「この恋あたためますか」あらすじとネタバレ:森七菜が中村倫也に・・

この恋あたためますかの詳細ストーリーとネタバレです。

森七菜・中村倫也主演のラブコメディ。開発スイーツはセブンイレブンと連動。

「この恋あたためますか」とは

TBS 火曜ドラマ 夜10時 2020年10月20日~

脚本 神森万里江 青塚美穂 (オリジナル)

「この恋あたためますか」キャスト

井上いのうえ 樹木きき  …  森 七菜
浅羽あさば 拓実たくみ  …  中村倫也
新谷しんたに 誠まこと  …  仲野太賀
北川きたがわ 里保りほ  …  石橋静河
上杉うえすぎ 和也かずや  …  飯塚悟志(東京03)
李り 思涵すーはん  …  古川琴音
碓井うすい 陸斗りくと  …  一ノ瀬 颯
三田村みたむら 敦史あつし  …  佐藤貴史
土屋つちや 弘志ひろし  …  長村航希
藤野ふじの 恵めぐみ  …  中田クルミ
石原いしはら ゆり子ゆりこ  …  佐野ひなこ

都築つづき 誠一郎せいいちろう  …  利重 剛
一岡いちおか 智子ともこ  …  市川実日子
神子かみこ 亮りょう  …  山本耕史

スポンサードサーチE/p>

「この恋あたためますか」第1話 社長VSアルバイト-業界最下位コンビニをスイーツと恋が救う

樹木(森七菜)はコンビニのクレーム係と見の上話を話している。樹木は元アイドルだった。 今ではコンビニのスイーツを食べるのが好きだ。
公園でスイートのSNSライブ配信してる時、たまたま映っている浅羽(中村倫也)がスマホを取り上げる。
樹木は浅羽が新任社長となったコンビニ会社で働くバイトだった。
樹木は競合他社のスイートを宣伝している。
浅羽は万年4位のコンビニに大手通販会社からの出向したばかり。

業界最下位のコンビニ「ココエブリィ」の経営立て直しを命じられた浅羽は、定番商品であるスイーツのリニューアル案を打ち出す
大手3社に差をつける目玉となる商品開発が必要だった。
浅羽はシュークリームは嫌いだった。しかしスイーツから手を入れることにする。
浅羽は樹木はが商品開発部で話題になっていた卵の違いに気がついていることを思い出す。
浅羽は個性的で話題になるシュークリームの企画を提案するが開発部から拒否される。
浅羽はネットで企画を募集することにした。

樹木はコンビニの店内の掃除を終えて自宅に帰る。ハリネズミを飼っている。同居人は漫画家志望の女子で中国から来ている。

開発課長の一岡(市川実日子)は動かない。
浅羽社長の友人は樹木をSNSで知っていた。樹木のコンビニに社長が行く。
CM
浅羽は樹木をケーキの高級店に連れていく。2人で行列に並ぶ。
社長に君が必要だと言われる。
来週までに新しいスイーツを出すように頼まれる。
CM
社長に企画書ができなかったことを伝える。社長は樹木を本社の中に入れる。
スイーツのベンダーのキッチンに連れて行く。
担当者の新谷(仲野太賀)は樹木を知っていた。
CM
商品部からは提案がなかった。社長は課長一岡をその場で解任する。
樹木たちは予算が無制限なので生クリームをふんだんに使える。100個の試作品を味見する。
クリームの次には生地を選ぶ。社長に試作品を見せるが、やり直しさせられる。見栄えがしなかった。
CM
樹木は厨房に帰って社長の判断に不満を言う。新谷に諭されて、思い直し作業を再開する。
アイドルを辞めた時、「かみすぎたガム」と言われるのを思い出す。頑張っても無駄だという気持ちを打ち明ける。新谷に壁際まで追い詰められて励まされる。高級ケーキ店を回って研究する。そして黒いシュークリームを完成させる。

社長を訪ねて行くが不在。 社長は親会社から3年で結構出せと言われる。一方で出向は左遷だという同僚がいる。新谷は社長とは高校時代のサッカー部からの友人。新谷を残して家に帰る。樹木は元の彼氏にケーキを持って行く。しかし彼の部屋には彼女がいて拒否される。

