「JKと六法全書」最終回ネタバレと考察:幸澤沙良の最終決戦とお母さんの行方は?キャストや相関図も紹介







ドラマ「JKと六法全書」 8話(終)あらすじ ネタバレ キャスト

ついに国家賠償請求訴訟に動きだした桜木みやび(幸澤沙良)。その裁判で百目木喜十(生瀬勝久)が、政治家が絡んでいる事実を証言してくれることになったが、それでも裁判で戦うカードは少なく勝ち目がない。しかも、官邸の“鋼鉄の盾”と呼ばれ政治家の罪を隠蔽してきたと言われる検事長・岩代宅(池田成志)が間もなく引退を迎えるはずが、そのまま要職に留まることが決まり、ほぼ勝つことは不可能な状況に。
しかし、そこへ渡辺悠(日向亘)が裁判の証拠になればと、父・渡辺冬馬(高橋和也)が自宅でシュレッダーにかけて隠蔽しようとしていた「さわやか森林公園談合事件」の裁判当時の土壌調査の資料を早見新一郎(大東駿介)に渡しに来る。しかも、悠は裁判での証言も申し出るが、みやびは悠に父親と対決させることは避けたい。

早見のもとに、みやびの失踪中の父親・因幡俊介(伊達暁)の逮捕状が出そうだという情報が入る。その知らせを受けたみやびは、意を決してある場所へ向かうことに。11年前の「さわやか森林公園談合事件」の裏で、みやびの父と母が失踪に至るまでに何があったのかを知る。

大増組トップの殺害事件の裁判で自分の勝訴を確信していた百目木は、翌日に判決を控える中、拘置所で上機嫌に過ごしていたが、その直後に驚愕の事態が起きる。みやびが挑む国家賠償請求訴訟の行方をも大きく揺るがす。

ドラマ「JKと六法全書」 第7話 あらすじ ネタバレ キャスト

かつて「さわやか森林公園談合事件」の裏で、公園の土壌汚染を疑った桜木みやび(幸澤沙良)の母が失踪する1年前に公園の土を調べていたことがわかる。さらに、公園の工事を請け負った会社の背後には広域指定暴力団・大増組が絡んでおり、大増組は元法務大臣の扇谷正親(品川徹)の事務所に政治資金を提供していた可能性が出てきた。このことから、渡辺悠(日向亘)の父・渡辺冬馬(高橋和也)は政治圧力で公園の土壌汚染を隠蔽したと考えられた。なぜ母が失踪したのか知りたいみやびは、「森林公園談合事件」の真相を突き止めるため早見新一郎(大東駿介)と共に検察の一ツ橋満(小久保寿人)にかけ合い、大増組の事務所と扇谷の事務所の特捜部の一斉捜索までこぎ付ける。しかし、その直前に大増組のトップが殺害され、さらに両事務所への一斉捜査もストップがかかってしまう。

みやびはずっと気になっていたことを桜木華(黒木瞳)に問い詰めると、華は衝撃の事実を語り始める。華はみやびの母の失踪後に、娘を探すべく真相を追っていたが、圧力を受けるなど八方塞さがりの状態に陥っていた。そこで華は、成長したみやびを冬馬の息子である悠と接触させることで真相にたどり着くことを期待して、同じ学校に転校させたと言うのだ。それを聞いたみやびはショックを受けて家を飛び出すが、華に頼まれて探しに来た早見から、母親失踪の鍵を握る“ほくろの男”(生瀬勝久)探しを協力すると力強い言葉をもらい、気を取り直す。

衝撃のニュースがみやびと早見のもとに飛び込んでくる。なんと、大増組トップを殺したという犯人が出頭し、それがほくろの男=本名・百目木喜十だったのだ! しかも、百目木はみやびに弁護を依頼し、1人で会いに来てくれと頼んできた。

国立公園の水道水を飲んで小学生の男の子が亡くなる事件が発生。ついに死亡事故にまで発展してしまった産業廃棄物処理による汚染問題。みやびたちは全てを明らかにすべく、国家賠償請求訴訟に乗り出すことを決意する。

ドラマ「JKと六法全書」 第6話 あらすじ ネタバレ キャスト

桜木みやび(幸澤沙良)は、渡辺悠(日向亘)たち法律研究会メンバーと、かつて悠の父・渡辺冬馬(高橋和也)が検察官として担当し、勝利した「森林公園談合事件」の模擬裁判を行うことになり、みやびは一度やってみたかった検事役を買って出る。過去の裁判に沿って再現する中で、みやびは裁判の記録にいくつが疑問を抱く。それを皆に投げかけたところ、談合事件の裏で土壌問題の“隠ぺい”説が浮上する。問題の森林公園が、2日後に迫る修学旅行先のすぐ近くにあることがわかり、法律研究会メンバーで自由時間に行ってみることに。一方、みやびの母も失踪する前にこの森林公園のことを調べていたことを知って以来ずっと気になっていたみやびは、帰宅後、桜木華(黒木瞳)に母が何を調べていたか聞いてみるが、華ははぐらかすように話を変えてしまう。

