金曜ドラマ「妻、小学生になる」 ネタバレ あらすじ キャスト/堤真一

金曜ドラマ「妻、小学生になる。」 とは

「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」
堤真一の
妻は10歳の小学生となってこの世に生まれ変わった!

TBS 金曜ドラマ 22:00 1月21日~

原作:村田椰融

脚本:大島里美

「妻、小学生になる。 」キャスト

新島にいじま 圭介けいすけ … 堤 真一
 最愛の妻を亡くし残りの“余生”をおくる。
新島にいじま 貴恵たかえ … 石田ゆり子
 他界した圭介の最愛の妻。
新島にいじま 麻衣まい … 蒔田彩珠
 圭介と貴恵の一人娘。
守屋もりや 好美このみ … 森田望智
 食品メーカーに勤める、圭介の年下上司。
白石しらいし 万理華まりか … 毎田暖乃
 貴恵の生まれ変わり。
白石しらいし 千嘉ちか … 吉田 羊
 万理華の母親。
マスター … 柳家喬太郎
中村なかむら … 飯塚悟志
菊池きくち 詩織しおり … 水谷果穂
弥子やこ … 小椋梨央

「妻、小学生になる。」 第1話 あらすじ ネタバレ キャスト

新島圭介(堤真一)は、10年前に最愛の妻・貴恵(たかえ)を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている愛妻家。全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られている。

たった一人の家族である一人娘の麻衣(まい)の幸せを誰よりも願っているものの、生活費を稼ぐ以外何もしてやれていないことが心苦しく、コミュニケーションすらうまく取れていない。

二人の時間は、10年間止まってしまっていたのだ。同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。

そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子がこの親子を訪れる。
「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」
まだ信じられないが、妻のようだ。
突然の別れから10年。
妻はこの世に生まれ変わっていた。
止まったままの家族の時間が、再び動き出す

しかし愛する妻はいま、小学生の姿。 同居することもできず門限は夕方6時。 一緒にいると怪しまれ、喜び余って抱きしめたら警察を呼ばれる始末。

突然の別れから10年。愛妻家の男と、妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘の、ちょっと変わった3人による家族再生の物語が始まる。

プロポーズをした場所、結婚記念日、最後のプレゼント、最後に言った水族館・・・ 過去の話を語り合う。

ランドルセルを背負った貴恵と抱き合うと防犯ベルが鳴り、親戚のおじさんですと言って手をつないで家に帰る。

貴恵は麻衣の前で不甲斐ない圭介を叱りつける。
心配する麻衣を抱き寄せ、できなったことを詫びる。

圭介と麻衣は「おかえり」と言う。

圭介はママを家に自転車にのせて送る。
警官に呼び止められると私たち夫婦ですという。

元気を取り戻した圭介はイキイキと朝食をとる。
出がけに路上で貴恵から弁当を渡され「18歳になったら結婚しようと」提案する。

「妻、小学生になる。」 第2話 あらすじ ネタバレ キャスト

貴恵(石田ゆり子)を亡くしてから止まっていた新島家の時間が、再び動き始めた。圭介(堤真一)は、小学4年生の万理華(毎田暖乃)が貴恵の生まれ変わりであると確信。人生に張り合いが生まれ、職場でもついニヤニヤしてしまう。
そんな圭介を周囲は怪訝に思うが、異動してきたばかりの上司・守屋(森田望智)は、親切で誰にでも分け隔てなく接する圭介に好感をもつ。ただ、圭介のスマホの待ち受け画像が小学生の女の子だったことが気にかかる。

「18歳になったら結婚しよう」と万理華にプロポーズした圭介は、その日の会社帰りに彼女が同級生のタケル(川口和空)から告白されているところに遭遇し、動揺する。
そして、圭介がプロポーズしている姿をある男に目撃される。

圭介の娘・麻衣(蒔田彩珠)は就職活動を始める。さらに、幼馴染の弥子(小椋梨央)に誘われて人生初の合コンに参加する。

圭介と万理華は麻衣の就職祝いを買いに出かけるが、街で守屋とばったり会い、2人の関係を聞かれる。

万理華は、母・千嘉(吉田羊)からどこに行ってたかと厳しく問い詰められる。

「妻、小学生になる。」 第3話 あらすじ ネタバレ キャスト

圭介(堤真一)はスマホのメッセージに反応がない万理華(毎田暖乃)のことが気になり、仕事が手につかない。昼休み、圭介の様子を心配した守屋(森田望智)が声をかけるが、心ここにあらずだ。お弁当も持っていない圭介に、守屋は自分の玉子焼きを分けてあげる。

ホームページ制作会社に就職した麻衣(蒔田彩珠)は、先輩社員について初めて取引先の元へ。
小さな工務店を営む社長の息子・蓮司(杉野遥亮)にパソコン操作を説明することになるも、緊張のあまりうまくできない。しかし、一生懸命な麻衣に蓮司は好感を持つ。