社長がコンビニに来る。今回の作品に OK を出す。コンビニには、毎日4000万人の客が来る。 いつも食べられるものを用意して、多くの人を幸せにすると樹木に言う。

樹木はアイドルになりたかった夢を社長に語る。雨の中、相合傘で帰る。帰り際にもっとスイーツを作りたいと社長に言うが、アイデアを買い取らせてもらうと言って去る。
役員会議で社内のゴタゴタが話題になり浅羽は辞表を出す。
商品開発室のメンバーがが正しいシュークリームを食べる。
樹木のコンビニに社長が現れる。「良い話と悪い話どちらから聴きたい」という。

 

「この恋あたためますか」第2話 社長の元恋人が登場! 走り出す4人の想い

シュークリームのアイデアが採用された樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)。社内で別のアイデアが提出されていた。 商品部スイーツ課の里保(石橋静河)のものだった。
どちらを商品化するかを決めるため、浅羽(中村倫也)によってコンビニ店のアルバイトに戻っていた樹木は、再びココエブリィ本社に呼び出される。

一方で、里保は最新スイーツ店を訪れた浅羽と偶然出会う。

スポンサードサーチE/p>

「この恋あたためますか」第3話 恋のフェロモン発動中! 今夜…大波乱!

樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)が開発したシュークリームの配送テストを手伝う。浅羽(中村倫也)に必要とされて喜びを感じた樹木は、商品化にまい進する。

樹木は寝込んだ時に掛けてもらった社長の上着を持っている。返そうとするが飼っているハリネズミの匂いが付いていた。社長は洋服店に樹木を連れて行き、27万の洋服を買う。就職祝いと言って渡される。上着は持ち返せられる。

樹木は社員になったのが嬉しく、周りに名刺を配る。

共に作業するうち樹木と里保は徐々に打ち解ける。

里保のシュークリームは配送テストがうまくいかずボツになる。

新商品の発売日が迫り、浅羽は両方のシュークリームの配送テストを行う。

CM

部屋で誠も加わり鍋パーティーをして仲間5人集まる。

配送テストの不調を聞いた樹木、新谷(仲野太賀)、里保は複雑な思いになる。

CM

新商品のシュークリームは樹木の製品だった。樹木は発表会でターゲットは「社長だ」と言い、真意を伝え共感を得る。

成功した浅羽は自分の身の振り方について選択権を持っているのは「私です」と上司に告げる。

CM

コンビニの店頭では樹木のシュークリームは爆発的に売れる。一緒に作った誠と手ごたえを感じる。里保は浅羽に励まされる。樹木はお礼のために浅羽の部屋にシュークリームを届けに行く。コーヒーコーナーで里保がいて、立ち寄った浅羽に「悔しい」と泣きながら抱擁するところを見てしまう。

「この恋あたためますか」第4話 両想いになりたい!初めての旅行とキス

樹木(森七菜)が開発したシュークリームが発売され、売り上げの記録を作った。社長室に呼び出され次のスウィートの開発を言い渡される。新たなプロジェクトは、里保(石橋静河)をリーダーに樹木と新谷(仲野太賀)の3人で、リンゴを使ったスイーツになった

樹木は浅羽(中村倫也)と里保のハグを見て、そのことが頭から離れず作業に集中できない。里保は浅羽の3年前の恋人だった。里保はハグの真意を訝しんでいる。

新谷は浅羽に気持ちをはっきり伝えろと言い残すが、浅羽は何のことかわからない。

樹木はプリン、ムース、ゼリーの3層を提案するが受け入れられない。

CM

浅羽は新谷が予約したスィートのレストランに樹木を誘う。モノづくりを羨ましがる浅羽。うまく進行していない樹木は複雑な気持ちになる。

CM

新作のリンゴプリンは不調でまとまらない。味と仲間のチームワークの問題だった。樹木は抜けると言い出す。新谷は樹木に里保と浅羽が結婚寸前までいっていたことを教える。

CM

新谷は樹木に対する恋心を周りに告白する。

里保は樹木のアイデアを退けたことを後悔している。浅羽は里保を慰める。

樹木は浅羽に対する恋心を同居しているスーハン(古川琴音)に打ち明け泣き伏すが、スーハンが夜遅くまで一緒にゲームをして励ます。

CM

里保は書店で浅羽と里保の写真載っている雑誌を見る。樹木はチームから引くと言ったことを新谷に謝る。里保とも仲直りする。

新作のリンゴプリンは成功し、リンゴ産地の山梨に全員で出張して発表する。里保と浅羽はやりなそうとしている。樹木は「お似合いだね今でも」と言う。二人ずつ分かれて帰路につく。新谷は別れ際樹木の唇に触れる。

