ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」 ネタバレ あらすじ キャスト 最終回







ドラマ 「親愛なる僕へ殺意をこめて」 とは

連続殺人犯を父に持つ山田涼介は、自らが二重人格だった。
“もう1人の自分が殺人を犯しているかもしれない” と底知れぬ不安にかられる!

フジテレビ 水曜 22:00 2022年10月5日~

原作:井龍一 『親愛なる僕へ殺意をこめて』
漫画:伊藤翔太

脚本:岡田道尚 『マスカレード・ホテル』『LIAR GAME』

ドラマ 親愛なる僕へ殺意をこめて キャスト


浦島エイジ … 山田涼介
ナミ … 川栄李奈
雪村京花 … 門脇 麦
佐井 社 … 尾上松也
八野衣 真 … 早乙女太一
猿渡敬三 … 髙嶋政宏
桃井 薫 … 桜井ユキ
白菱正人 … 佐野史郎
浦島亀一 … 遠藤憲一
サトル…はじめしゃちょー

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第1話 あらすじ ネタバレ キャスト

浦島エイジ(山田涼介)は明京大学の2年生。「人生楽しんだもの勝ち。楽しければそれでいい」とお気楽な大学生活を送っているエイジだったが、実は仲間たちにもひた隠しにしてきた秘密があった。15年前に日本中を震撼させた連続殺人事件、通称『LL事件』の容疑者が、エイジの実の父親・八野衣真(早乙女太一)だったのだ。警察に追われた八野衣は、自ら火を放って自殺したが、「また殺す。LL」という謎のメッセージを残していた。

事件後、エイジは、八野衣の保護司だった浦島亀一(遠藤憲一)と珠代(阿南敦子)夫妻に引き取られ、息子同様に育てられた。少年時代はひどいイジメや嫌がらせに遭いながら生きてきたエイジにとって、唯一のやすらぎとなっていたのは、同じ大学に通う恋人・雪村京花(門脇麦)の存在だった。

何者かに惨殺された畑葉子という女性の遺体が河川敷で発見される。その殺害方法は、LL事件と酷似した残酷なものだった。かつてLL事件の捜査に当たった警視庁の管理官・猿渡敬三(髙嶋政宏)は、部下の桃井薫(桜井ユキ)らに捜査を指示する。

自宅アパートで目を覚ましたエイジは、足を滑らせた拍子に押し入れのふすまにぶつかる。すると、押し入れの天袋から1万円札が落ちてくる。天袋を開けてみると、そこにはバッグに入った大量の札束と、1台のスマートフォンがあった。不審に思いつつ大学へ向かったエイジは、知らない間に3日間も寝込んでいたことを知る。その間、エイジは、京花や友人たちにSNSで連絡を取っていたが、まったく覚えていなかった。

記憶がない10月19日から21日までの3日間、それは、葉子が失踪した日から、遺体で発見されるまでの期間でもあった。訪ねてきた桃井からその話を聞かされ、動揺するエイジ。桃井は「畑葉子は、お前の彼女だよな?」と、エイジが喫茶店で葉子と会っていた19日の映像を見せながら問いかける。

エイジはスマホの履歴から自分が2重人格であることに気付く。

エイジの元に、半グレ集団『スカル』のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也)から連絡が入り、LLの息子であることから入会させられる。

サイは、葉子やその友人だったナミ(川栄李奈)が働いているデートクラブ『アリス』を運営していた。

桃井薫の捜査線上に『スカル』が浮かび上がる。

『スカル』から現金を盗んだと仲間・ナムが疑われ拷問を受ける。

エイジは京花に一方的に絶縁を告げる。

ナミはエイジを訪れ、スタンガンで気絶させ葉子の復讐を伝える。エイジは「自分は2重人格で何も知らない」と答えると、ナミは去る。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第2話 あらすじ ネタバレ キャスト