みやびは弁護士会の仕事で「こども電話相談」の当番を任される。次の日の修学旅行が楽しみで絶対に行きたいみやびは、弁護依頼につながる相談の電話が来ないことを祈るが、その矢先に電話が鳴る。しかも、電話口では女の子が「お母さんが私を誘拐した」と伝えてきて、心配したみやびは急いで女の子のもとへ向かうことに。しかし、女の子の母親から事情を聞いたところ、半年前に別居していた夫のもとにいた娘を保育園から何も告げずに連れ帰ったため、誘拐容疑で逮捕状が出ているという。その話を聞いた直後に夫が刑事や弁護士と共にやってきてしまう。刑事は母親を引きずり出す一方、夫は嫌がる娘を無理やり連れ帰ろうとして…! みやびはこの母娘の窮地を救うべく、修学旅行までのタイムリミットが迫る中、策をひねり出す。

早見新一郎(大東駿介)と華は、「お助け天使ノノ」が稼いだお金が悪徳ホストクラブから反社組織へと流れている証拠をつかむため、ホストクラブの近辺で張り込んでいた。すると、そこへ業者らしき車が店の裏口へと横付けされる。早見と華は小芝居を打ちながら運転手に近づき、華が相手の気を引いている間に早見は車の内部を隠し撮りしたところ、ある衝撃のものを見つけてしまい…!

ドラマ「JKと六法全書」 とは

女子高生弁護士・幸澤沙良が法廷で新旋風を巻き起こす!
テレビ朝日 金曜 23:15 2024年4月19日~
脚本:鈴木智 柏谷周希
主題歌:りりあ。『騙されないからね。』

ドラマ「JKと六法全書」 キャスト 相関図

主題歌:りりあ。『騙されないからね。』

主題歌:りりあ。『騙されないからね。』

ドラマ「JKと六法全書」 第1話 あらすじ ネタバレ キャスト

青森で人権派の弁護士である祖父・桜木倫太郎(柄本明)に弁護士としての英才教育を受けながら育てられた桜木みやび(幸澤沙良)。実は、彼女は法律関係のみ天才的な能力を発揮する女子高生弁護士。 東京で法律事務所の所長を務める祖母・桜木華(黒木瞳)の下で、本格的に弁護士としてスタートさせることを夢見ていたみやびは、倫太郎との約束をはたしたことで、ついに上京を認めてもらえる。

上京したみやびは、東京の満員電車に圧倒される中、痴漢を目撃し、元来の正義感から男性の手を掴んで「痴漢です」と声を上げる。しかし、それはなんと人違い。しかも、その痴漢に間違えた男・早見新一郎(大東駿介)は、華の法律事務所で働く弁護士だった。最悪な出会い方をした上に、華の指示で早見が渋々みやびの教育係をすることになり、前途多難な予感の2人。

社会派インフルエンサー・ケンタロウから華のもとに弁護の依頼が舞い込む。ケンタロウは電車で痴漢の疑いをかけられ、駅員に取り押さえられてしまったと言い、みやびと早見がケンタロウのもとに向かう。痴漢は起訴されると有罪になってしまうため、早見はケンタロウに示談を勧めるが、みやびは痴漢を否定するケンタロウの真剣な眼差しから、無実の可能性を感じる。
痴漢を認めないまま、ついに起訴されてしまったケンタロウの弁護を請け負うことになったみやびは、早見と共に初めてにして厳しい裁判に向けて動き出す。
弁護士としての身分を隠して転校した学校では、みやびは青森とは違うキラキラしたクラスメイトに気おくれする。そんな中、気になっていたイケメン男子の渡辺悠(日向亘)から、主宰する法律研究会への入部を誘われる。

ドラマ「JKと六法全書」 第2話 あらすじ ネタバレ キャスト

1年半前に起きた殺人事件の罪で起訴された人気ラッパーのMC・RYU(奥野瑛太)の裁判が迫り、世間で大きな話題となる中、急きょ桜木法律事務所がその弁護を請け負うことに。RYUの大ファンの桜木みやび(幸澤沙良)は桜木華(黒木瞳)に直談判し、弁護を担当することになり、いつにも増してやる気満々。

