「珈琲いかがでしょう」ネタバレとあらすじ 考察/中村倫也/夏帆

「珈琲いかがでしょう」とは

日々がしんどくて癒されたい人、人間関係を見直したい人、珈琲が好きな人・・全ての人を湯気のようにやさしく包み込む、幸せを運ぶ珈琲屋さん

テレ東 月曜 23:06 4月5日~

原作:コナリミサト

脚本:萩上直子
 『かもめ食堂』

「珈琲いかがでしょう」キャスト

青山一     中村倫也 
 移動珈琲屋「タコ珈琲」の店主
垣根志麻    夏帆 
 誠実・丁寧がモットーのOL
杉三平(ぺい) 磯村勇斗
 青山の元子分。組を続けている。

「珈琲いかがでしょう」第1話 あらすじ ネタバレ

人情珈琲

垣根志麻(夏帆)は、誠実・丁寧・義理・人情をモットーに働くOL。得意先には手書きで礼状を書くので効率重視の部長(井上肇)には毎日のように怒られている。もてはやされるのはいつも、明るくて要領がいい後輩・馬場(足立梨花)だ。
一人寂しくランチタイムを過ごしていたある日、どこからともなくいい匂いが漂ってくる。香りの先には、青山一(中村倫也)が営むたこマークの移動珈琲店「たこ珈琲」があった。一杯一杯丁寧に淹れる工程と、出来上がった珈琲のおいしさに感動した垣根は、自分の不器用さにしんどさを感じていることを思わず青山に打ち明ける。

馬場(足立梨花)は、得意先にご送信の失敗をし、垣根が謝りに行く。
垣根に役員からお茶会の招待状の手書きを頼まれ、得意先の礼状も続けるように言われる。
垣根は馬場を「たこ珈琲」に誘いお互いを羨ましがり打ち解ける。

死にたがりの珈琲

クレーム対応の電話オペレーターをしている早野美咲(貫地谷しほり)は、心を無にしてただただ謝る毎日を送っていた。
休日、美咲が洗濯物を干していると、どこからか珈琲の香りが漂ってくる。「こんな昼下がりは死にたくなる」。穏やかなひと時に反して、ベランダでそんなことを思った美咲。手すりに片足をかけたその時、美咲の目に真下にいる青山の姿が飛び込んでくる。しかも目が合うと笑顔を見せ、驚いた美咲はその拍子に干していたガードルを落としてしまう。

青山にカフェオレを注文して飲んでいると笑い出し「死にたい」と言う。「カフェオレは没個性ではないですよ。カフェラテともカプチーノと違う個性がある」と言い、車に乗せて近くのインド料理店に連れていく。激辛カレーを一緒に食べると笑みがこぼれる。
青山はカフェオレに隠し味としてガラムマサラを入れて飲ませ、新しい体験をさせる。
美咲は息を吹き返す。
青山には常に場所に変えなければならない事情がある。

「珈琲いかがでしょう」第2話 あらすじ ネタバレ

キラキラ珈琲

青山一(中村倫也)はみかん畑に囲まれた田舎道で「たこ珈琲」を開店していたが、翌日から東京で店を出すことになっていた。深夜、東京へ車を走らせていると、みかん畑の娘・大門雅(山田杏奈)がこっそり乗り込んでいることに気づく。田舎に嫌気がさし東京に連れて行って欲しいという。自分の可愛さは東京でも通用すると自信満々で、ネットで知り合った礼(臼田あさ美)の世話になり、オーディションを受けることも決めていた。

「東京で何かしらになりたい」。何を言っても引き下がらない雅に根負けした青山は、親へ報告することを条件に連れていくことに。
東京では、雅のインスタのファンだという、礼(臼田あさ美)の世話になることになっていた。原宿で落ち合い、オーディション会場へ連れて行ってもらう間にも、スカウトされたり、かわいいものに囲まれたり。期待感がますます高まっていく。

雅は途中のギャラリーの絵に魅せられる。オーディションに落ちて礼の部屋に泊まることになる。若い男が現れ名刺は詐欺だと言う。別の男が現れ弄ぼうとすると、青山が現れ、売春斡旋していると言って雅を連れて帰る。父が心配して青山に保護を頼んでいた。青山は後悔している雅を実家に届ける。雅はスマホ置き忘れていた。

だめになった珈琲

礼のルームメイト・ヤイ子(三浦透子)が、突然出ていくと言い出す。最近の礼の犯罪的行為にもうついていけないという。
独りぼっちになった礼の部屋に突然、青山が訪ねてくる。

雅が部屋にスマホを忘れたといい、探し始めると、雑然とした部屋から故障しているエスプレッソマシーンが見つかる。礼は機械を懐かしそうに見つめながら、上京した頃のことを青山に話し始める。