浦島エイジ(山田涼介)は、半グレ集団『スカル』のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也)に呼び出され、彼らが根城にしているクラブを訪れる。そこには、傷を負ったナミ(川栄李奈)と、拷問を受けたと思われる男性の姿があった。
スカルの金を盗んだ犯人を追っていたサイたちは、その過程で、その男性とナミがこっそり付き合っていることを知ったのだという。

「大事な商品に手を出した」と怒るサイは、エイジにその男を拷問するよう指示。サイたちの信用を失わずにもう一人の自分である“B一”の情報を聞き出さなければならなかったエイジは、覚悟を決める。

解放されたエイジは、ナミと再会する。エイジは、改めて自分が二重人格であること、殺された畑葉子(浅川梨奈)と付き合っていたのはもう一人の自分であることを伝えた。ナミは、エイジの言葉を信じなかったが、葉子を殺した犯人に心当たりがあると言い出す。

葉子が失踪した10月19日、ナミは葉子と会う約束をしていた。葉子は「例の客と会うから帰るのは11時過ぎにくらいになる」と言っていたが、結局そのまま失踪していた。ナミは、「サイが厳重に管理しているデートクラブ『アリス』の顧客情報を盗み出せばその客にたどり着けるかもしれないとエイジに告げる。

同じころ、明京大学内では、エイジが連続殺人犯・LLの息子だといううわさが広まっていた。その声は、エイジの恋人・雪村京花(門脇麦)の耳にも届く。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第3話 あらすじ ネタバレ キャスト

帝東大学を訪れた浦島エイジ(山田涼介)とナミ(川栄李奈)は、教育学部教授の白菱正人(佐野史郎)に会う。白菱は、15年前に娘をエイジの父である「LL」こと八野衣真(早乙女太一)に殺されたという過去を持ち、LLへの憎しみと同時に、娘に売春をさせた組織に対しても強い怒りを抱いていた。

そんな組織をひとつでも潰すことが娘への償いだと考えた白菱は、葉子(浅川梨奈)を通じて出会ったもうひとりのエイジである“B一”と協力し、“サイ”こと佐井社(尾上松也)率いる半グレ集団『スカル』から6000万円もの金を奪っていた。それは、スカルが暴力団との覚せい剤取引のために用意していた金だったのだ。

スカルから金を奪った後、B一と別れて逃げようとした白菱は、駐車場で葉子に暴行を加え、彼女を連れ去るある人物の姿を目撃し、動画に収めていた。エイジたちに警察への通報を促された白菱は、証拠となるその動画を提出するために研究室を出ていく。

ところがそのとき、B一のスマートフォンにある動画が送られてくる。そこに映っていたのは、エイジの恋人・雪村京花(門脇麦)の姿だった。ナミは、激しいショックを受けているエイジに代わって白菱に連絡し、警察に行くのを止めさせる。すると、B一のスマホにサイからの連絡が入る。金を盗んだのはエイジだと確信していたサイは、「1時間以内に金を返しにこなければ雪村京花を殺す」と告げる。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第4話 あらすじ ネタバレ キャスト

浦島エイジ(山田涼介)は、半グレ集団『スカル』のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也)に拉致された恋人・雪村京花(門脇麦)を救出した。その際、エイジは、「僕は、本当に人を殺しているかもしれない」と告げ、二重人格であることをついに打ち明ける。京花は、そんなエイジのことを受け入れ、一緒にもうひとりのエイジである“B一”のことを調べると言い出す。

別の日、エイジは、ナミ(川栄李奈)からの電話で目を覚ます。だがそこは、入院していたはずの病院ではなく自宅アパートのベッドの上だった。ナミによれば、エイジは病院から突然姿を消したのだという。10月27日に病院に運ばれた後、10月28日から30日までの3日間、またB一になっていたことを知るエイジ。

その後、エイジはナミと合流。ナミは、エイジが頑張ってくれたおかげで『スカル』が潰れた、と言ってお礼を伝える。そこで初めて、『スカル』が一斉摘発されたこと、そしてサイが死んだことを教えられ、驚くエイジ。サイには、畑葉子(浅川梨奈)を殺害した容疑もかけられるという。「サイから葉子のこと、何か聞いたりしなかった?」と問われたエイジは、戸惑いながらも、葉子を殺したのはB一かもしれないと打ち明ける。それを聞いたナミは怒って去る。

