ドラマ「ゴシップ」ネタバレ あらすじ キャスト/黒木華

「ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇」 とは

ネットニュースの編集部員・黒木華がサイトの危機を救う!

フジ 木曜 22:00 1月6日~

脚本:関 えり香
   橋本  夏
   青塚 美穂

「ゴシップ」 キャスト

瀬古凛々子 黒木華
 「カンフル NEWS」の編集部員
根津 道春 溝端 淳平
 編集部員。カルチャー担当。凛々子の同期
下馬 蹴人 野村 周平
 編集部員。スポーツやコタツ記事担当
椛谷 静司  野間口 徹
 編集部員。食分野の記事担当
一本 真琴  石井 杏奈
 新人の編集部員。
笹目虎太郎  寛一郎
 フリーカメラマン
矢部 涼介 一ノ瀬 颯
 書籍編集部所属の編集者
黄実子 りょう
 薬膳カフェ「黄実子」の店長
仁和 正樹 安藤 政信
 「クスノキ出版」執行役員。
山田 礼二 生瀬 勝久
 編集長。

「ゴシップ」 第1話 あらすじ ネタバレ

「クスノキ出版」経理部の瀬古凛々子(黒木華)は経理部では、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬・ケルベロスとも呼ばれている。上司の仁和正樹(安藤政信)の指示で執行役員に就任する社員の不正経理を指摘し、失脚させる。
同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹は凛々子の能力を認めている。

「クスノキ出版」が運営するニュースサイト「カンフル NEWS」は、放任主義の編集長以下、男性ばかりの編集部員たちが、他社のニュースやブログ記事やコメントをコピペしただけのいわゆる「コタツ記事(直接取材を行わず、流通している情報を元に構成した記事)」ばかりを発信するお気楽ウェブメディア。

真っすぐな凛々子は他人の気持ちを理解したり、場の空気を読んだりすることは苦手。しかし、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けた女性。

凛々子の協力で同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹は、クスノキ出版が運営するニュースサイト『カンフルNEWS』の立て直しを命ずる。

カンフルNEWSには、温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(生瀬勝久)以下、凛々子と同期で、ひねくれていて口も悪いが人を丸め込むのが上手い根津道春(溝端淳平)、さまざまな女性と広く浅く付き合い、仕事は早いが中身の薄い男・下馬蹴人(野村周平)、『週刊カンフル』の元エース記者だったシングルファーザーの椛谷静司(野間口徹)、少年マンガ誌『ジャンクス』の編集部志望だった一本真琴(石井杏奈)が所属している。
だが、その仕事ぶりはといえば、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかりを発信しており、PVは月間50万程度、広告もろくにつかないというお荷物部署状態だった。

編集部にやってきた凛々子は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てる。

そんななか行われた編集会議で、アイドルと人気声優の交際がうわさされるきっかけとなったあるクリスマスパーティーが話題に上がった。
そのパーティーにはゲーム・アプリ会社『グリフィン・ラボ』の代表や社員たちも出席しており、彼らをパワハラ企業として告発するという投稿があることを知る。
グリフィン・ラボは、美少女女子高生キャラたちと新幹線で全国を旅しながら疑似恋愛体験ができる“萌えゲー”で急成長した会社だった。
下馬は、危険だという凛々子の反対を無視し、このパワハラの件で1本記事を書くよう真琴に告げる。

その記事には裏どりがなかった。『グリフィン・ラボ』はフェイクニュースを流したとして「クスノキ出版」を名誉棄損で告訴しようとする。
凛々子はその謝罪記事を書くことになる。事実関係を確認するため元となった虚偽のパワハラをSNSの書いた人物を探す。
山田の応援でその人物は過去に取材したОゲージの愛好者であることがわかる。その人物に会いに行くと、自分が作ったキャラクターをパクられたが相手にされず、さらにそのゲームがサービス終了になった腹いせに書いたものだった。凛々子はその顛末を記名記事として『カンフルNEWS』に流す。

山田はフェイクニュースを出した責任を取って退社する。
凛々子は山田の代わりに編集長になる。

「ゴシップ」 第2話 あらすじ ネタバレ

凛々子(黒木華)は、早期退職した山田(生瀬勝久)に代わって、『カンフルNEWS』の編集長に就任する。突然のことに困惑を隠せない根津(溝端淳平)や下馬(野村周平)ら部員たちを尻目に、せっせと編集部内の仕事環境を整える凛々子。

世間では人気俳優の前橋恵一(武田航平)と元女優の妻・清瀬みさと(清水葉月)の離婚が話題を集めていた。ワイドショーで「円満離婚」と報じられているのを見た凛々子は、「別れるのに関係は良好。意味がわからない……ザワザワする」と言い出し、主演舞台が初日を迎える前橋の囲み取材に行くことに。根津たちは、『カンフルNEWS』が前橋の所属事務所だけでなく、ほとんどの芸能事務所から取材NGや出入り禁止処分をくらっているから取材は無理だと告げる。だが凛々子はまったく耳を貸さず、自ら取材に行って記事も書く、と言って出かけてしまう。