圭介はようやく万理華と連絡がついて安心したものの、彼女にも家庭の事情がある様子。万理華の両親のことを思い、圭介と麻衣は複雑な心境になる。

万理華は友利のことが気になっていた。友利のアパートを訪ねると、10年前と変わらない怠惰な生活ぶり。万理華は“姉”として友利の尻を叩く。

圭介は家族3人での日帰り旅行を提案。貴恵(石田ゆり子)と麻衣との思い出の水族館へ行くことになる。

「妻、小学生になる。」 第4話 あらすじ ネタバレ キャスト

圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)は、貴恵(石田ゆり子)の生まれ変わりである万理華(毎田暖乃)の母親の千嘉(吉田羊)と偶然会ってしまう。
想像と違い、圭介たちは「娘」としての今の家族のことが気にかかる。

翌日、圭介は万理華の小学校で球技大会があることを知り、千嘉も応援に行くに違いないと考えた圭介は、彼女と一度ゆっくり話をしようと、自分も球技大会へ行くことに。「お弁当友達」である守屋(森田望智)に弁当作りを手伝ってもらう約束をする。

万理華は同級生のヒマリ(飯田晴音)から漫画の交換ノートをしていたことを知るも、“以前の”万理華のように漫画が描けなくなっていることに気づき、弟の友利(神木隆之介)に相談する。

球技大会当日。突然やって来た圭介と麻衣に驚きながらもうれしそうな万理華。しかし、圭介が待っていた千嘉の姿はない。

「妻、小学生になる。」 第5話 あらすじ ネタバレ キャスト

ついに小学生妻の母親である千嘉(吉田羊)と対立してしまった圭介(堤真一)は、千嘉(吉田羊)が万理華(毎田暖乃)を殴ろうとするところに駆け込み、引き取ると言い出す。千嘉は切れて真理華を追い出す。圭介は真理華を連れ帰り一緒に寝る。
翌朝、真理華は朝食を作り登校する。
万理華は家に戻り母に謝る。

麻衣(蒔田彩珠)のもとに愛川工務店の蓮司(杉野遥亮)から連絡があり、パソコンを買うので付き合ってほしいと頼まれる。
寺カフェには守屋(森田望智)と詩織(水谷果穂)が来て、麻衣と守屋は、互いに圭介の娘と会社の人間であることを知る。

千嘉のことで悩んでいた万理華は圭介に本当のことを伝えると報告する。
3人で寺カフェ会い、「真理華が妻・貴恵の生まれ変わり」だと伝える。千嘉は怒って席を立つ。

貴恵の母は千嘉に似ていた。真理華は千嘉に生まれ変わりを伝えようとするが、怒鳴られる。
真理華は自分の過去を思い出せないことを伝える。貴恵に変身する真理華を見て、千嘉は生まれ変わりを信ずるようになる。

圭介は真理華が記憶を取り戻すまで家族ぐるみの付き合いをしようと千嘉に提案する。

「妻、小学生になる。」 第6話 あらすじ ネタバレ キャスト

千嘉(吉田羊)は今の万理華(毎田暖乃)が娘の万理華ではないと受け入れる一方で、一つ屋根の下で暮らしながら、どう接していいかわからない。
万理華自身も、貴恵(石田ゆり子)としての記憶を思い出した反動で万理華の記憶が薄れていることが心苦しい。
なんとか千嘉の力になりたいが、いい解決策は見つからないでいた。

圭介の会社では、守屋(森田望智)が企画した新商品のPRイベントが大成功。ところが、発売前のトマト缶の商品画像がイベント参加者によってSNS上にフライング投稿されてしまい、計画していたプロモーションが台無しになる。

麻衣(蒔田彩珠)が恋をしていると万理華から聞かされた圭介は複雑な心境に。問題山積で弱音を吐く圭介に、万理華はバーベキュー大会を開いて、みんなで気晴らししてはどうかと提案する。

バーべーキュー大会は成功裏に終わる。
千嘉と万理華は手をつないで帰る。
守屋は圭介に好きだと告白する。それを聞いて、うろたえる圭介の頬にキスして去る。万理華は2人を目撃していた。

マスターは霊を見ることができる。守屋の姉にプリンを捧げ、妹の思いやりを称賛する。

「妻、小学生になる。」 第7話 あらすじ ネタバレ キャスト

圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)は、弟・友利(神木隆之介)から一緒に実家に帰ってほしいと頼まれる。家族の入院で一人になってしまった母親の面倒を見るためだ。圭介はそのことを万理華(毎田暖乃)にも伝え、万理華を圭介の親戚の子ということにして4人で実家に向かう。

出迎えてくれたのは、貴恵(石田ゆり子)と友利の従姉妹たち。仲良しだった貴恵の思い出話をする萌子に、万理華は複雑な心境だ。そこに母・礼子がデイサービスから戻ってきて、万理華は久しぶりに母に会う。