京花はエイジが浦島(遠藤亀一)の養子になったのは父の保護司だったことを知る。
京花は、エイジと似た行動をするB-がいると疑う。

エイジは病院でB-が京花と一緒だと患者から言われる。
病院で京花を見かけるが本人は家にいたと否定する。医者はエイジに2重人格の八野衣エイジが治療を受けていると告げる。
エイジは京花の母から、京花は7歳のとき施設から引き取られて養子となっていて、精神が不安定だと知らされる。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第5話 あらすじ ネタバレ キャスト

浦島エイジ(山田涼介)は、恋人・雪村京花(門脇麦)の過去を知り、彼女の心の闇に触れる。エイジの父が殺した女性は京花の姉だった。それにより京花の母からの虐待から逃れられた。京花はエイジと同じ大学に入学して接近し、2重人格であることを発見した。
さらに、畑葉子(浅川梨奈)は買春をしていてエイジは殺そうとしていたこと、白菱は京花の実の父であることを話す。京花は虐待していた父を脅しサイから金を奪わせていた。

エイジはかつて京花に救われた時のように、今度は自分が彼女を救いたいと願うエイジ。
しかし京花は、畑葉子(浅川梨奈)を殺したのは自分が命じた白菱だとエイジに告げる。
白菱は罪に耐えかねて自らの命を絶っていた。
京花はエイジに父と同じ殺人鬼になって欲しいと言うが拒絶されて、エイジを殺すと告げる。

警察署を訪れたナミ(川栄李奈)は、葉子の事件を追う刑事の桃井薫(桜井ユキ)に、帝東大学教育学部教授・白菱正人(佐野史郎)の証言は嘘かもしれないと話す。
白菱は、葉子が半グレ集団『スカル』のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也)に連れ去られたと証言していた。だが、サイはエイジに、葉子は黒のミニバンに乗って逃げたと明かしていたのだ。ナミは、白菱の自宅に停まっていた黒のミニバンの写真を桃井に見せる。

同じころ、エイジは、京花に連れられて、古い集合団地を訪れる。黙って京花の後をついていき「C-302号室」に入るエイジたち。そこは、かつて京花が家族と暮らしていた部屋だった。

ナミは「C-302号室」に急行するとナイフを持ったエイジと京花と白菱の死体を発見する。エイジは窓から飛び出して逃亡する。
ナミはエイジから追いかけられていると助けを求められ拒否すると、ナイフで脅され車で逃走する。
エイジの人格は交代していた!

エイジはナミに「C-302号室」で気付いたとき2人は死んでいて警察が来て逃げたが、刺したのは自分でないと言う。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第6話 あらすじ ネタバレ キャスト

浦島エイジ(山田涼介)は、雪村京花(門脇麦)を刺した容疑者として警察から追われる。京花は、病院に搬送されたものの意識不明の状態だった。エイジは、ナミ(川栄李奈)に助けを求め、彼女の車でとある廃校に向かう。だが、ナミが一緒にいたのはエイジではなく、エイジのもうひとりの人格“B一”だった。そこでB一は、ナミに衝撃な事実を告げる。「後から生まれた人格は俺じゃない。浦島エイジは15年前に俺が生み出した別人格なんだよ」と。

エイジの両親、浦島亀一(遠藤憲一)と珠代(阿南敦子)は、テレビのニュースで京花の事件を知る。心配した亀一はエイジに連絡を取ろうとするが電話はつながらなかった。

B一は、15年前のLL事件後に世間から受けた仕打ちや母の死などで苦痛を味わった挙句、ついに感情が爆発し、意識を失って倒れたことをナミに話す。そのときに生まれたもうひとつの人格がエイジであり、彼は自分に代わって苦痛を受けるためだけに生まれた存在だと言うのだ。
話し終えたB一は、椅子に縛り付けたナミを残して、その場から立ち去ろうとした。そんなB一に畑葉子(浅川梨奈)のことを切り出し、「本当はあなたが葉子を殺したんでしょ?だって、あのLLの息子なんだから」と言い放つナミ。するとB一は激高し、「父さんはLLじゃない。罪を着せた真犯人は他にいる」と返す。