その事件で殺害されたのはRYUが属していた半グレ集団と対立するグループのリーダー。検察側が殺人の証拠とするRYUのラップの歌詞には、この犯行を告白するような殺害の具体的な内容が書かれていたのだ。みやびは早速、早見新一郎(大東駿介)と共に接見に向かうが、RYUは歌詞の内容が事件と一致したのは偶然だと言い張るばかり。しかし、RYUは事件当日のアリバイが曖昧で…。そんな中、RYUが親に捨てられた苦労した過去を抱え、その際に親代わりとなって面倒を見ていた弟がいることが分かる。そこで、早見はRYUの生い立ちや人間性を証言してもらうため弟に出廷してもらうことを提案するが、なぜかRYUはいい反応を見せない。

学校では法律研究会に熱心に取り組む渡辺悠(日向亘)が、校内で起きた顧問によるパワハラ問題を取り上げ、研究会で模擬裁判を行うと言い出す。そこで、パワハラの被害者で不登校となった生徒に話を聞くことになり、悠に頼まれてみやびにも同席することに。しかし、悠と約束した日時に、早見が取り付けたRYUの弟・高木蒼汰(広田亮平)との面会が被ってしまい…! 早見にも悠にも言い出せないまま迎えた当日、みやびは同じ店内で、早見と悠それぞれにバレないように誤魔化しながら、2つの席を行き来するハメに。どちらも散々な面会となってしまうが、唯一、蒼汰からRYUに関する予想外の事実を聞き出す。

ドラマ「JKと六法全書」 第3話 あらすじ ネタバレ キャスト

ついに桜木みやび(幸澤沙良)が女子高生弁護士=JKBであることがネットに出回ってしまい、マスコミからも追われ、桜木華(黒木瞳)からしばらくの間は法廷に立つことは禁止と告げられてしまう。一方で、事務所にはファンレターなども届くようになり、喜ぶみやびだったが、狼とヤギのイラストと「勝利おめでとう」というメッセージのハガキが添えられたプレゼントを目にしてやや不審に感じる。
学校でもみやびの噂は瞬く間に広がり、居心地の悪さを感じるみやびに追い打ちをかけるように、渡辺悠(日向亘)の態度もどこか冷たく…。そんな中、同級生の立花マイ(米倉れいあ)が相談に乗って欲しいとみやびのもとにやってくる。マイによると、SNSで通称「人助けおじさん」という男が若者を応援するために無条件で2万円を配っていると言い、どうやらマイはお金欲しさにコンタクトをとろうと考えている様子。しかし、みやびは小テストで赤点を取ってしまい、再試験のことで頭がいっぱいだったため、詐欺の可能性があることを伝え、「絶対に関わらない方がいい」とだけ言ってそそくさと去ってしまう。しかし、翌日再びみやびのもとに駆け寄ってきたマイは「人助けおじさん」に連絡して、なんと2万ではなく200万円振り込まれたと大喜びで報告してくる。マイのことが気になったみやびは、帰宅後SNSで探ってみたところ、「人助けおじさん」とおぼしき男の写真を見つける。顔は隠されて見えないが、みやびは男の首のホクロにどこか見覚えがあった。その数日後、みやびのもとにマイが逮捕されたという連絡が入る。

法律研究会が思うようにいっていない悠は、検察官の父・渡辺冬馬(高橋和也)の書斎で、かつて冬馬が担当した「森林公園談合事件」のファイルを見つける。見事勝利したこの事件をきっかけに特捜部へ異動した冬馬は、悠馬にとって憧れの父。そこで悠馬は、法律研究会でこの事件の模擬裁判を取り上げようと、こっそりファイルを持ち出し…。

ドラマ「JKと六法全書」 第4話 あらすじ ネタバレ キャスト

同級生が巻き込まれた詐欺事件で、桜木みやび(幸澤沙良)は見事、無罪を勝ち取ったが、またしてもネット記事で取り上げられ、注目を集めてしまう。中には、みやびさえも知らなかった両親の失踪に関する記事まで出てしまう。

女子高生弁護士・JKBとして活躍するみやびにぜひ弁護をお願いしたいと、綾本成美(文音)から依頼がくる。成美の父は社会派小説家・綾本純(石丸謙二郎)で、純は病で亡くなる直前に、緩和ケア病棟の看護士・綾本桃子(村川絵梨)と出会ってわずか1カ月で結婚していた。そのため、純の6億円の遺産の相続人は成美と桃子となり、突然現れた桃子に半分奪われてしまうことに。桃子が遺産目当てに結婚したと信じて疑わない成美は、婚姻の無効を争うことにするが、そのためには純と桃子の婚姻の意思がなかったことを証明しなくてはならず、かなり厳しい裁判に。

