえない。
しおりは取材中、不法侵入で捕らえられ車のトランクに閉じ込められる。

9年ぶりに優と里帰りした梨央は札束を渡し、「すぐに逃げて。またいつか会いに来て」という。
優は「逃げってばっかりだもん」と濁らせる。
実家で父のPCを探しだす。

警察は達雄の日誌を調べ事件に関与していると睨む。

優は寮にあった達雄のPCに動画を発見する。それは事件2日後のもので、「9月21日深夜渡辺康介を殺した。(実際は優が殺していたのを達雄が発見していた)山に車で運び鉄塔の下に埋めた。子供らに罪がない。息子は部屋で寝ていた。娘は記憶がない」と録画されている。

優は嘘だという。その様子を大樹が見ている。
大輝は「俺はお前と姉ちゃんが好きだった。困ったらいつでもかけつけると思っとった。なんもできんかったな」と口にしながら優に近づく。
優は連行される。それを梨央は追いかけようとするが大樹が引き留める。

後藤は車のトランクの中のしおりをみて「バカだなお前」という。

梨央は加瀬に「助けて」とメールする。

「最愛」 第6話 あらすじ ネタバレ

加瀬(井浦新)は、警察に連行された優(高橋文哉)と面会し、15年前の事件だけでなく昭(酒向芳)の殺害も自らがやったことだと告げられる。さらに、公園で昭と争った時の様子が小型カメラに記録されていることを聞き出し、その動画データを解析する。

優の処遇を心配し不安に怯える梨央(吉高由里子)。心配して訪れた加瀬から優が置かれている状況を聞き、励まされながら何とか眠りにつく。

梨央は優が逮捕されたことで後藤(及川光博)や兄・政信(奥野瑛太)から社長としての責任を追及される。

加瀬は民間の科捜研に依頼していた動画データを解析する。加瀬は警察の発見現場と事件現場が違うことを発見する。

大輝(松下洸平)ら警察も、優の証言による裏取をもとに現場周辺で聞き込みを進める。目撃情報から昭は優と揉み合ったあと生きていたことが分かる。

加瀬と大樹が提供したデータから、検察は優は無実だと認める。
優は釈放され、梨央と住む。
大輝は被告よりの捜査をし、職務に反する行動をしてしまった。
それを気遣う梨央は大輝と距離を置こうとする。しかし大輝は梨央への想いが断ち切れない。

後藤から口封じのために渡された大金を受け取らなかった、しおり(田中みな実)が梨央の自宅前に現れる。

「最愛」 第7話 あらすじ ネタバレ

梨央(吉高由里子)の前に現れたしおり(田中みな実)は、真田グループの不正について追及する。話が見えない梨央はその場を去るが、しおりが自分や優(高橋文哉)のことを昔から知っていたような口ぶりに違和感を抱く。

加瀬(井浦新)の尽力によって昭(酒向芳)の死には関与していないことが証明された優は、梨央と一緒に暮らしている。
加瀬の言葉で前向きに生きることを考えるようになり、新薬の治験を受ける決意をし、弁護士を目指す。

大輝(松下洸平)は捜査本部を外され、所轄の生活安全課に異動する。
桑田(佐久間由衣)は、15年前の事件の捜査から関係者として浮上したしおりと接触する。
15年前のある恨みが昭殺害事件につながった可能性があることを掴むが、しおりには事件当夜のアリバイがあった。

しおりは真田ウェルネスが経営する老人ホームに出入りし、真田グループの慈善団体への寄付金の不正流用を執拗に追う。
そんな彼女に対し、後藤(及川光博)は再び取材をやめさせようと出版社を買収しようとするが録音される。

しおりは「大学生のとき合宿所で康介に強姦され、非を認めない父・昭を殺した」と梨央に告白する。

後藤はしおりがマンションに帰るところを待ち伏せる。

「最愛」 第8話 あらすじ ネタバレ

しおり(田中みな実)の遺体が発見された。
現場の状況から雑居ビルからの転落と考えられたが、昭(酒向芳)殺害事件の参考人となっていたタイミングだったこともあり刑事・山尾(津田健次郎)は事件性を疑う。

出社した梨央(吉高由里子)は、秘書からしおりと後藤(及川光博)がもめていたようだと聞かされる。しかし、その後藤とは加瀬(井浦新)も前日から連絡が取れず、行方を掴めずにいた。

しおりが亡くなる前日、彼女と会っていたことで警察から事情聴取を受けることになった梨央。
そんな彼女を、捜査本部を外されて所轄の生活安全課に異動になっていた大輝(松下洸平)が訪ねてきた。大輝の母が送ってくれたという故郷の酒を飲む二人の間には穏やかな時間が流れ、とある約束を交わす。

しおりの周辺を捜査していた桑田(佐久間由衣)は、上司の山尾から、事件に関するネタを大輝からうまく聞き出すようはっぱをかけられる。気が進まない中、大輝のもとを訪ねる桑田はかつての相棒に捜査の協力を懇願する。

加瀬は梓(薬師丸ひろ子)と今後の策を練っていた。梓から後藤が向かうと思われる別荘を聞いた加瀬は、早速梨央と向かう。
そこに会社の資料を処分している後藤を発見し、連れ戻そうとするが逃げられてしまう。そこには10億円の札束が隠されていた。