B一は葉子に近づきサイから顧客リストを盗ませた。
京花は葉子を殺したのはLLでなく自分だとB一に知らせる。

警察はエイジを雪村京花を刺した容疑者として追う。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第7話 あらすじ ネタバレ キャスト

浦島エイジ(山田涼介)のもうひとりの人格“B一”は、雪村京花(門脇麦)を刺したのはLLだと知る。

そんなB一の前に現れたのは、京花を刺した容疑者となっているエイジを追って、ナミ(川栄李奈)を尾行していた刑事・桃井薫(桜井ユキ)だった。LLが生きているというB一の話を聞いてしまった桃井は、自殺したエイジの父・八野衣真(早乙女太一)がLLだと結論づけた捜査結果に疑念があることを伝え、B一を逮捕せずに3日の猶予を与えると言い出す。
その間に父親の無罪を証明してみせろ、というのだ。そして桃井はもうひとつ重要な情報を明かす。「この事件には警察の人間が深く関わっている可能性がある」と。

桃井は、15年に起きたことをB一たちに話す。15年前の4月20日午後5時頃、警察は匿名の通報から八野衣の潜伏場所を突き止めた。だが、その6時間前の午前11時頃、ある老婦人から八野衣らしき男を見かけたという通報がすでにあったのだ。捜査本部に老婦人からの情報が伝わったのは同日の午後8時。つまり、警察内部の何者かが意図的に情報を遅らせたのだ。「おそらく、八野衣真を殺しに行くためだ」。桃井はB一とナミにそう告げた。

B一は、エイジになりすまして義理の父・亀一(遠藤憲一)に連絡を取り、ナミが運転する車で彼に会いに行く。亀一は、B一に荷物が入った紙袋と金を手渡すと、「いつかは話さなければいけないと思っていたことがある」と切り出す。

エイジは老婦人の目撃証言から警視庁の管理官・猿渡敬三(髙嶋政宏)を殺人犯人と確信して問い詰める。
猿渡は部下の桃井薫(桜井ユキ)からDNAサンプルの協力を求められると銃を構える。

エイジは銃を取り上げ、「猿渡に買春以外にも罪があった」というと桜井はエイジを撃つ。
それを遠くでナミは目撃し録音して逃げるが桜井に銃を向けられる。

15年前の話をする。桃井は自身の買春でLLから脅迫されていた。猿渡はLLと確信した指名手配中の八野衣真を捕らえて絞殺し火を放った。
桃井は猿渡を守るために隠していた。
5年前、桃井は買春をばらされそうになったとき、アリスのサイを殺したと暴露する。

ナミが録音を送信しようとするとエイジが桃井の首にナイフを突きつけ拳銃を取り上げる。
桃井は八野衣真は冤罪だといい、LLを逮捕するから見逃してくれと頼む。

猿渡はナミに拳銃を突きつけスマホを取り上げ、LLは八野衣真だという。
エイジと桜井の格闘になりナイフが桜井の腹に突き刺さる。
それを見た猿渡は自殺する。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第8話 あらすじ ネタバレ キャスト

浦島エイジ(山田涼介)のもうひとりの人格“B一”とナミ(川栄李奈)の目の前で、刑事の桃井薫(桜井ユキ)と、桃井の上司である管理官の猿渡敬三(髙嶋政宏)が命を絶った。

B一は、エイジの人格が6日以上、表に出てきていないという状況に不審を抱いていた。「これからどうするつもりなの?」。ナミからそう問われたB一は、雪村京花(門脇麦)が住んでいたマンションに向かうと返す。10月30日の時点では、京花はLLが八野衣真(早乙女太一)だと信じ込んでいた。だが、11月3日になると、京花は「LLが生きていた」と言い出す。B一は、その3日の間に京花が何かを知ったのではないかと推測し、彼女の足取りを調査しようと考えたのだ。