一方、麻衣のもとに蓮司(杉野遥亮)から連絡がくる。話し合い、お互いに好きだと告白する。

圭介は守屋に付き合えないと謝る。妻を愛してる、という圭介に守屋は頷く。

「妻、小学生になる。」 第8話 あらすじ ネタバレ キャスト

大みそかの夜に突然倒れた万理華(毎田暖乃)は貴恵(石田ゆり子)としての記憶を失くしそのまま意識を失った。圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)、千嘉(吉田羊)は、圭介や麻衣の記憶を失くしたことに誰もが不安を感じていた。

万理華の身に起きた異変を聞いた友利(神木隆之介)は、生まれ変わりの小説「君と再び」を書いている出雲(當真あみ)なら何かわかるかもしれないと考える。

圭介が会社の休憩室で「君と再び」を読んでいると、守屋(森田望智)が圭介の本を見て、週末に最終巻が発売されることを伝える。
圭介は、最終巻の発売記念イベントで出雲のサイン会があると知り、万理華たちと行ってみることに。そして、彼女は事故死した小説家の男が憑依していた。真理華はその時の話をいっしょに聞く。

貴恵は公園で泣いている万理華の身体に入っていた。体を万理華に返すと言い出す。家族は引き留めるが、「私がいなくても自分の力でしっかり生きるのよ」と言い残して気を失う。
目覚めた万理華は千嘉に抱き着く。

「妻、小学生になる。」 第9話 あらすじ ネタバレ キャスト

貴恵(石田ゆり子)が消えた。
体に憑依していた貴恵が消えたことで、万理華(毎田暖乃)は自分の人格を取り戻し、母・千嘉(吉田羊)との新たな生活が始まる。

出社した圭介(堤真一)は心ここにあらずの状態で、そんな圭介を守屋(森田望智)が心配する。麻衣(蒔田彩珠)は自分の殻にこもる中で、蓮司(杉野遥亮)も心配して訪ねて来る。

友利(神木隆之介)もまた、春から高校生になるという出雲(當真あみ)を応援しながら、自分は心にぽっかりと穴があいたようだった。

新島家の時間は再び止まってしまった。

「妻、小学生になる。」 第10話(終) あらすじ ネタバレ キャスト

妻・貴恵(石田ゆり子)が、「生まれ変わった」と白石万理華(毎田暖乃)の体を借りて戻ってきた奇跡を経た圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)。

これからの人生は貴恵がくれたものを見て、前を向いて歩いて行こうと決めた2人。しかし、虚脱感は隠しきれない。

万理華は元の小学生に戻り、貴恵の記憶は完全に忘れている。
千嘉(吉田羊)は真理華に貴恵が入っていたことを教える。
行き場を失った貴恵の亡霊は、圭介と麻衣に話しかけても認識してくれない。

夜、貴恵は初めに会った公園に来た真理華に「わがままをした」と詫びる。
万理華は「家族に会たいのは我がままでない」と答え、「もう一度だけ家族に会いたい」と言う貴恵の霊を入れる。

翌朝、万理華は、圭介と麻衣の家に走って向かう。

「妻、小学生になる。」 最終回 あらすじ ネタバレ キャスト

結婚記念日、一日だけ妻・貴恵(石田ゆり子)が、「生まれ変わった」と白石万理華(毎田暖乃)の体を借りて戻ってくる。

圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)はこれからの人生は、前を向いて歩いて行こうと決めた2人だったが…。

万理華は麻衣を蓮司と会わせ、蓮司に婚約の挨拶をさせる。貴恵が入れ替わり承諾する。

圭介は守屋に電話で助けを求める。
友利は漫画の掲載が決まり、真理華に報告する。

圭介は貴恵の願いだったレスランを自宅で開業する。会社の仲間が食材を持ち寄り、貴恵が調理する。

万理華は守屋に「これからも圭介をよろしくね」と言って見送る。

放ってからしの野菜園の管理を頼まれ、夜中3人で車で向かう。
手入をした後、明け方苗を植える。その場で圭介の胸から覚めた万理華は千嘉の家に戻る。

2022春ドラマ番組表

マイファミリー/二宮和也元彼の遺言状/綾瀬はるか
特捜9(5)/井ノ原快彦未来への10カウント/木村拓哉
TBS
21:00
フジ
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
21:00
13★911★
金田一少年の事件簿/道枝駿佑恋なんて、本気でやってどうするの?/広瀬アリス持続可能な恋ですか/上野樹里悪女(わる)/今田美桜やんごとなき一族/土屋太鳳インビジブル/高橋一生 柴咲コウパンドラの果実/ディーン・フジオカ
日テレ
22:30
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
668★8666
ナンバMG5/間宮祥太朗家政夫のミタゾノ-5/松岡昌宏妖怪シェアハウス/小芝風花
フジ
22:00
テレ朝
23:15
テレ朝
23:00
5★★