ドラマ「アバランチ」 ネタバレ あらすじ キャスト/綾野剛

『アバランチ』とは

放送開始まで謎に包まれた過激集団アバランチ(雪崩)

フジ 月曜 22:00 10月18日~

監督:藤井道人 『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』
三宅喜重、山口健人

アバランチ キャスト

羽生誠一(はぶ せいいち) 綾野剛
 アバランチのメンバー。
山守美智代(やまもり みちよ) 木村佳乃
 警視庁特別犯罪対策企画室・室長。管理職に左遷された元エリート。
西城英輔(さいじょう えいすけ) 福士蒼汰
 特別犯罪対策企画室へ左遷された警察官。
明石リナ(あかし リナ)  高橋メアリージュン
 元自衛官。
打本鉄治(うちもと てつじ) 田中要次
 元所轄刑事。
牧原大志(まきはら たいし) 千葉雄大
 ハッカー。アバランチのメンバー。
郷原栄作(ごうばら えいさく) 利重剛
 内閣総理大臣。
大山健吾(おおやま けんご) 渡部篤郎
 内閣官房副長官。
福本優美(ふくもと ゆみ)  堀田茜
 大山の秘書。
六車泰次郎  板尾創路
 経営者。
藤田高志 駿河太郎
 羽生の過去について、何らかの事情を知る人物。

アバランチ 第1話 あらすじ

「東京の新たな大規模都市開発プロジェクトのリーダーが謎の失踪」。そんなニュースが報じられる中、警視庁捜査一課から左遷された西城英輔(福士蒼汰)は、誰も寄り付かない地下室に設けられた新たな配属先を訪れる。「特別犯罪対策企画室」と記された扉の先にいたのは、室長・山守美智代(木村佳乃)ただ一人。ここで自分は何の仕事をするのか? 状況が飲み込めない西城は山守に命じられるまま、とある雑居ビルまで山守を車で送り届ける。

山守から車での待機を命じられたものの、興味本位でビルのエントランスまで出てきた西城は、郵便ボックスに記された見慣れないマークを見つけた矢先、羽生誠一(綾野剛)から声をかけられる。初対面のはずなのに西城の素性や経歴を知り尽くした羽生は、薄気味悪さを感じる西城を尻目にビルの階段を上っていった。

ビルの一室に集結した山守、羽生、牧原大志(千葉雄大)、明石リナ(高橋メアリージュン)、打本鉄治(田中要次)の5人。「みんなそろったわね。では始めましょうか」。モニターに映し出されたのは、例の失踪事件のニュース。山守の一声で始動したアバランチが起こす行動とは?

アバランチ 第2話 あらすじ ネタバレ

山守(木村佳乃)は、半年前に転落死した夏川洋子(中島亜梨沙)についての調査をアバランチメンバーに命じる。東南アジアの開発途上国支援に精力的に携わってきた彼女の死について、警察は残された遺書の存在から自殺と断定するが、山守の調べでは不審な点やある大物政治家との関係が疑われていた。

夏川の身辺を調査するうちに、死の直前までやり取りをしていた永井慎吾(久保田悠来)というジャーナリストの存在を知った羽生(綾野剛)、西城(福士蒼汰)、リナ(高橋メアリージュン)は彼の自宅に向かうが、予想外の事態に遭遇する。一方、その頃、大山(渡部篤郎)は内閣情報調査室のエース・桐島雄司(山中崇)を呼び出し、アバランチについての調査を依頼していた。

次第に明らかになっていく夏川が近づいていった“大きな闇”。そんな中、牧原(千葉雄大)はこの事件に対して、メンバーの中でもひときわ特別な感情を抱いていた。

アバランチ 第3話 あらすじ ネタバレ

六車(板尾創路)と黒田(嶋田久作)の汚職を暴いたものの、黒幕である大山(渡部篤郎)がなかなか尻尾を出さないことを受けて、山守(木村佳乃)は、各界の超VIPが通う高級会員制サロン・悠源館を経営する黄月蘭子(国生さゆり)に次の狙いを定める。蘭子は、悠源館で交わされた密約や談合といった情報を利用し、総理大臣の郷原(利重剛)の信用をも得ていた。山守は、蘭子が隠し持つと言われる極秘情報が詰まった通称「Kファイル」を手に入れ、裏で糸を引く大山をあぶり出そうと考えたのだ。

牧原(千葉雄大)でも手出しできないほどのセキュリティーが導入されている悠源館に、身分を偽ってホステスとして潜入することになったリナ(高橋メアリージュン)。ここ数年、従業員のホステスが何人も不審死を遂げている悠源館に対し、リナはある特別な思いを抱えていた。そんなリナの怒りと悲しみを察した羽生(綾野剛)は、彼女を心配する。

その頃、西城(福士蒼汰)からアバランチの真の目的を問い詰められた山守は、3年前に起きた事件について語り始める。その一方で、アバランチの正体を突き止めようと暗躍する大山の手が、山守のすぐそばまで伸びてくる。