京花のマンションに侵入したB一は、彼女の部屋で車のキーを見つける。カーナビの履歴を調べたB一は、11月1日に京花が、小樽を訪れていることを知る。B一は、ナミとともに小樽へと向かう。
京花はLLの被害者だった姉が居たスナックを訪ねていた。

入院していた京花が襲われる。居合わせたナミは、京花の首を絞めた男を追跡する。
それは亀一(遠藤憲一)の娘・浦島乙だった。
乙は逮捕され、亀一が面会に行くが会えない。

ひとりっ子だった乙は15年前にエイジが来て親の愛情が薄れ、恨んでいた。
エイジに復讐するため京花を襲っていた。

浦島エイジのもうひとりの人格“B一”は、『殺人鬼・LL』の正体がエイジの義父・亀一だったことをナミに打ち明ける。
だが、証拠になるものが何もないため、亀一に会って確かめるという。亀一がそれを認めたらどうするつもりなのか、とナミから問われたB一は、「浦島亀一を殺す」と答える。

B一は、浦島家のリビングで亀一と対峙していた。
亀一にLLへの復讐を告げ、脳障害で痛みを感じない亀一の手にナイフを突き刺す。
亀一はアリバイがあると否定するがB一が解き明かす。
小樽で殺害した白菱りんの遺体を車で埼玉に運んでいた。真はホワイトラビットで働く女性を抜け出させようとしていた。真の保護司だった亀一は、逃がした女性を助けるフリをして殺していた。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」  第9話(終)あらすじ ネタバレ キャスト

エイジの義父・亀一(遠藤憲一)は、真実にたどり着いたB一(山田涼介)の推理に感心しながらも、「まだ満点はやれないな」と告げる。
八野衣真(早乙女太一)が売春組織から少女たちを救ったのは、人のためや罪滅ぼしのためではなく、女性を食い物に仕事をしなければならない惨めな現実から目をそらしたかっただけだ、とB一に告げた。

そして、『殺人鬼・LL』がどのようにして生まれたのかを話し始める。
亀一は生まれつき動物を傷つけていた。15年前拷問しているとき痛みを感じていたが、だんだん薄れ遂に殺人に到っていた。
エイジと出会い表と裏があることが分かり、エイジに殺されることによって痛みを感じるために育てていた。

エイジが亀一に銃を突き付けて銃声がする。ナミ(川栄李奈)は殺ず喚いているエイジを発見する。
エイジは録音した証拠を刑事に渡す。

裁判でエイジは京花が2重人格を統合しようとしていたと証言する。京花はエイジの人格を取り除いて自分を認めてもらいたかった。
京花は留置所で暮らす。
亀一に死刑判決が出る。

ナミは出所したエイジを迎え、葉子について協力してくれたことの謝意を伝える。

全体ストーリ


連続殺人犯を父に持つ山田涼介は、自らが二重人格だった。
“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられる。
恋人の門脇麦と友人を失った川栄李奈に助けられながら真相を明らかにしていく。

 

アトムの童/山﨑賢人PICU小児集中治療室/吉沢亮科捜研の女/沢口靖子相棒/水谷豊ザ・トラベルナース/岡田将生祈りのカルテ/玉森裕太
TBS
21:00
フジ
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
21:00
日テレ
22:00 
109914126
霊媒探偵・城塚翡翠/清原果耶エルピス /長澤まさみ君の花になる/本田翼ファーストペンギン!/奈緒silent/川口春奈クロサギ/平野紫耀ボーイフレンド降臨!/髙橋海人
日テレ
22:30
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
フジ
22:00
TBS
22:00
テレ朝
23:00
565787
親愛なる僕へ殺意をこめて/山田涼介最初はパー/ジェシー最高のオバハン 中島ハルコ/大地真央
フジ
22:00
テレ朝
23:15
フジ
23:40
4