礼は専門学校の画学生でヤイ子と住み、絵を描いていた。描きまくっても芽が出なかった。展覧会でアートディレクターに付け入る友人をみて、SNSで憂さを晴らす。ゴミみたいな連中と付き合いだした顛末を話す。

青山はエスプレッソマシンを修理して動くようにする。青山が用意したフレンチローストを淹れつつ、礼は立ち直る決心をする。

「でましたね。エスプレッソ。さあ。」
「苦い、けどそれがおいしい」
「苦みを知ったからこそ、描けるものがものがあるのかと」

ぺいは、礼のかいた似顔絵を見て「青山は人殺しで追われている」と言う。

「珈琲いかがでしょう」第3話 あらすじ ネタバレ

男子珈琲

飯田正彦(戸次重幸)は、仕事もルックスも完璧なサラリーマン。あのヨン様にも似ていると言われるほどで、周囲に慕われていることは本人も自覚していた。青山一(中村倫也)の「たこ珈琲」に女子社員たちを引き連れ、全員分の珈琲を奢ったり、珈琲のうんちくを披露したりと“いい上司”をアピールしていた。

新しい企画について部下と意見が衝突。かみ合わない不満を、見た目も性格も正反対の東大卒の同僚・森(小手伸也)にぶつける。感情的になる飯田を森はなだめる。
飯田はひょんなことから、女子社員の陰口を耳にし、自分が嫌われていることを知ってしまう。「勘違いしている」など、飯田の話題で盛り上がる女子社員たちの陰口にショックを受ける。飯田は妻からもダメだしされる。森はマレーシアに転勤する。

青山の前で、「ストレート珈琲になりたかった」と今のカッコ悪さを嘆く。
香水を止めると、妻に加齢臭を含む体臭を気に入られる。

謎の男・ぺい(磯村勇斗)が青山の車に近づく。
それに気づいた青山は郊外に異動する。

金魚珈琲

ぺいの姿を見た青山は、なぜか慌ててワゴン車で逃亡。ある田舎町にたどり着いた青山は、タイヤがパンクするというアクシデントをきっかけに、スナックのママ・アケミ(滝藤賢一)と出会う。しかもなりゆきでスナックの手伝いをすることに。あっという間に人気者となった青山を、アケミは昔どこかで見かけたような気がする。

偶然にもアケミの中学の同級生・遠藤(丸山智己)が来店する。野球部のエースで、学校の人気者だったという。青山が入れた珈琲焼酎を味わいながら、2人は久々の再会を喜ぶ。

アケミはスナックを営む傍ら、母親の介護にも追われていた。
アケミは金魚を見ながら、自分の人生と金魚を重ね合わせる。歌手になる夢を諦めたことを思い出す。そんな心情を感じ取ったのか、遠藤はアケミに「閉鎖的な町から抜け出して、もう一度夢と向き合うべき」と助言する。

遠藤はビタミン剤を売りつけ、ねずみ講に入会させようとする。
ソファーに寝ていた青山が起き上がり、遠藤を追い払う。
青山は移動することになり、アケミと抱き合う。

アケミは昔、暴力事件に巻き込まれたとき、ヤンキーの青山に助けられたことを思い出す。

「珈琲いかがでしょう」第4話 

「ガソリン珈琲」

ワゴン車のタイヤがパンクした青山一(中村倫也)は、ガソリンスタンドに立ち寄る。厳つい風貌の店主・ゴンザ(一ノ瀬ワタル)とは知り合いのようで、笑顔を見せる青山に「昔のお前を知っていると身の毛がよだつ」と言いながら整備をしている。

一台のトラックがやってくる。セルフでガソリンを入れ始めた運転手の菊川貞夫(野間口徹)は、どこか不機嫌そう。ゴンザ曰く、たまに来店する、声をかけても挨拶すらしない無愛想な客だという。そんな菊川が、思わず動きを止める。青山の珈琲の香りにつられたようだ。「淹れたての珈琲いかがでしょう?」その声に我に返ったのか珈琲を飲まずに慌てて去ってしまうが、どこか寂し気な様子が気になった青山は、しばらくガソリンスタンドで「たこ珈琲」を開くことに。

実は菊川は珈琲を“飲めない”のではなく“飲まない”のは、入院した妻が回復するまで止めていたのだ。

香りに魅せられ菊川はおいしそうに珈琲を飲む。
家に帰り病床の妻にガソリンスタンドで珈琲を飲んだことを話す。

ゴンザから菊川の妻は亡くなっていたことを知らされる。
青山は次の場所に移動する。

「ファッション珈琲」

青山は、元バリスタチャンピオンとして珈琲界では有名なカフェ店主・モタエ(光浦靖子)にコピ・ルアックの豆を届ける。“幻の珈琲豆”と言われるインドネシアの高級珈琲豆だ。
2人でその珈琲を堪能していると、まもなく始まるワークショップの生徒が来店。その中に垣根志麻(夏帆)の姿を見つけた青山は、思わず影に隠れてしまう。そんなことを知る由もない垣根は、珈琲に興味を持つきっかけとなった青山との出会いを語り始める。