なんとか糸口を探ろうと、みやびは早見新一郎(大東駿介)と共に、純と桃子の婚姻届けの証人として名前があった小西宏一(おかやまはじめ)を訪ねることに。小西は純と桃子が出会った緩和ケア病棟に入院する患者で、小西からは純と桃子が結婚に至るまでの予想外の話が明かされる。さらに、フィルムカメラで撮影することが趣味の小西は、みやびと早見を撮影するとフィルムを使い切ったからと、余命いくばくもないことを思ってか、カメラごとみやびと早見に渡す。

その帰り道、みやびは桃子のある行動が気になり、早見と共に桃子の住むアパートへ向かうことに。物陰から様子をうかがっていたところ、そこへ桃子が帰宅する。すると、みやびは弁護士として御法度の、とんでもない行動に出る。

ドラマ「JKと六法全書」 第5話 あらすじ ネタバレ キャスト

学校で桜木みやび(幸澤沙良)が呼び出されて校長室に行くと、そこには校長や担任の遠藤司(浅井伸治)、そして桜木華(黒木瞳)の姿が。実は、男の人に二千万円を貢がせたうえに殺人未遂と詐欺罪で逮捕されたことで世間を騒がせている「お助け天使ノノ」こと野々村香(北村優衣)は、みやびが通う学校の卒業生で、複雑な家庭環境だった香を当時担任として面倒を見ていた遠藤は、みやびにぜひ弁護をお願いしたいという。

華のひと声で引き受けることになったみやびは、早見新一郎(大東駿介)と共に香に接見に向かうと、香は無邪気に対応する一方で、詐欺に手を染めた理由など、高校卒業後の香に何があったのかは言いたくないと詳細を明かしてくれず…。そこで、みやびたちは、香の部屋で見つけた名刺を頼りにホストクラブの雨倉ひかり(小越勇輝)に会いに行くことに。香に大金を貢がせたうえに逮捕されている状況にも関わらず、ひかりは悪びれる様子は一切なく、さらには香の弱みに付け込んで利用していたことを知ったみやびは怒りに震える。一方で、ひかりから、香がひかりと出会う前から借金を背負っていた事実も明かされる。一体、香は高校卒業後に何があったのか? なぜ借金を背負ってしまったのか?

香の裁判は、一般の人から選任される裁判員裁判で行われ、みやびと早見はある策に出ることに。しかし、想定外の事態が起きる。

みやびが自宅で今回の裁判のことを考えながら、かつて母が使っていた古い六法全書を開くと、その間から思わぬ手書きのメモが見つかる。

ドラマ「JKと六法全書」 第6話 あらすじ ネタバレ キャスト
ドラマ「JKと六法全書」 第7話 あらすじ ネタバレ キャスト
ドラマ「JKと六法全書」 第8話 あらすじ ネタバレ キャスト

JKと六法全書


女子高生弁護士・幸澤沙良が法廷で新旋風を巻き起こす!
主題歌:りりあ。『騙されないからね。』

2024 民放 春ドラマ 週間番組表
TBS 21:00フジ 21:00朝日 21:00朝日 21:00フジ 21:00日本 21:00
アンチヒーロー366日Destinybelieve
イップス
花咲舞が黙ってない
日本 22:00フジ 22:00TBS 22:00フジ 22:00フジ 22:00TBS 22:00
朝日 23:00
アクマゲームアンメットくるりブルーモーメントRe:リベンジ9ボーダー東京タワー
東京 23:06フジ 23:00朝日 23:15朝日 23:30
95お迎え渋谷くんJKと六法全書6秒間の軌跡
NHK連続ドラマ週間番組表
月~金月~木
朝ドラ
NHK 総合 8:00
12:45
NHK BS 7:30
夜ドラ
NHK 総合 22:45-23:00
ドラマ10
NHK総合 22:00
NHKBS
24:25
土曜ドラマ
NHK 総合 22:00 
NHK 総合NHK BS
虎に翼/伊藤紗莉柚木さんちの四兄弟。燕は戻ってこない青春ウォルダム20:00
光る君へ/吉高由里子

18:45
大岡越前7
おむすび/橋本環奈べらぼう22:00
エンジェルフライト
あんぱん/今田美桜23:00
ファンタスティック5

深夜ドラマ週間番組表
テレ東 24:30テレ東 24:30日テレ 23:59テレ東 24:12フジ 23:40
星屑テレパスひだまりが聴こえるクラスメイトの女子、全員好きでした錦糸町パラダイスギフテッド2
日テレ 24:24テレ東 24:30フジ 24:26日本 24:45
どうか私より不幸でいて下さい私をもらって