凛々子は、カメラマン役として半ば強引に根津を引っ張って前橋の公演先を訪れる。案の定、凛々子たちは取材を断られてしまうが、前橋のマネージャーが根津の大学時代の先輩・牧紗耶香(秋元才加)だった縁で、今回だけという条件で囲み取材への参加を許される。ところが、そこで凛々子は「二人の間で性的な結びつきはいつまであったのか?」といきなり前橋に切り出す。答えてもらえず牧紗の怒りを買う。

他社のニュースで前橋は不倫だと報道される。

凛々子は再び牧紗に会いに行き不倫を知っていなったことを確認する。相手のグラドルの宮島の売名目的だというタレコミがある。張り込んでいると他社の記者が群がって取材する。同行した根津は無力感を覚える。

宮島の引退の生配信が流れる。それを『カンフルNEWS』に流す。

凛々子は宮島の事務所に行く。引退を知っていた事務所は宮島の写真集の売り上げを伸ばすための画策だと言い放つ。激怒した所員か追い出される際、階段から突き落とされる。心配して駆けつけた根津が落ちる凛々子を受け止め難を免れる。

薬膳カフェ「黄実子」でフリーカメラマン・笹目虎太郎 (寛一郎)と出会う。

前橋の妻の清瀬みさとは離婚して女優の復帰を望んでいたことがわかる。清瀬と宮島を社に呼び寄せ事情を聴く。
清瀬は「前橋が離婚を許さないので、宮島に200万円を払い不倫を仕組んだ」と明かす。
許しを請う清瀬に凛々子は「不倫の偽装は普通の人がすることではないので記事にする」と宣言する。

清瀬は本当のことしか書かないという条件で記事を認める。
凛々子は根津に協力を感謝しニュースに流す。

『カンフルNEWS』のPVが順調に伸びる。

「ゴシップ」 第3話 あらすじ ネタバレ

現役高校生という以外は何もかもがベールに包まれ、10代から絶大な支持を集めている“覆面女子高生シンガー”AOIの正体を検証するという動画が急上昇ランキングの1位になっていた。

AOIのことはまったく知らなかったが、その話題性に目をつけた凛々子(黒木華)は、AOIの正体を暴くと宣言する。

『検証動画・謎の覆面JKシンガーAOIの正体!?』というタイトルがつけられたその動画は、シルエットのみでピースサインをしているAOIと、ライブハウスのステージでピースサインをする女の子の画像を2分割で並べたものだった。
顔はわからなかったものの、ともに特徴的なピースサインをしていることから、AOIではないかと話題になったのだ。
凛々子は、動画のUP主に取材を申し込んだが、UP主もネットで画像を拾っただけで確かなことはわからないという。
ただ、女の子が映っているライブハウスは下北沢にあるらしい。

凛々子は、椛谷(野間口徹)とともにAOIの所属レコード会社を直撃取材したものの、何ら情報を得ることはできない。

それにもめげず、動画に映っていたライブハウスへと向かう凛々子たち。そこでスタッフを待つ間、AOIのSNSアカウントを見ていた椛谷は、フォロワーの中に見覚えのあるアイコンを発見。それは、椛谷の息子・涼太(大西利空)のものだった。

凛々子たちは、ライブハウスのスタッフから、検証動画に映っていたのは青野郁(上國料萌衣)という女性だという情報を得る。

AOIは話題作りのため覆面にして大手メディアにリークしていた。第一線の記者から外れ仕事のやる気を失っていた椛谷は嫌気がさして仕事の途中で抜ける。

AOIの youtube の配信動画は成功する。

凛々子は、声が違うことで「ザワザワ」する。

凛々子は一人カラオケをしている椛谷のところに行く。

椛谷がかつて「有名女優の息子の万引き冤罪事件」を記事にして感動したと語る。

AOIと青野郁は最初から別人だったと確認する。

椛谷は歌詞が気になっていた。

凛々子は椛谷と男のアパートであなたがAOIですねと言って部屋に入り込む。彼は一発屋だったが、声を加工して覆面女子高生シンガーとして復活した。歌詞の「カラフルなモノトーン」が過去の歌と共通していた。

このことを記事にしますと言うと、了解される。
息子がAOIのファンの椛谷は記事は自分が書くという。

『カンフルNEWS』は10万PVを獲得する。

「ゴシップ」 第4話 あらすじ ネタバレ

凛々子(黒木華)は、執行役員の仁和(安藤政信)に、『カンフルNEWS』の現状を報告。それを受け、結果が出るまでに時間がかかるようなら人員削減をする話も出ている、と返す仁和。
続けて彼は、ある人物の取材を凛々子に依頼する。それは、1年前、心霊スポットからの生配信中にこつ然と姿を消したユーチューバー・カマドウマ(大木空)の消息を突き止めるというものだった。実はクスノキ出版では、人気ユーチューバーのセンチャンの自伝を出版しようと動き出していた。それに対してセンチャンが出した条件が、カマドウマを見つけ出してほしいというものだった。センチャンは、カマドウマに大金を貸しているのだという。