3時間かけてくる主婦は青山の珈琲に感動して自分でも作ろうとして参加していた。豆のひき方、モタエはドリップの方法を教える。生徒はスマホでインスタ映えのする撮影をする。
珈琲について純粋に教えたいモタエは、“箔付け”のために通う生徒たちとのズレをボヤく。

ぺい(磯村勇斗)は所属するヤクザ事務所に行く。組員の花菱(渡辺大)に呼び出されたからだ。
ぺいは過去にヤクザ事務所でリンチを受ける青山をさらに殴りつけていた。
瀕死の青山は「おいしいコーヒーを淹れたい」と声を漏らしていた。
花菱は青山を捕まえたら3代目に渡す前に自分に会わせろと命ずる。

ぺいが青山の前に現れる。

「珈琲いかがでしょう」第5話 あらすじ ネタバレ

「ほるもん珈琲」

ぺい(磯村勇斗)が目の前に現れ、ワゴン車の中で青ざめる青山一(中村倫也)。しかもカフェで再会した垣根志麻(夏帆)が、車まで青山を追いかけて来てしまう。
青山の元仕事仲間だと自己紹介したぺいは、「静かなところで3人で話そう」と提案する。
だがぺいの目的は青山を花菱(渡辺大)のもとへ連れていくこと。垣根を巻き込みたくない青山。ぺいは垣根は青山を連れていく保険だと逃がそうとしない。

青山の運転で移動中、垣根から青山の前職について尋ねられたぺいは、「強いて言えば清掃業」と答える。そして血や泥にまみれながら“清掃業”をしていた当時について語り出す。青山は仕事上がりには、いつも自販機のまずい珈琲を飲んでいた。

青山は珈琲のカルトに嵌まり、人生観が変わった。青山は金を持ち逃げして移動珈琲を始めていた。ペイのナイフを取り上げ、ぺいにやれよと言われて、太ももにナイフを刺す。ぺいはメモを青山に渡し、血を流しながら車から降りる。青山は垣根を乗せてその場を去る。
ぺいは非情でかっこいい青山をまだ慕っている。

「初恋珈琲」

青山を取り逃がしたぺいは花菱(渡辺大)らから殴る蹴るの暴行を受ける。自分の真っ赤な血を見ながら、小学校時代の初恋の相手が背負っていた、真っ赤なランドセルを思い出す。
少年時代のぺい(込江大牙)が恋心を抱いたのは、席替えで隣同士になったひとみだ。家が貧しく父親に暴力を振るわれ、早くも人生に絶望していたぺいにとって、ひとみは天使だった。

ひとみの家で手作りの珈琲ゼリーをごちそうになる。苦くて甘くて冷たい、それはぺいにとって初恋の味だった。

街で偶然ひとみに出会い、ブラックコーヒーを一緒に飲んだ。2度と会うことのない互いの境遇の差を感じた。

青山は、垣根に自分がまともでなったとき、珈琲にハマるきっかけになった、ホームレスのたこ(光石研)との出会いを打ち明ける。
ぺいと路地で出会った”たこ”の後をついていくと橋の下にホームレス仲間が待っていた。コーヒーの豆を挽きドリップしたのを飲むと別の世界に入った。たこは、「珈琲くらい小粋にポップに生きたい」と言う。

「珈琲いかがでしょう」第6話  あらすじ ネタバレ

「たこ珈琲」

垣根志麻(夏帆)が淹れた珈琲を味わいながら、青山一(中村倫也)は珈琲の道に進むきっかけとなった、ホームレスのたこ(光石研)との出会い、そして青山が珈琲を淹れながら各地を巡っている本当の理由。「野垂れ死にした、たこ爺さんが愛した人の墓を探す」ことだと打ち明ける。

たこの淹れた珈琲に魅了され弟子入りを懇願した若き青山。その申し出を受け入れたたこは、ただ単純に「珈琲を美味しく淹れる」だけではない、青山自身に足りていない何かを気づかせるための修行を始めた。

今まで自分が過ごしてきたヤクザな世界とは真反対な、穏やかな日常を過ごしたり、ちょっとしたシアワセに気づくような日々を送る青山。珈琲の腕前が上達していくのと比例するかのように、青山はヤクザの仕事に抵抗を覚える。