アバランチ 第4話 あらすじ ネタバレ

蘭子(国生さゆり)に接触した羽生(綾野剛)は、リナ(高橋メアリージュン)が体を張って手に入れた動画で蘭子が管理する“Kファイル”を渡すよう、取り引きを持ちかける。悠源館の実態が公になれば、築き上げてきた地位や名声を失うが、かといって簡単にファイルを渡すわけにはいかない。焦る蘭子がとった行動が、大山(渡部篤郎)も巻き込み、山守(木村佳乃)も予想していなかった事態に発展する。

打本(田中要次)は、大山とも懇意の仲で、長年にわたり関東医師連合の会長を務める神崎龍臣(中丸新将)に目をつけていた。神崎の病院に向かった打本とリナは、ある女性が患者の治療の優先順位を巡って医師に詰め寄る現場に出くわす。

「いよいよ俺の出番」と意気揚々と作戦に当たる打本。その過去を山守から聞いた羽生、西城(福士蒼汰)、牧原(千葉雄大)は驚きの声を上げる…。さらに、山守は大山を切り崩すため、西城に大山の秘書で大学の同級生でもある優美(堀田茜)に近づかせる。

アバランチ 第5話 あらすじ ネタバレ

「もう戻れないぞ」。西城(福士蒼汰)を前に、羽生が語るアバランチ発足の理由と真の目的とは?

3年前、日本で開催される国際会議を前に、国際テロリスト集団からの爆破予告に対し、官邸は対応に追われていた。大山(渡部篤郎)が警備局長としてトップに立つ公安部はいち早くテロリストの潜伏先を確認するものの、情報提供者が拘束されてしまう。情報提供者の救出作戦にあたった公安部外事三課の羽生(綾野剛)は先輩の藤田高志(駿河太郎)の静止を振り切って現場に突入するものの、それは仕組まれたワナだった。

テロリストによる爆発から奇跡的に命を取り留め、病院で目を覚ました羽生を待ち受けていたのは過酷な現実だった。失意の中、警察を辞めた羽生は、和泉卓司(森下能幸)が営む小さな町工場で働き始める。娘のあかり(北香那)は不条理な手段で工場を切り盛りせざるを得ない父親に反発し、羽生の前で怒りをあらわにするが、もはや正義の力など信じられない羽生は心ここにあらずだった。そんな矢先、羽生の居場所を追っていた山守(木村佳乃)が工場を訪れる。

アバランチ 第6話 あらすじ ネタバレ

3年前、多くの犠牲者を出した偽装テロ事件を足掛かりに、権力の階段を上っていく大山(渡部篤郎)。大きな野望を胸に秘めた大山が画策する“次なる最悪の一手”を防ぐため、羽生(綾野剛)たちはキーマンである元公安部長の戸倉(手塚とおる)への接触を図る。しかし、これまで情報収集に徹していた大山も、ついにアバランチに対して反撃に出る。

日本列島に緊急ニュースが流れ込む。アナウンサーが報じたその内容は、「警視庁が、アバランチのメンバー・羽生誠一容疑者をテロ事件の容疑者として全国に特別指名手配」。

羽生の身に一体何が? ついに、アバランチと大山の正義がぶつかり合う壮絶な戦いの幕が開く。

アバランチ 第7話 あらすじ ネタバレ

公安時代の上司・戸倉(手塚とおる)と素顔で対面した羽生(綾野剛)。ドローンカメラを通じて、山守(木村佳乃)らがその模様を見守る中、3年前に5人の仲間を死に追いやった偽装テロ事件の真相と、黒幕である大山(渡部篤郎)の真の狙いについて証言するよう迫る。しかし、戸倉はその答えの代わりに、「3年前の事件を終わりにしよう」と銃口を羽生に向ける。

日本版CIA創立のため、犠牲や手段をいとわない大山によって張り巡らされていくアバランチ包囲網。正義のヒーローから一転、テロリストとして非難の的となっていく彼らが打つ、次なる一手は。

アバランチ 第8話 あらすじ ネタバレ

牧原(千葉雄大)が大山(渡部篤郎)直轄の秘密組織・極東リサーチによって拘束された。動揺する山守(木村佳乃)が次の手を考えているところへ大山が現れ、山守は身動きがとれなくなってしまう。さらに、アバランチの名を語る偽の集団が新たな予告動画をアップ。それは、山守や西城(福士蒼汰)がいるイベント会場の爆破をにおわせる内容で、リナ(高橋メアリージュン)たちはアバランチを呼び寄せるための大山の罠だと勘ぐるが、それでも、テロによって人命が奪われることを避けたい羽生(綾野剛)は、急いで会場へ向かう。

爆破予告時間が迫るなか、西城と打本(田中要次)は会場に仕掛けられた爆弾を探し、羽生とリナは牧原の救出を急ぐ。一方、大山からある動画を見せられた山守は、映像を見て思わず息をのむ。