カマドウマは心霊スポットで生配信中に姿を消していた。

あくる日、編集部では、凛々子を中心にネタ会議が開かれる。いいネタを準備していた根津(溝端淳平)や椛谷(野間口徹)とは対照的に、何も考えてこなかったのは下馬(野村周平)だけだった。凛々子は、しばし思案すると、取材に同行するよう下馬に命じた。

凛々子たちが向かった先は、カマドウマが姿を消したというとある空き家。問題となっている生配信の中でカマドウマは、20年前にこの一軒家で、浮気を疑った夫が新婚の妻をめった刺しにして殺害した事件があったと話していた。

勝手に室内に侵入した凛々子は、カマドウマの失踪が何らかの心霊現象によるものならば、自分たちにも同じことが起こるはずだからここに泊まって確かめる、と言い出す。

帰ろうとする下馬に異動の話を持ち出して、一緒に泊まらせる。失踪直後の動画を見せる。殺人事件が捏造か疑う。

管理人が現れ、2年前に婆さんが孤独死していたと説明する。絨毯にガムテープを貼り赤毛を発見する。

カマドウマの自作自演と承認欲求をめぐって議論する。
編集部の仲間3人が差し入れを持ってきて一緒に食事する。

下馬は祖母の介護を手伝っているので帰るという。凛々子は「帰っていい。あなたは必要ない」と突き放す。

凛々子は2階の部屋の鍵を探し出し、中に入る。カマドウマが住み着いていた。ユーチューバーを止めても誰も探しに来なった。必要とされていないことがわかりやる気がなくなっていた。

灯油をまいて火をつけようとすと、椛谷から呼び出された下馬が止める。「カンフルはあなたが必要」と凛々子に言われ元気になる下馬。

戦力外と言われやる気をなくしている一本は、群馬県女子高生変死事件の真犯人が瀬古凛々子というネット記事を発見する。

「ゴシップ」 第5話 あらすじ ネタバレ

凛々子(黒木華)が殺人犯?

根津(溝端淳平)下馬(野村周平)椛谷(野間口徹)が凛々子に感化されて仕事に取り組むようになった中、自身はずっと“戦力外”扱いされていることが面白くない真琴(石井杏奈)は、凛々子の過去を調べた。そこで真琴は、とある掲示板に残っていた10数年前の古いスレッドに、「女子中学生変死事件の真犯人は瀬古凛々子」という書き込みを見つける。驚いた真琴は、それを根津に伝えようとする。

人気プロゴルファーの沢宮結奈(茅島みずき)が、自身の公式ブログで無期限の休養を発表する。心身の疲労が理由らしい。強気のキャラで知られる結奈の突然の発表に「ザワザワする…」と言い出す凛々子。するとそこで、真琴が意外なことを打ち明ける。結奈は同じ高校に通っていた友人だというのだ。

凛々子は、結奈を取材するからアポをとるよう、真琴に指示した。だが、結奈が体調を崩していること、そしてマスコミ嫌いであることから、取材には応じないと思う、と返す真琴。「行ってみないとわからない」。凛々子のそんな言葉に、真琴は、それなら自分が行って聞いてくる、と申し出る。

「ゴシップ」 第6話 あらすじ ネタバレ
「ゴシップ」 第7話 あらすじ ネタバレ
「ゴシップ」 第8話 あらすじ ネタバレ

全体ストーリー

凛々子は与えられた任務である 「PV(ページビュー)数を伸ばす」ためには手段をいとわず働く。
「PV数を伸ばす」という目的のために取材をし、記事をアップしていくことで、世の中で必要とされていないと思っていたネットニュースの仕事が少しずつ意味のあるものに変わっていく。
凛々子の殺気立つほどにまっすぐな仕事ぶりと、不器用で無垢(むく)な一面に触れるうち、次第に周囲の男たちに彼女への好意が芽生えていく。

 

DCU/阿部寛ミステリと言う勿れ/菅田将暉相棒20/水谷豊科捜研の女21/沢口靖子駐在刑事3/寺島進逃亡医F/成田凌
TBS
21:00
フジ
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
20:00
テレ東
20:00
日テレ
22:00
真犯人フラグ/西島秀俊ドクターホワイト/ 浜辺美波ファイトソング/清原果耶ムチャブリ!/高畑充希となりのチカラ/松本潤妻、小学生になる /堤真一
鹿楓堂よついろ日和/小瀧望
日テレ
22:30
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
テレ朝
21:00
TBS
22:00
テレ朝
23:30
ユーチューバーに娘はやらん!/佐々木希ゴシップ/黒木華愛しい嘘/波瑠おいハンサム!!/吉田鋼太郎
テレ東
23:06
フジ
22:00
テレ朝
23:15
フジ
23:40