スポンサードサーチE/p>

「この恋あたためますか」第5話 デート…そして、それぞれの告白! 

新谷(仲野太賀)からの突然のキスに戸惑う樹木(森七菜)。人気デザート店で樹木は、里保(石橋静河)と一岡(市川実日子)に「彼女がいる友達にチューされた」と相談する。里保が再会した浅羽(中村倫也)と復縁を望んでいることを知る。

新谷には彼女がいないことを知り、樹木に付き合ってくれと申し出られて悩む。

ココエブリィ本社に経済誌とテレビから密着取材が申し込まれる。樹木は社長の浅羽と一緒に取材を受ける。浅羽の傍らで笑い顔で撮影される。浅羽はクリスマスケーキの宣伝をする。樹木の姿勢を称賛する。樹木は夢を聞かれ、笑うだけで答えられなかった。

リンゴのフジゴールドを生で使うデザートを開発する。
樹木への恋心を自覚した新谷は、里保に恋心を打ち明ける。

CM

新谷は樹木を遊園地でデートし、アトラクションで遊ぶ。水族館で新谷は樹木への想いを打ち明ける。樹木はありがとうと答える。

里保は浅羽の携帯にメッセージを送り、下町でウォーキングデートをする。浅羽は、里保を抱き寄せる。里保は「今年は浅羽にクリスマスケーキを作る」と提案するが、無言。

CM

翌日、新谷と里保は「デートに満足した」、「やりなすことにした」と話さす。それを漏れ聞いた樹木は複雑な表情。

CM

浅羽の執務室で樹木は、甘いものが嫌いになった理由を聞く。食べ過ぎたという浅羽の返答を疑う。浅羽の両親は喧嘩ばかりして子供時代は不運だった。甘いものを食べて幸せになる雰囲気になかった。樹木は社長がおいしいというスィートを作ると言いうと「わかった」と返答される。

浅羽はココエブリを売却するのを白紙にする。重役会議で浅羽は解任される。

樹木は引き上げる浅羽に駐車場で追いつき、リンゴプリンを渡そうとする。樹木は「2度と会えなくなるのは嫌だという」、浅羽は車に乗って去ろうとする。樹木は「好きなの」と言うがアクセルをふかしその場を去る。樹木は追いかけるがリンゴプリンを落としてしまう。