大輝は梨央が持っていた記念品のペンが昭の殺人現場で発見されたものと同一であると確認する。

梓は別荘の倉庫に隠れていた後藤を発見し、入院させる。

「最愛」 第9話 あらすじ ネタバレ

昭(酒向芳)の遺体と一緒に池から発見されたウェルネスホームのペンは、梓(薬師丸ひろ子)が会社設立の記念品として作った特注品だった。持っているのは梨央(吉高由里子)、加瀬(井浦新)、後藤(及川光博)、政信(奥野瑛太)、梓の5人。
警察はその中の誰かが事件の時に落とした可能性があるとにらんでいた。

同じ頃、富山県警・藤井が、捜査一課からはずれた大輝(松下洸平)を訪ねて来る。いつものように軽口をたたくが、帰り際、藤井が何かを言いかけてやめたことに大輝はひっかかる。

政信が社長を務める真田ビジネスサービスの30周年記念パーティーの翌日、真田ウェルネスの寄付金詐欺疑惑と、しおり(田中みな実)の不審死に関する週刊誌のスクープ記事が出る。

後藤が会社に謝罪に来る。梓は記者会見をしないと伝える。後藤が席上で倒れる。
梓は警察の聞き込みにしおりと会ったと答える。
警察は梓が昭の殺人事件日にアリバイがないことを疑う。

加瀬は雑誌社に名誉棄損で訴えるといい、記事を止める。

テレビで真田ウェルネスの寄付金詐欺疑惑が報道される。梨央がマンションを出ると記者に囲まれる。梨央は梓の居所が分からない。

大樹は優に頼まれ梨央のマンションに行く。梨央は梓のことはよくわからないと告白する。

後藤は会社に復帰する。梓は加瀬に詐欺事件の真相を打ち明ける。

梓は梨央に電話で「後藤を大切にしなさい。薬の開発は諦めないで。私は母に向いていないようね」という。

梓は緊急記者会見を開き寄付金詐欺を認める。事件と梨央とのかかわりを否定する。
会見後、警察に出頭する。

後藤は自分がやったことだと言って警察に行こうとするが、理央が引き留める。もみ合った後藤は階段から転落し頭から出血する。
梨央は警察に同行を求められる。

大樹は後輩刑事・藤井から「15年前に事件現場にいましたよね」と告げられる。

「最愛」 第10話 あらすじ ネタバレ

しおり(田中みな実)の不審死に関する捜査を続ける大樹は、しおりの母から薬を変えていたことを知る。薬の効果で死亡推定時刻は3時間前に早まり、加瀬にアリバイがないことが分かる。

渡辺康介殺害に共犯者がいることが分かる。加瀬は達夫と梨央の学資援助を伝えるために白川郷に来ていて、殺人の現場に遭遇していた。

加瀬は渡辺昭が警察に行こうとするところに出会い、殺害していた。

加瀬はさらに、しおりが梨央の記事をだすことを止めさせるために階段から突き落としていた。

新薬は認可される。後藤は横領を認めて出頭する。梓の殺人の疑いは晴れる。

加瀬は梨央の前から姿を消す。警察は証拠が得られないため加瀬の逮捕状は出せない。

大樹は梨央に事件の真相を語らないが、梨央は薄々気付いている。

白川郷で墓参りを済ませ、手をつないで帰る。

TBS金曜ドラマ「最愛」の真犯人は誰?
15年前の夜、薬学部の男・渡辺康介は梨央を薬で眠らせて性的な暴行をしようとした。居合わせた弟の優は、康介を殺害する。家に帰った父が遺体を発見し、加瀬と山中に埋める。
康介の父・昭は息子が寮で失踪したことを知り、最後に話した梨央に会う。
記憶喪失症の優は殺害した記憶を取り戻し、梨央に迷惑をかけるのをおそれ失踪する。
昭が梨央に近づいたあと、優は昭と会い、池に突き落とし逃げる。が、殺していない。その直後に昭は加瀬に殺害される。
梨央の記事を出そうとした、しおりは加瀬に殺される。

警察は証拠不充分のため加瀬の逮捕状を取れていない。

日本沈没/小栗旬ラジエーションハウス2/窪田正孝相棒20/水谷豊科捜研の女21/沢口靖子らせんの迷宮/田中圭二月の勝者 /柳楽優弥
TBS
21:00
フジ
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
20:00
テレ東
20:00
日テレ
22:00
15.710.77.5
真犯人フラグ/西島秀俊アバランチ/綾野剛婚姻届に判を捺しただけ/清野菜名恋です!/杉咲花ドクターX 7/米倉涼子最愛/吉高由里子言霊荘/西野七瀬
日テレ
22:30
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
テレ朝
21:00
TBS
22:00
テレ朝
23:00
6.98.69.98.716.48.7
じゃない方の彼女/濱田岳SUPER RICH/江口のりこ和田家の男たち/相葉雅紀顔だけ先生/神尾楓珠
テレ東
23:06
フジ
22:00
テレ朝
23:15
フジ
23:40
6.9