青山がいつものようにたこの家にいくと、そこには寝込んでいるたこの姿が。たこの淹れた珈琲を飲む青山は「いつか俺も誰かに美味しい珈琲を淹れることができるんだろうか」と問いかける。
たこは青山に一番必要で大事のは、「自分を大切にすること。大切な人がいること。青山を大切に思っている」と言う。青山は反発して去る。

しばらくして尋ねると爺さんは小屋の中で死んでいた。青山は組を止めようとすると、リンチを受ける。顔を腫らし「おいしいコーヒーを淹れたい」と呻く。

「大好きなんです青山さんの珈琲が」と言う垣根を家まで送り、ぺい(磯村勇斗)から託されたメモを手掛かりに、本当の目的を果たすべく車を走らせる青山。
最終地点・たこ爺さんの静岡の故郷の家に辿り着いた。

「珈琲いかがでしょう」第7話 あらすじ ネタバレ

「ぼっちゃん珈琲」
青山一(中村倫也)は、ようやくたこ(光石研)の親戚宅の前にたどり着くが、あと一歩のところでぼっちゃん(宮世琉弥)に拉致されてしまう。ワゴン車に連れ込まれ、夕張(鶴見辰吾)の運転でどこかへ移動中、ぼっちゃんは青山が面倒を見てくれた幼い頃のことを振り返り始める。

当時10歳だったぼっちゃん(長野蒼大)の面倒を見ることになった青山は、ぼっちゃんが学校でいじめられていることに気づく。給食に出てくるコーヒー牛乳もいつも取り上げられてしまい、一度も飲んだことがないという。
父親がヤクザの二代目(内田朝陽)であることを武器にすればと助言するが、ぼっちゃんはヤクザが大嫌いだと一蹴。自分の力でクラスの底辺から脱出するため、いつかコーヒー牛乳を飲むため、毎日苦手な逆上がりの自主練をしていた。

ぼっちゃんの覚悟を知った青山は、逆上がりの練習に付き合うように。さらに組の抗争によって連れ去られそうになった時には颯爽と救い出し、眠れない夜にはコンデンスミルクをたっぷり入れたコーヒー牛乳で喜ばせた。
次第にぼっちゃんにとって、二代目がかまってくれない寂しさを埋めてくれる青山が、強くてかっこいいキャラクター“とらモン”のような存在となっていく。
青山は「ずっとそばにいる」という約束も交わすが、堅気になって移動珈琲を始めた。

垣根志麻(夏帆)とぺい(磯村勇斗)がいる店に連れていかれて珈琲のルシアンルーレットを始める。
青山は叫んで阻止する。二人はコーヒーを飲むが当たらなかった。ぼっちゃんは残った珈琲を青山の顔にひっかっけ、組に戻るよう強要する。

「珈琲いかがでしょう」第8話(終) あらすじ ネタバレ

「暴力珈琲」
ぼっちゃん(宮世琉弥)が執拗に青山一(中村倫也)を追っていたのは、信頼していた青山の裏切り行為に対する報復だった。

垣根志麻(夏帆)やぺい(磯村勇斗)を巻き込んでまで追い詰めようとするが、暴力ですべてを制するようになったぼっちゃんに、青山は「そのやり方で手に入れたコーヒー牛乳はおいしかったか」と問いかける。ぼっちゃんの脳裏に蘇ったのは、同級生を脅して好きなだけコーヒー牛乳が飲めるようになったのに、なぜかまったく味がしなかった頃の記憶。

これまで沈黙を貫いていた夕張(鶴見辰吾)が、見かねて裏切りの真相を語り始める。青山が大金と共に姿を消した裏には、息子を思う二代目(内田朝陽)がとのある固い約束があった。時を経て事実を知ったぼっちゃん。ボーナスだった。手打ちのとき息子のためにリンチに遭い亡くなっていた。二代目は息子を救ってくれた青山に礼として大金を青山に渡して組の脱退を認めていた。

青山は夕張に解放される。ぺい(磯村勇斗)と垣根志麻(夏帆)にぼっちゃんは青山への愛を語る。
垣根は青山とぺいを乗せてたこ(光石研)の故郷に行く。

「ポップ珈琲」
青山の奥さん・幸子(市毛良枝)は健在で、コーヒーを淹れる。青山と同じ味の珈琲だった。「同じ墓に入りたい」と願っていたと言って、たこの骨を渡す。

たこは病弱の幸子と親の反対を押し切って結婚していた。子供が生まれ生活が成り立たなくなり、2人を実家の両親に戻して去っていた。
幸子は墓の予定地に案内する。青山は「たこ爺い、最高にポップじゃねーか」と呟く。

青山とぺいの移動珈琲が再開する。

春ドラマ 2021 あらすじ/ネタバレ/視聴率/全番組表