「この恋あたためますか」第6話 クリスマスまで1ヶ月、奇跡への序章

コンビニのココエブリィ本社では、会社を売ろうとして浅羽(中村倫也)を解任させた神子(山本耕史)が社長代行に就任し、徐々に旧体制に戻る。

新谷(仲野太賀)は、樹木の浅羽への想いを見かね浅羽の自宅へ押しかける。

浅羽は大きな居間でハンモックでくつろぎしばらくゆっくるさせて貰うという。樹木は「気持ちは動いていないと腐るよ」と言う。

浅羽はコンビニ店で制服を着るが似合わない。社長は似合うべきだと周りに言われレジに立つ。作り笑顔で「お弁当温めますか」と言う。

一岡(市川実日子)は浅羽の机を整理しているとき、会社売却を思いとどまるメールを発見した。

里保(石橋静河)がプロジェクトリーダーを務める「りんごプリン」の開発も中止になる。

一岡(市川実日子)がスイーツ課に戻る。浅羽が売却を止まろうとしていたことを課員に伝える。スイーツ改革は復活させると約束する。

CM

里保がコンビニに来る。浅羽は新しい事業を始めたいと言う。コンビニで働くのが面白くなったとも。

浅羽の店で社員旅行に行くことになる。

樹木の新しい「パンプディング」の社内試食は好評だった。樹木は社長代理の神子から浅羽の路線から変えろと言われるが、拒否する。

CM

新谷は病院の廊下で持病が悪化した父を見守る。

市岡がレストランで娘と食事をしているところに神子が現れる。神子は自分の新路線が不人気だと語る。
そこに浅羽と里保が入って食事する。

浅羽の運転する車で社員旅行に出発する。

CM

車の中で合唱して盛り上がる。/里保は新谷の実家の洋菓子屋に手伝いに行く。
社員旅行の途中でコンビニで大量買いする。

新谷はアイデアを出せない自分を里保にボヤク。
樹木は浅羽を諦めたとリリに言う。

CM

温泉に浸かっている男3人。浅羽は移動コンビニのアイデアを語る。樹木については「見ていて飽きない」答える。

ピンポンをしているところで浅羽と樹木がはちあわせる。ホテルの土産コーナーで「雪の降るクリスマスツリーの置物」を見つけ、気に入るが買わない。

/里保は心を開かない浅羽の不満をつぶやく。
/ホテルの前で花火をして遊ぶ。2人は人狼ゲームから離れて会話する。浅羽は樹木にクリスマスツリーの置物を渡す

/新谷の携帯に旅行中の集合写真が送られ、里保も覗いてみる。
/浅羽は移動販売のコンビニのアイデアを樹木に説明する。
/新谷は里保を慰める。里保は樹木に嫉妬する。
/樹木は浅羽に「社長に戻ってよ」と言う。浅羽は樹木が「好きだ」と言ったことを覚えていた。

「この恋あたためますか」第7話 交差する恋心…やっと気づいた想い

樹木(森七菜)勢いで言った「好き」の言葉を浅羽(中村倫也)は覚えていた。浅羽が「伝えなきゃいけないことがある・・・君の気持には応えられない」と言われる。樹木は「あれは冗談です」と取り繕うが「君のことで悩んで使った時間を返せ」と追い打ちをかけられる。

家に帰った浅羽は恋人の里保(石橋静河)に、樹木が選んだ土産のマスコットとネックレスをプレゼントする。

樹木は落ち込み浅羽を忘れようとする。新谷は里保と週末一緒にいたことを浅羽に伝えるが、新谷を信用しているから心配していないと返される。

浅羽は移動コンビニのワゴン車を作り、里保と地方を回る。樹木はユーチューブでスイーツのライブ(キキカジリ)を相変わらず配信する。

新谷(仲野太賀)は、自分の道を見つけるために新しいスイーツを作る。

里保がクリスマスケーキの企画をするがイマイチだった。

CM

新谷は自分が作ったスイーツを最初に樹木に食べさせ、樹木に「クリスマスまでに、付き合ってほしいオレと」と再び迫る。樹木は返事を保留する。

CM

樹木が浅羽のコンビニに行き、社内旅行でもらった土産物を返しに行く。

軽井沢で停電が発生し、樹木は浅羽とコンビニカーで行く。途中トイレに立ち寄った民家で、地元民が扮したお化けに驚かされる。

CM

夜に避難所に到着し、コンビニ販売を始める。温かいものが好評で売れはじめ、SNSで拡散する。品切れとなり謝る。

CM

地元の人からコーヒー豆が差し入れられ、無料で配る。新谷と里保が補充商品を持ってくる。
浅羽は樹木をねぎらい、手を温めようとする。樹木は浅羽から貰った土産物を返す。

樹木は新谷に「いつもそばにいてくれて、ホットして楽しいと言って、よろしくお願いいたします」と言う。新谷は「人生で一番うれしい」と言って樹木を抱き上げる。新谷は浅羽の車で樹木と東京に戻る。

「この恋あたためますか」第8話 恋も仕事も、後悔したくない

付き合うこととなった樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)。樹木は照れつつも幸せな時間を過ごしていた。

樹木と新谷は、デート中に浅羽(中村倫也)と里保(石橋静河)に偶然出くわす。浅羽のことを気にしつつ、なんとか会話をやり過ごす樹木。

樹木はスイーツの開発担当から外されてしまう。落ち込んだ気持ちを抱えたまま、ココエブリィ上目黒店を訪れる。

2020年秋ドラマ 番組表 & 最新視聴率