アバランチ 第9話 あらすじ ネタバレ

日本版CIA創立を目論む大山(渡部篤郎)によって、テロリスト集団に仕立て上げられたアバランチ。羽生(綾野剛)は主犯格として指名手配犯にされ、打本(田中要次)は一般市民を救うために犠牲となった。さらに、暗躍していた桐島(山中崇)の正体をも見破った大山は、それでもなお正義の灯を消そうとしない山守(木村佳乃)のもとに、ある人物を連れてくる。それは、3年前に偽装テロ事件で命を落としたはずの藤田(駿河太郎)だった。 驚きのあまり言葉が出ない山守と藤田。

桐島の手引きで極東リサーチから逃げ延びた羽生は、アバランチの後ろ盾である大道寺(品川徹)の屋敷にいた。大山に完敗したことを認め、もう一度立ち上がろうとする羽生は、藤田が生きていることを知る。

アバランチ 第10話(終) あらすじ ネタバレ

藤田(駿河太郎)は山守(木村佳乃)ではなく、羽生(綾野剛)の前に現れた。
3年前の偽装テロ事件以来の再会を果たした2人だったが、喜びもつかの間、羽生は自らの直感から大山(渡部篤郎)側にはつかないことを宣言する。かつての同志が、それぞれが信じる“正義”の食い違いによって、今は全く別の道を歩んでいることを感じた藤田は、「3年前、俺も含めて全員死んでいれば、お前と敵にならずに済んだのにな」とつぶやき、非情にも羽生に向けて銃弾を放つ。
既に1発目は羽生の肩を貫いていた。「藤田さん、自分だけで背負おうとしてません?自分だけが犠牲になれば俺や山守さん守れると思ってません?大山の命令でこんな事やってんですよね?死んだ仲間の為にもう引けねえって思ってんならまだ間に合いますよ。」
「目覚ませよ!藤田!」
「もう二度と俺の前に現れるな。」
藤田は羽生の前から去っていった。

西城(福士蒼汰)は父・尚也(飯田基祐)の元を訪れていた。
遠山(田島亮)と収集した県警の不正の証拠を提示し、自らがアバランチメンバーであることを告白した。
西城は父が不正を闇に葬るのであれば、ガルシアの逃亡の関与、押収品の横流しの事実を公表すると告げる。
「どうするかは父さんが決めてよ。」息子として、同じ警察官として、父の不正を許せない西城は、週刊誌記者の遠山(田島亮)と共に調べ上げた証拠を使って、尚也を告発しようとする。

身に着けていたGPSで居場所を共有していた羽生はリナ(高橋メアリージュン)と牧原(千葉雄大)に助けられ、セーフハウスで傷の手当てを受ける。
山守(木村佳乃)・西城も合流し、そこで山守はリナと牧原に出頭するように頼むが交渉は決裂してしまう。
山守の後を追ってきた極東リサーチは羽生・リナ・牧原の捕獲に挑むが、今は亡き打本の残したレーザー光線の爆破物と羽生とリナの活躍によって失敗に終わる。

羽生は会見を行う予定の総理に会うために、リナと牧原と共にセーフハウスを後にした。

会談を終え、会見会場へ移動する総理へマスクを着け近づく羽生。
テロリストとされる羽生から総理を守る為、SPたちは羽生を阻止しようと必死だ。
大山から羽生を射殺するよう指示されていた藤田は羽生に銃を向けていた。
藤田の姿を見つけた羽生はマスクを取り、両手を上げ降伏の姿勢を見せる。
藤田が銃を下した、その時に極東リサーチの久米(仁村紗和)によって羽生は狙撃されてしまう。
確保されるも何かを渡そうとしている羽生の姿を総理はしっかりと見ていた。

リナと牧原は山守の言う通り、警察に出頭する。

西城尚也が記者会見を開き、これまでの不正を自白する。
郷原総理が大山内閣服官房長官の更迭を発表する。

病室から羽生がいなくなる。
藤田の行方も分からない。
西城は警察に残り内部を変えていく。
山守は内調の話を断る。

「羽生君、彼は必ず帰ってくると思います。だって彼の役目はまだ終わってませんから。」山守はそう言って締めくくる。

日本沈没/小栗旬ラジエーションハウス2/窪田正孝相棒20/水谷豊科捜研の女21/沢口靖子らせんの迷宮/田中圭二月の勝者 /柳楽優弥
TBS
21:00
フジ
21:00
テレ朝
21:00
テレ朝
20:00
テレ東
20:00
日テレ
22:00
15.710.77.5
真犯人フラグ/西島秀俊アバランチ/綾野剛婚姻届に判を捺しただけ/清野菜名恋です!/杉咲花ドクターX 7/米倉涼子最愛/吉高由里子言霊荘/西野七瀬
日テレ
22:30
フジ
22:00
TBS
22:00
日テレ
22:00
テレ朝
21:00
TBS
22:00
テレ朝
23:00
6.98.69.98.716.48.7
じゃない方の彼女/濱田岳SUPER RICH/江口のりこ和田家の男たち/相葉雅紀顔だけ先生/神尾楓珠
テレ東
23:06
フジ
22:00
テレ朝
23:15
フジ
23:40
6.9

2021年10月スタートの秋ドラマ特集 ネタバレ・あらすじ